Pierrefonds(ピエルフォン)

13011315.jpg
湖のほとりから城を眺める


パリからの帰り道、1カ所寄り道。。。

以前から気になっていたピエルフォンに立ち寄った。
なにかでピエルフォン城の写真を見た時に、これこそがお城だ!!と思って印象に残っていた。

13011316.jpg

13011317.jpg
町も湖もとってもいい感じ

お城は関係なく、街歩きだけで私的には満足できちゃう素敵な町だった

13011318.jpg

13011319.jpg
お城の中へ~

13011320.jpg
中庭

13011321.jpg
屋根の飾りの可愛いこと!

13011322.jpg
バルコニーの柱頭にミニチュアのお城!かわいい

13011323.jpg
いやー・・・

やばいくらい私好み

ファンタジー系の物語に出てきちゃいそうな・・・

そんなお城


内部も然り。。。
13011324.jpg

13011325.jpg

13011326.jpg

ハリーポッターとかにでてきちゃいそう。

旦那さんは、ドラクエのお城だ!としきりに言ってたけど。


13011327.jpg

13011328.jpg

13011329.jpg

とにかく面白い!
細部にちょっとした遊びが散りばめられている。階段も二重階段になっていたり、歩いて楽しめるお城。

正統派のお城ではなく邪道なんだとは思うけど、外観も内部もこれぞ思い描いていたお城って感じで、かなり楽しく見学できた

こういったタイプのお城は初めてだった。


13011330.jpg
遠く上空から見たお城はこんな感じ。

物語に出てきちゃいそうなお城でしょ!?


旦那さんも喜んでいたし、立ち寄って良かった。


=====


ピエルフォンの町、、、
日曜日なのに、お肉屋さんとか八百屋さんとか普通に営業をしていた。

13011331.jpg
お、おいしそー・・・

営業していたパティスリーで思わず買ってしまった・・
13011332.jpg
ケーキ


帰ってきてから自宅で食べた。

もちろん、美味しかったぁ~



スポンサーサイト

エッフェル塔に登るの巻

朝、向かったのは
13011301.jpg
エッフェル塔

お天気が良くなかったけど、そもそも今回はエッフェル塔に登るためにパリに来たんだからね。

最初、
旦那さんがエッフェル塔に登っておきたい
と言い出した時は、はぁ??って思ってしまった。

あれは遠くからお姿を眺めるものであって、登るものではないのでは?

と思っていたんだけど、まー言われてみると一度は登ってみてもいいのかもって思って。

この日のお天気はイマイチだったが、お天気にかかわらず登ることにしていた。
エッフェル塔には展望台が3つあり、その高さに応じて料金も異なる。ネットで入場券の予約ができるが、一番高い展望台(第三展望台)は1カ月先まで予約券が売り切れとなっていたので、朝から並ぶことにした。

この日はオフシーズンで天気もイマイチということで、待ち時間はほぼナシであった。

13011303.jpg
一番高い第三展望台。

予想通り視界が悪く、遠くの方は全く見えなかった。
まぁ~それでも登ったということで、記念写真を撮った。

13011304.jpg
その後第二展望台に下りてきて、しばらく留まった。

一番高い展望台からはかなり小さく見えたものが、第二展望台からだと適度な大きさで眺めることができた。
第二展望台からでも十分パリの街は見渡せるし、逆に第二展望台の方が景色がいいと思った。


第一展望台はスルーして、そのまま下界へ


13011302.jpg
下から見たエッフェル塔の複雑な骨組



エッフェル塔のすぐ近くに遊覧船乗り場があり、いくつかの船がとまっていた。
適当に選んだ船に乗船し、セーヌ川クルーズすることに

13011305.jpg

13011306.jpg
ガラスキ

私たちの乗ったクルーズ船はガラスキだったので、好きなポジションで写真を撮りまくれた
以前私が乗った時は、夜だったし食事付きだったので(要するに、セーヌ川ディナークルーズだった)、あまり景色を楽しめなかった記憶が・・・。
セーヌ川クルーズは日中の方が断然よかった。

13011307.jpg
初めてのセーヌ川クルーズに大興奮のさわちゃん

珍しかったからか、ずーっと窓にへばりついて景色を眺めていた。

13011308.jpg
エッフェル塔とも記念写真が撮れたよ


13011309.jpg
セーヌ川クルーズハイライト!?自由の女神

NYの自由の女神は独立100周年を記念してフランスが贈呈したものだが、その自由の女神の贈呈の返礼として、フランス革命100周年にアメリカ人が贈ったものがパリの自由の女神だ。
NYもパリも同じ人が自由の女神を設計している。


もちろん、、、、NYに比べてショボイですが


13011310.jpg
自由の女神を拝んだところでクルーズ船は旋回。。。乗り場へ戻った


その後、
昼食をとったりお土産を購入したり。。。
シャンゼリゼ通りも日曜日なのにすべてのお店が営業していた

セール中だからかな??

ちなみにこの日、何かのイベントが行われるらしく街中通行止めだらけ。

13011311.jpg
凱旋門から放射線状に延びる道の半分以上が通行止め

ここ、ただでさえゴチャゴチャしているのに、
ラウンドバードから出ようにも通行止めで出れなくなった車たちで更にグチャグチャ



エッフェル塔に登る!

という目的を無事果たし満足し、帰路に就いたのだった


凱旋門に登るの巻

13011221.jpg
凱旋門で家族の記念写真を

記念写真後は、シャンゼリゼ通りをプラプラ~。
パリの街は冬のソルドが始まっており、買い物を楽しむ人がいっぱい。

我が家はセール品は子供服を少し買ったくらい。
あとは、セールとは関係のないお菓子や紅茶、雑貨などを買い物した。


シャンゼリゼ通りにマカロンで有名なお店の支店があったので、
初めて行列に並んで買ってしまった・・・
13011222.jpg
ラデュレのマカロン

ホテルへ帰ってから食べた。

13011223.jpg
うっきゃー

美味しいマカロンって、こんなに違うんだ!?

ってくらい、美味しかった。
味が濃厚で、さっくりしていてネチネチしないの。初めて味わうマカロンだった。

13011224.jpg
おもわず、、、エクレアまで買ってしまった。

エクレア見て反射的に食べたい!って思ってしまったので。
値段をよく見ず購入したが、あとで確認したらなんと1個5ユーロ

エクレア2個(サイズも普通)で10ユーロ・・
いや~ん・・・って思ったんだけど、

こちらも激ウマ。

こんなに美味しいエクレアを初めて食べた
特にカフェ味(モカエクレア)が美味しかった。
旦那さんも、全然違うなぁ~とその美味しさに感心していた。



この日、シャンゼリゼ通りで買い物を楽しみ夜ご飯を食べた後、凱旋門に登ることにした。
私は登ったことがなかったから。

13011225.jpg
登ると少し博物館スペースがあって、さらに階段を上ると屋上へ出ることができた。

13011226.jpg
ライトアップの美しいエッフェル塔

13011227.jpg
夜のシャンゼリゼ通り

クリスマス時期だったら、イルミネーションとかもっとキレイだったんだろうなぁ~。

凱旋門を中心に何本も放射線状に大通りが延びていて、その光のラインそして遠くの夜景・・素晴らしい光景であった
旦那さんは以前登ったことがあったが昼間だったということで、夜の美しい景色に感激していた。

夜に凱旋門へ登るの、オススメ!


キレイだね~


と、しばし夜景の美しさに酔いしれていると・・・。

13011228.jpg
なんとエッフェル塔のダイヤモンドフラッシュが始まった

夜暗くなってから、毎定時5分間だけダイヤモンドのようにキラキラと煌めく光の演出
春夏だと日没が遅いので、なかなかこのダイヤモンドフラッシュを見れる機会が少ないと思う。
冬は早く暗くなるから、まだ目にしやすいかな?


私たちが夜ご飯を終え凱旋門に登ったのが、たまたま20時50分くらいだったので21時からのダイヤモンドフラッシュを凱旋門の上から観賞することとなった


キ、キレイ~



そして


実は私達、、、

この日、4回も!ダイヤモンドフラッシュを観賞したのだった。
(21時、22時、23時、24時)

宿泊したホテルは、4人で泊まれるファミリールームで129ユーロとお安いお部屋だったんだけど、チェックイン時にお部屋をグレードアップしてくれるって言われてね。

お部屋に入ると別に広くもないし、どこが良いお部屋??って感じだったんだけど、窓の外を見るとエッフェル塔や凱旋門などが眺められて。眺望抜群のお部屋であった

ホテルに戻ってからも、お部屋の電気を消してお酒を飲みながら、エッフェル塔や凱旋門などパリの夜景を堪能した


エッフェル塔って消灯するのかな??
と見ていたが、私たちの就寝時(24時半)まではしっかりライトアップされていた。

朝目覚めるとまだ日の出前で真っ暗だったが、エッフェル塔のライトは消えていた。何時か分からないが消灯するようだ。

凱旋門はずーっと朝までライトアップされたままであった。



続きを読む

Chartres(シャルトル)

13011201.jpg
ボース平野の静かな街・シャルトル


シャルトルのシンボル・シャルトル大聖堂

2つの尖塔の建築様式が異なり、2つの尖塔は違った形となっている。。。

大聖堂周辺の旧市街地一帯は高台のようになっており、車を走らせているとかなり遠くから小さくその姿を捉えることができた。
モンサンミッシェルやケルンの大聖堂でもそうだったように・・・小さく見えてきた時に、2つの尖塔の形が違う特徴的なシルエットからすぐにシャルトル大聖堂だと分かった。



13011202.jpg
左の尖塔がゴシック様式、右がロマネスク様式

13011209.jpg
近くで見ると想像以上に大きかった。

13011210.jpg
右横の入り口

13011211.jpg
彫刻がすごかった!



13011203.jpg

13011204.jpg

13011205.jpg

13011206.jpg

内部はシャルトル・ブルーと言われる青の世界

ということだけど、意外と1枚1枚は青くないものも多い。
13011207.jpg
どのステンドグラスもとても細かい。

近くで見るとそれほど青い印象がないステンドグラスも、離れてまとまっててみると全体が青っぽく見えるというか、角度によって?青っぽい感じとなるから不思議。

13011208.jpg
2015年まで大規模改修工事中。。。とネット情報で知り、あまり見れないかも?と思っていたが、ほとんど工事中の場所はなかった印象。見れなかったのはホントに一部。


想像以上に素晴らしい大聖堂であった


大聖堂を出て、旧市街地を散策。。。

13011212.jpg
フランスの木組みのお家 かわいい

13011213.jpg
お菓子屋さん

13011214.jpg
お肉屋さん

13011215.jpg
八百屋さん

なんでしょうね?この国は?
普通のお店ですらオシャレでムチャクチャ素敵

お店を覘きながら少し買い物をした。



この日のランチ
大聖堂近くのブラッスリーにて、19.5ユーロのセットメニューを注文!

13011216.jpg
サービスで私達にはカシスのソーダ割り、いっちゃんには特製ジュースを出してくれた。

13011217.jpg
テリーヌ

13011218.jpg
鴨のロースト

13011219.jpg
レモン&フランボワーズのソルベ


どれも美味し~い幸せ~



Disney Dreams

12110302.jpg
Disney Dreams


パリのディズニーランド開園20周年の特別プログラム
ディズニードリームス
眠れる森の美女のお城で行われる、光と水と音楽を使ったナイトプログラムだ。

大変スゴイShowだ!との噂を聞き、

それは行っておきたい~!見ておきたい~!

と思ったが、このプログラムの開始時間が問題。。。
1日1回、パーク閉園時間なのだ。

パーク閉園時間ってどういうこと??

5月に訪れた日のパーク閉園時間は23時・・
ヨーロッパの日没時間は遅いのだ・・・。


さわちゃん、、、絶対無理・・・


いやいや・・いっちゃんでも無理・・・



と諦めた。。。



夏が終わっても土日は閉園時間が遅く(22時とか)、日没が早くなってるんだから、とっとと始めればいいのに・・・。
だって22時じゃ我が家のような小さい子連れは残れないし、平日は閉園時間が早くても来れないし・・・


この日、土曜日なのに閉園時間が20時30分となっていて・・


20時30分なら、なんとか頑張れる


まだ本格的に寒くはなってないし、着込めば寒さも大丈夫・・!


とパークに来たが、到着時は雨が降っていて、このまま雨が降り続いたらショーは中止かもー・・とヒアヒヤ
午後から晴れたので、良かった


閉園時間の1時間前から、ファンタジーランドはショーの準備の為クローズとなった。
この特別プログラムの為にエリアを一つクローズさせなきゃならないことから、ショーの開始時間が閉園時間に設定されていることに納得したのだった。



そして、ショータイム



Disney Dreamsは噂通り、大変素晴らしいショーであった


東京Disneyでは、こういうプログラムは見ることが出来ないだろうなぁ・・・
と思わされる、フランスらしさ漂う美しいショーであった


うまく表現できないけど、ヨーロッパって感じだった


初めてエレクトリカルパレードを観た時のような、、、、
ちょっとした感動をあじわった




=====


おまけ



20周年スタッフのインタビュー↑


続きを読む

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きはじめたところ。。。

現在、ティニエツ編を書いてマス~☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1