エストニア・タリンの珍しい地ビールたち♪

タリン滞在中に出会ったエストニアのビールたちについて。
(一部珍味含む・・笑)

1泊2泊の短い滞在中だけど、私の人生で初めまして!なエストニアのビールちゃんにたくさーん出会えたよ♪
そのビールたちは、美味しかったビールと珍しいお味の地ビールにはっきり分けることができる。

まずは無難に、美味しかった一般のビールからご紹介♪
saku beer 1
saku beer

ぶっちぎりの一番ポピュラーなビール

この国って今も社会主義で皆これを飲まなきゃいけないのかな?
って思っちゃうほど、目につきまくったビール。

エストニアの二大醸造所のうちの一つで19世紀からつくられている。
sakuは都市の名前。
エストニアのsaku市と長野県の佐久市は同じ名前であることから友好都市なんだとか!

sakuビールは滞在中に避けたくても避けられないはず(笑)。

sakuビールは何種類もあるんだけど、我が家が飲んだのは3種類。
↑写真は一番よく見るsaku original(ブルーのラベル)。プレミアムビール。
圧倒的な占有率をみても、人気が高いんだな~って思う。

味は、すごく美味しい。飲みやすい。
なんだろう?ホワイトビールじゃないけどホワイトビールのような爽やかさもあり。けど、なぜか日本人の口に馴染む味というか・・。
絶対入ってないけど、最初に味わった時にもしかして少しだけ梅酒が混じってる??って感じてしまうような、爽やかなんだけどモロ外国な感じはなく、日本人の口に合う何かを感じた。。

もしかして、ホップの香りってやつかな??モルトってやつ??
これが際立っているのかも。。。詳しくないから分かんないけど。

もう一つ飲んだ、sakuビール↓
saku beer 2
saku pilsner

ピルスナーももちろん美味しい!

saku beer black
他に夕食のレストランでsakuの黒ビールも飲んだ。

スーパーにsakuは何種類も売っているので、飲める人はイロイロ買って試してみて!


次の一般ビールは、
a.le coq beer 1
A.Le Coq beer

エストニア第二位の醸造会社がつくるビールね。

こちらも爽やか、フルーティーな感じ。
苦みは全くなく、ほんのり甘い。甘いって言っても、嫌な甘さではなく少しだけあまいかな?って感じ。

a.le coq beer 2
こちらも、個人的に好きなビールな味

タリンに行かれた際は、是非!


さて。

他に飲んだエストニアビールは、、、
saalemaa beer
SAAREMAA TUULIK

A.Le Coqと同じ醸造所でつくられているビールちゃん。
エストニアのサーレマー島の伝統的な作り方でつくられているビール。

色は薄目(味も薄め)、そしてやはり少し甘め。。。
暑い日だったからかもだけど?美味しくゴクゴク飲めた。

こちらはタリンで飲んだというより、タリンへ移動中のフェリー(タリンクシリヤライン)の中で頂いたビール



=====

そして・・・

ここからは、美味しくなかった・・(不味かった?)珍しいタリンの地ビールたちについて。。。
いちおう気を遣って、珍味と呼ぼう。

タリン地ビール①
まずは、休憩中に入ったBrewery・・・

タリン地ビール②
タリンの旧市街地の中心部近くにあったブルワリー。

観光名所の「長い足(Pikk jalg)通り」の入口近くにあったお店。
街歩き中に見つけて気になっていて・・。空き時間に入店したんだけど・・。

タリン地ビール③
ホワイトビールとピルスナー

自家製ビール(地ビール)は何種類もあって、とりあえずホワイトビールとピルスナーを飲んだんだけど、オドロキの不味さ!!
(あっ、珍なる味!)

ホワイトビールはもともと好きではないジャンルなので、そういう意味では普通にホワイトビールっぽいって感じ。ホワイトビール好きの人は普通に飲めるかと思うんだけど、
なんといっても、ピルスナーが不味すぎ・・・・

ピルスナーが不味いってあり得るかっ!?!?

初めての経験。。。
世界には不味いピルスナービールがあるって初めて知った。。。


さて。
次のヤバイびーるちゃん・・
(あっ、珍しいビールちゃん・・)
タリン地ビール④
ランチしたお店で飲んだ自家醸造ビール(地ビール)

豚肉料理で有名なKoldse Notsu Kortsというレストランで頼んでしまった地ビール。
ブルワリーのビールが不味かったことから警戒しなければならなかったのに・・・。

メニューを見て、あっ!地ビールがある♪って思わず注文しちまったー・・・

やはりかなり不味くてビックリ。めちゃ甘い。。。
飲みきれず・・・(涙)。


ガイドブックに、バルト3国はビールがかなり美味しい!って書かれていたけど???
へっ??


個人的には、、、

一般流通している大手ビール会社のビールは美味しいけど、自家製ビール(地ビール)については正直ヤバイって印象。。。
もちろん、出会えなかった美味しい地ビールもあるんだろうけどね。。。

日帰り組などの方で滞在時間も短くて飲めるビール回数も少ない予定の方は、無難に美味しく飲める大手ビール会社のビールを楽しむことを個人的にはススメマス。



まぁ~・・・

こうやってぼやくことができるのは、一応飲んだ(経験いろいろした)ってからこそ!なのかもしれないんだけど・・。


スポンサーサイト

ロングドリンクは超オススメ!!

フィンランドのめっちゃおすすめなお酒・ロングドリンク♪

ヘルシンキ到着当日、パブトラム乗車中に初めて飲んだフィンランド名物酒?LONG DRINK(ロングドリンク)
美味しくって!飲みやすくて!ハマッタ。。。
ヘルシンキ滞在中、毎日飲んでいたお酒

我が家の保有している数年前に発行された「地球の○き方」には、ロングジン(Long GIN)って記載されていた・・。
缶などにもロングジンではなくてロングドリンクと書かれていたので、昔はロングジンと呼ばれていたが今はロングドリンクに呼び方が変わったのかな??

暑い夏に飲むお酒
(サウナで温まった後にも飲むんだとか)

日本で言えばジンベースのカクテルのことなんだけど、飲んだ印象はサワーみたいな感じ。
日本のサワーは飲んだ後、口の中に変な甘ったるさが後味に残るのが個人的には好きではないんだけど、このロングドリンクはそれがない!飲んだ後もすっきり爽やか!ジンだとこんなスッキリ飲めるんだということを再認識させられた。


long drink 1
ロングドリンク休憩中に~。

パブトラムはシネブリコフ社が運転しているので、パブトラム内で飲んだロングドリンクはシネブリコフのものなんだけど、街中で売られているのをよく見かけたのは「HARTWALL社」の商品。

long drink 2
ジン+グレープフルーツ

グレープフルーツのロングドリンクが圧倒的に好まれているらしく、飲食店に置いてあるロングドリンクは全部グレープフルーツ。
おいしいよ。

long drink 3
クランベリーのロングドリンク

クランベリーなんて、北欧っぽくて素敵
と飲んでみた。

正直、こちらはイマイチ。。。
クランベリーは大好きなんだけど、このロングドリンクの味はもろに合成な味で・・。お薬みたいな味だった。

ちなみに
個人的に一番おいしいと思ったロングドリンクは、
long drink 4
ライム

これは、実はタリン滞在中に買って飲んだんだけど・・。

すーーーっごく爽やか

超美味しかった
グレープフルーツ以上にスッキリ飲めた!めちゃオススメ。

お土産用に買って帰らなかったこと、少し後悔。。。


男性だと特に甘いサワーとかカクテルとかがあまり好きではない方が多いと思うけど、甘いお酒は好きではない人がロングドリンクは美味しく飲めると思う。
もちろんお酒が苦手な女性でも、フルーツ味なので飲みやすい。


long drink 5
フィンランドに行った際は、是非ロングドリンクをお試しあれ!




===

<そして翌年・・補足>

実は、、、
2年連続訪問となった、ヘルシンキ&タリン。

ということで、1年ぶりのロングドリンクも飲みまくり

タリンにて、昨年すっごく美味しくって気に入ったライムのロングドリンク(今回はSAKUの!)を買ってみたんだけど・・

saku ロングドリンク ライム
あれれ???

合成着色料がモロ・・っていう色
昨年美味しく楽しんだ「HARTWALL社」のライムは、無色(少し白色?)だったんだけど・・・

で、お味の方も全然違かった!!!

「HARTWALL社」のライムのロングドリンクはすっごく爽やかですっきりだったのに対し、
「SAKU」のは、例えるならメロンソーダ味に近い甘ったるいジュースのような感じ・・。

同じライム味のロングドリンクでも、メーカーによってここまで味が違うとは・・・


ビックリ。。。



フィンランドのビールを堪能す!

ヘルシンキ滞在中に飲んだ、フィンランドビールたち!
フィンランド滞在中はいろいろなフィンランドビールを飲み歩き♪
あぁ・・楽しい♪♪

フィンランドビールって、日本では飲む機会があんまりないよね?
もちろんネットとかで買おうと思えば、買えないものがない日本(笑)!買えるんだろうけど、普通にお店なんかではなかなか売られているのを見かけないってことで。

でも、せっかく旅行に来たらその土地のビールは出会いたいし、新しい味は嬉しい体験だよね!

ということで、ヘルシンキ滞在中はフィンランドビールを堪能したよー。


レストランで頼んだ生ビールとかは何の銘柄かをきちんとチェックしなかったから不明だけど、
写真に撮ったものだけだけど、自分の忘備録も兼ねてまとめてみたよ

最初に飲んだフィンランドビールは、
KOFF beer
KOFFビール

フィンエアーの機内とヘルシンキ観光の合間に乗ったパブトラム内で楽しんだビール

KOFFは北ヨーロッパ最古の醸造所・シネブリコフ醸造所(Sinebrychoff brewery) のビール。
シネブリコフ醸造所は現在はカールスバーグの傘下に入ってしまっているが、もともとはヘルシンキの醸造所だ。
そんな意味では、ヘルシンキへ行くなら飲むべきフィンランドビールかな。

ちなみにラガービール。味は、、、日本のビールに比べて劣るけどまぁ~マズクはない。
薄い感じでパンチがないっていうのか、苦みもかなり少ない・・。
よくいえば、ビールが苦手な人でも飲みやすい。水を飲む感覚でグビグビいけちゃう!

飛行機の中とKOFFの運行するパブトラム内でしか出会わなかったので、フィンランドではあまり人気ないのかも。。。
レストランなどでは見かけなかったけど、なぜか観光中にKOFFビールの配送車が道路を走行している姿を何度も見かけた。

ま、フィンエアー利用者は機内で無料で飲めるので、飲んでおきましょー。


次は、
Sandels beer
Sandels

オジサンの顔のデザインのSandelsビール。
伝説的な戦争の英雄・サンデル大佐(・・って誰)にちなんで名づけられた、Olvi社のビール。

んー・・・。

正直美味しくなかった(汗)。好みじゃない・・。
甘さがあって、イマイチって思ってしまった。甘いビール。
キンキンに冷えたの飲めばもっとマシなのかな?

一度飲めばもうしいや・・って感じ。
でも、今思うとなんかコレが一番フィンランドっぽいビールだったのかも、、、。異文化を感じた。


KARHU A beer
KARHU A

KOFF同様、シネブリチョフ醸造所が製造販売しているビールブランドだけど、KOFFがシネブリチョフの元からのブランドビールであるのに対して、このKATHUは元は他の醸造所でつくられていたが、その醸造所がシネブリチョフに買収されたから現在はこの醸造所でつくられているというビール。

一番ポピュラーなのかな??最もよく街中で見かけた熊のマークのビールカルフはフィンランド語で熊って意味だとか。
よく飲まれているだけあって、飲んだビールの中ではこれが一番おいしく口に合うと感じたナ。




さて。
2015年7月・・フィンランド・ヘルシンキ再訪~☆

で、前回飲まなかったフィンランドビールちゃんに出会えたので、追記。。。

今回出会ったフィンランドビールは、、、
lapin kulta ビール1
こちらのビールサーバーの・・・

lapin kulta ビール2
LAPIN KULTA

フィンランドを代表するビールということだけど、前回ヘルシンキ訪問時は全く見かけなかったし、今回もこのビールを見かけたのはヘルシンキの西ターミナルのカフェ(バー?)と、ヘルシンキからサンクトぺテルブルクへ向かうフェリーの船内だけであった・・

たまたまヘルシンキで出会えなかっただけ?なのかな~・・・。


で、

肝心のビールのお味は、美味しかったよ!!

普通にオイシイビールだった


見かけた方は、是非



===

おまけ・ヘルシンキの地ビール編

suomenlinna beer
スオメンリンナ島産の地ビール

島で唯一のブルワリーで頂いたビールちゃん
世界遺産の島産のビールって、なかなかないでしょ!?

そんな珍しいビールを飲めただけで満足。


kahvila suomi beer
かもめ食堂の地ビール(自家製微アルコールビール)

こちらも甘い。でも、嫌ではない甘さ。
ビールの味ではないけど、ちょっとアルコールの入ったジュースと思えばおいしい。
飲み物としてはなかなかおいしいモノだった。

かもめ食堂へ食事に行かれる方は、どうぞ!


===

続けてフィンランド名物酒!?
めっちゃウマなLONG DRINK(ロングドリンク)について書くよ~♪

「ヨーロッパで楽しんだお酒たち」の目次

オランダ生活中、自宅で!旅先で!いろいろなお酒を楽しんだ記録。。。

ちなみに、
お酒を飲むのは好きだけど、詳しい知識は一切持ち合わせていないワタシ。

各日記には、そのお酒の詳しい説明は全く含まれてまセン(笑)
あしからず~。


☆ オランダビールといえば!のハイネケン

☆ アムステルVSグロールシュ

☆ フレーバービール

☆ アントワープの地ビール「De Koninck」

☆ オランダでも飲めた!ホッピー(コーラ割)

☆ Taittinger(テタンジェ)のシャンパンメゾンへ行く

☆ Moët & Chandon(モエ・エ・シャンドン)のシャンパンセラーへ行く

☆ ヴュルツブルクの地ビール「DISTELHAUSER」

☆ フランケンワインを楽しむ in ローテンブルク

☆ サラエボビール「Sarajevska Beer」

☆ クロアチアのワインは美味しかった

☆ クロアチアのビール「FAVORIT」

☆ アルザス地方の地ビール in ストラスブール

☆ Bitburger(ビットブルガー)はアイフェル地方

☆ リュベロンワイン

☆ プロヴァンスワイン in Cassis

☆ Asbach URBRAND(リューデスハイムコーヒー)

☆ スロベニアのビール「Lasko Beer」

☆ マルタ島産のビール「Cisk」

☆ マルタ島産ワインを楽しむ

☆ デンマークのビール「Tuborg(ツボルグ)」

☆ シャトー・カロン・セギュール 2003年

☆ クローネンブルグ 1664

☆ Tucher beer in ニュルンベルク

☆ EFES Pilsen(エフェス・ピルスナー) inトルコ

☆ オランダ産スパークリングワイン

☆ ブリュージュの地ビール「Brugse Zot 」

☆ ジェネバ(オランダのジン)


ブリュージュの地ビール「Brugse Zot 」

ブルージュの地ビール「Brugse Zot 」

私は、ブルッグス ゾットのブロンドしか飲んだことがないのだけど、エールビールということでとても口に合って美味しいビール!
詳しい風味などはうまく説明できないけど、変な癖がなくって飲みやすい。

Brugse Zot
Brugse Zot Blond

黄金色に輝くビール

ロゴも可愛いし、キャラクターも小憎たらしい感じがいい感じ(笑)!
ロゴとキャラクターの赤と緑の色合いもとってもチャーミングこういうのって、大事よね??

ベルギービールって種類が多いから、なんか目立ったキャラクターとかだと魅かれて手を出しちゃう人が多いと思う。

ちなみにゾットって、「愚か者」って意味なんだとか。ピエロだと思ってた~。

いろいろ国際的な賞もとっているらしいけど、今私たちが口にしているゾットは、伝統的な手法で作られ続けているビールではなく、2005年から改修され醸造されているものらしい。
そんなビールだから現代人に合うのかな?ブルージュではよく見かけるビールだ。


ブリュージュに訪問の際は、どうぞ!


プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1