サン・マロ

初夏の小旅行2日目。

朝食後、モンサンミッシェルを後にし向かったのは、リゾート地で人気の高いサン・マロ(St-Maro)
サンマロはフランス王公認の海賊の拠点だったところで、以前はフランス最大の港だったとか!

モンサンミッシェルの近くにあるので、モンサンミッシェルへ旅行する時にセットでサンマロも訪れる日本人(駐在員)が多いようです。

旧市街に到着
サンマロ?
街はぐるっと高い城壁に囲まれています。

サンマロ?

   サンマロ?
城壁の中の街へ

サンマロ?
 
   サンマロ?
通りには何故か傘がたくさん吊り下げられてます!公園の花壇にも傘が!とても可愛らしい

傘の街なのかなんでしょう

旧市街は第2次世界大戦中にアメリカ軍の攻撃(当時ドイツ軍がここを占領していた)により、城壁以外はほとんどなくなったとのことですが、とても新しいとは思えない趣のある素敵な街並みです
何でも、破壊された建物の石を使ってまた建物をつくったとか・・。納得。


さて。サンマロでランチタイム
ブルターニュ地方の名産料理は、牡蠣をはじめとした新鮮な魚介類。

ということで、もちろんシーフードを!
サンマロランチ①
ムール貝のワイン蒸し

サンマロランチ②
シーフードの焼き物

サンマロランチ③
魚介スープ

どれも美味しかった

ただ、本当は食べたかったお目当てのシーフードプレート(新鮮な魚介類の盛り合わせ)は食べることができなかったの。。。
サンマロ名物!?の魚介バスケットはどこのレストランでも置いてあるもの!と思っていて、街歩き途中で適当に良さげなレストランで食べるつもりだったんだけど・・。

いくつかのレストランで聞いてお目当てのメニューがないことが分かり、結局諦めて別のシーフードメニューで済ますことに・・
新鮮な魚介類の盛り合わせを目当てにしている方は、置いてあるレストランが少ないのでどこで食べるかを事前に調べて決めておくべし。

あー・・城門入ってすぐのレストランで見かけた時に食べておけば良かったナ。。。
ま、他のメニューでも魚介類は食べれたし美味しかったからヨシとしよう


さて。
街中にあった魚屋さん・・
おしゃれな魚や
おしゃれ~新鮮な魚介類てんこ盛り。

めっちゃ美味しそう~
こんなオシャレな魚屋さんが近所にあったら、毎日通ってしまいそう!

オシャレといえば、サンマロで買ったアイスも
サンマロアイス
オサレだったよ


食事後は、引き続きお散歩で~す
サンマロ?
城壁の上は散歩道となっており、ぐるりと1周できるようになってます

サンマロ?
この散歩道からは美しい海岸線が見渡せて・・

とってもキレイ

エメラルドグリーンと淡い水色そしてブルーが混ざり合い、まさにリゾートと呼ぶにふさわしい海!

サンマロ?
ちびっこも外を眺められる場所が

サンマロ?
城壁沿いのビーチには日光浴の人がたくさん!

サンマロ?
砂浜にはプールまであります!

この砂浜も潮の満ち引きが激しく、満潮時はプールは海の中。干潮時に枠を作ってあるこの部分のみ海水が残り、自然の力を利用した、海水プールとなる
写真じゃ見えないと思うけど、泳いでる人10人ぐらいいます

サンマロ?
サンマロ?
干潮時のみ陸続きとなっている離れ小島に
もちろん、この山頂からの海の眺めもすばらしい


サンマロ?
いっちゃんは砂遊びが一番楽しかったみたいだけどネ


スポンサーサイト
プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1