最初で最後のキンデルダイク

さわちゃん、初めて・・キンデルダイクへ


13020705.jpg


私達は何度も訪れたけど、さわちゃんはまだ一度も連れてきてあげてなかったことに気がつき訪れた



もちろん記憶には残らないけど、、、


13020706.jpg
記念写真は撮ってあげたいもんね!



13020707.jpg
さ、さぶ~い


たぶん、、、



もうここには再び訪れることがないだろうだなぁ~・・・



そんな風に思うと、やっぱり少し寂しかった。。。






その後Spidoの港湾クルーズへこちらもさわちゃんにとっては最初で最後となるロッテルダム観光。
ちなみに、旦那さんも初めてSpidoに乗船。私といっちゃんは3回目。。。

前日Spidoに乗りそびれたのでラストチャンス!
この日は最終便出発の30分前にチケット売り場へ


そして、発覚した衝撃の事実(再び


Spidoの最小航行人数は20人だが、私たちがチケットを購入した時点で私たちを含めてチケット購入者は11人しかいなかった。
出発予定時刻の15分前に乗客20人が集まっていなければ出航は中止。中止の場合はチケットの払い戻しを行うとの説明を受けた・・。


あと15分以内に9人のチケット購入者がいないと、乗ることができない・・


    


結局・・15分の間にチケットを買いに来たのは3人だけ。
集まったのは合計14人・・。あと6人足りない。。。


あー・・・


ダメだ・・・


チケット売り場の偉そうな人がどこかに消えてしまっていて、チケットの払い戻しもできず・・・。


まったくー、どうなってんだー・・・


出航しないなら、早く払い戻ししろー

と皆がチケットブースの辺りに集まりウロウロしていると、出発予定時間の5分前となってようやく係りの人が戻ってきた。。。
そして、チケットの払い戻しをしようとしたその時、、、


奇跡が起きた


なんと!!
出航予定時刻の5分前で、カップル一組&6人組学生グループの計8人が乗船チケット購入するために、売り場に走ってやってきたのだ


皆大慌てでSpidoへ乗船開始!無事に出航~!
13020708.jpg

13020709.jpg

港湾地区を海から見学


港湾地区を眺めても面白くないよねー

って言う人もいるけど、こんな遊覧船はここ以外で乗ったことがないし、いかにもロッテルダムらしいSpidoの港湾クルーズは私的には一度は是非!って思う。





=====


最後のロッテルダム観光を終え、夜ご飯

これが、ロッテルダムでの最後の食事・・・。


以前から行ってみたかったレストラン「Bazar」


13020710.jpg
店内は大変賑わっていて、その賑わいが心地よかった。
楽しかったイスタンブールを思い出して、なんちゃってトルコ気分に

13020711.jpg

13020712.jpg

13020713.jpg

ケバブなど、お料理も美味しかったし。良かったナ~

大人数だといろいろな料理を注文し取り分けて食べれるから、もっと楽しめたと思うけど。


楽しい最後の夜だった




=====


そして翌日、日本へ向けて出発






ブログの更新終了ごあいさつ後、、、
再び更新してしまったオランダ日記。。。



これでほんとに



ほんとにほんとに



我が家のオランダ生活は




おしまい!






オランダ、ばいばーい




スポンサーサイト

Water bus

旦那さんは出勤になってしまったし、お昼前後のみ中途半端に時間が空いていたので、時間潰しにSpido(遊覧船)にでも乗ろうと乗り場へ


12時半からの船に乗船しようと、12時過ぎに到着!
そして乗り場で発覚した衝撃な事実。



なんと



冬場の月曜~水曜は一日一便、14時出発便のみ!


・・・・・いやーん


2時間後・・・



もちろん2時間も待てないので、諦めた。。。




どうしよう・・・?



せっかく来たのに・・・


と、ふと近くを見るとWater bus乗り場が・・

13020608.jpg

そーいえば乗ったことないし、水上バスにでも乗るか!


13020615.jpg
こちら、Water bus

13020609.jpg
船内

13020610.jpg
自転車置き場


交通手段の一つ水上バス。
自転車ももちろん乗り込める。

当然行き先は決めていなかったが、初めに来たバス・Dordrecht行に乗り込んだ。

13020611.jpg

OV-chipkaartが使えたが(たぶん)、確認するのが面倒だったのでチケットを船内で購入した。
車掌さんがチケットを確認しに来たが、ほとんどの人が定期券らしく私たち以外に船内でチケットを購入している人はいなかった。

ちなみに、大雪などで公共交通機関・自動車道路がマヒした際に水上バスの利用者が激増するらしいが、その際は定期券保有者が優先で乗船することができ、一般の人は空いたスペースにのみに少しずつ乗船できるシステムらしい。


終点のDordrechetまで行くと、所要時間片道1時間となってしまうので、乗船したErasmusbrug乗り場から二つ目の停留所であるRidderkerk(往路27分、復路35分)まで行って帰ってくることにした。


13020612.jpg
船の中から景色を眺める

正直ドルトレヒト行方面は、ロッテルダムらしい景色(ユーロマスト、ホテルNew York、デルフェスハーフェン・・etc.)が眺められる方面と逆方向に進むので、遊覧船の替わりとするには景色がイマイチではある。

でも、水上バスってかなり高速でビックリ

しかも離発着までもが高速!
ボートの類って、やたら着岸、離岸がゆっくりで時間がかかるイメージがあるけど、めちゃくちゃ早いの!
普通のバスがバス停に止まってすぐ発車するのとほとんど同じ感じ。さすが!
交通手段としての水上バスのレベルの高さに、ちょっと感動。



そして、Ridderkerk到着
キンデルダイク行く方の降りる駅だねー)



キンデルダイクへの行き方。。。
(3つの行き方→How to get to the windmills of Kinderdijk

もし、公共交通機関を利用していくなら・・

そして、水上バスを利用していくなら・・

Dordrecht方面行きの水上バス(20番)に乗り、二つ目の停留所であるこのRidderkerkにて他のボート(渡し船)に乗り換えることになる。

乗り換えは簡単!
13020613.jpg
水上バスのRidderkerk駅に到着するとすぐ横に、こちらのキンデルダイク行きボートがとまっている。


ま、乗り換え行為自体は簡単だけど、ボートの本数が

時刻表を見ると基本30分に1本あるんだけど、冬季(オフシーズン)の平日の午前中からお昼にかけて、2時間半も空いている時間帯があり

ここ・・何もないし、2時間半渡し船待つって・・ありえん・・


オフシーズンの平日に水上バスを利用してキンデルダイクへ!!


は、一応避けたほうが無難・・って感じ。



13020614.jpg
・・・・・ずいぶん汚いお水でちゅ

さわちゃんは、景色ではなく水の中をずーっと覗いていた


今まで水上バスも乗る機会がなかったので、最後に乗れてよかったかなー。




☆水上バス情報


Pannekoekenboot

この日の夜ご飯

13012707.jpg
Pannekoekenboot

パンネクッケンボートに乗船

ユーロマストの下が乗り場。

オランダ名物パンネクックを食べながら(食べ放題)、マース川を遊覧する観光船だ。
ロッテルダム以外でも、アムステルダムなどでも運行している。

ネーミングといい、いかにもオランダらしい観光船。。。


でも観光船じゃないのかな?ボートレストラン?
乗船しているのはオランダ人ばかり。


今回乗船したのは、18時出港のHour cruises。
所要時間1時間。


13012708.jpg
17時45分ボーディング・・

この時期はまだ日没が早いので、丁度薄暗くなり始めた頃・・。


船内は・・・
13012709.jpg

13012710.jpg
理解不能なマーメイドの装飾


オフシーズンなこともあり、乗客はかなり少なめ。

実は数年前も乗ろうと思い乗り場に来たことがあったが、予約がいっぱいで乗船できなかった・・。
この日はHPで予約してきたが、今回予約して乗船していたのは5組ほど。。。
他の乗客は予約なしで乗り込んでいた。

確実に乗船したいなら、まぁ~要予約。。。


13012714.jpg
あっという間に暗くなり、夜景を眺めながらのクルーズが始まった


13012718.jpg
外の景色を眺めていると・・

13012711.jpg
すごい勢いでパンネクックが焼き上がり、食べ放題開始!

正直・・

ただのプレーンのパンネクックに砂糖とシロップかけて食べるだけー・・

を想像し内容は期待していなかったが、プレーン以外に、アップル入りとベーコン入りと全3種類もあり!

しかも!
13012712.jpg

13012713.jpg
かなり豊富なトッピングが用意されていた

想像以上にマトモ。


食べ放題なのでモリモリ食べれるが、3枚目・・4枚目・・に突入しているオランダ人もいる中、日本人の私たちは2枚目を食べている途中でかなりお腹いっぱい

トッピングをかなりてんこ盛っていたので、2枚だけでも十分だった。
クルーズ料金も含まれていると考えれば、2枚食べれば元はとれていると思う。


13012719.jpg
ちなみに船下はボールプール


景色を長く眺めることのできない飽きっぽい子供は、ボールプールで存分に遊ぶことができる。



肝心の夜景

13012715.jpg

13012716.jpg

13012717.jpg

船内の灯りが反射し、全然撮れなかったけど・・。

かなり良かった

ロッテルダムの夜景はなかなか素晴らしいと思う



とっても楽しめたよ



FutureLand

ロッテルダムの港湾地区にあるビジターセンター(FutureLand)に下見に?行くという旦那さん。
正直ツマンナソー・・と思いながらも暇なので一緒に行くことにした。

1205201.jpg
けっこう立派な建物

1205202.jpg

1205203.jpg
外にもいろいろ展示あり。


中に入ると、
1205204.jpg
げげげー・・混んでいる

まさかの混雑っぷり入場無料だから?

1205205.jpg
現在も建設中の港湾地区。2033年完成に向けて刻々と姿を変えている・・

1205206.jpg

1205207.jpg

1205208.jpg

思ったより充実した施設だった

1205209.jpg
展望スペースもあり

12052010.jpg
見渡す限りの・・・

12052011.jpg
建設現場・・

すごいな・・・オランダ人・・。

こんなの見て楽しめるんだ・・・


↑・・・バカにしていませんよ。ホントにすごいと思った。


ちなみにこちらのカフェ・・・
12052012.jpg
まさかの建築現場ビュー・・・


このビジターセンターはどこかに行ったついでに寄れる立地ではないので、来ている人はビジターセンターへわざわざ来ている人なはず。。。
なぜここへ?って理解に苦しむ、おばあちゃん二人組とかもいたし。
せっかくの休日なのだから他に行くところなかったのか??


入場無料だからかな~?



Hoek van Holland

週末のウォーキング。。。歩かなければなりませぬ。。。
でも近所を歩くのはもうツマラナすぎて、平日だけで勘弁。

かといって、何かあったらすぐ戻ることを考えるとあまり遠くに行けないし・・・。

ロッテルダムから近くてウォーキング出来そうなところないかしらん??


そして

ロッテルダム近郊にある、フク・ファン・ホランドに行くことにした。
ロッテルダムから一番近い海岸沿いを、海を眺めながら歩くのだ


と、、、

ウォーキングの前に、ちょっと寄り道。

Hoek van Hollandには、デルタ事業の最後の工事の一つとして建設された可動防波堤がある。
洪水や高潮から南ホランドの住民を守るために締め切ることのできる防波堤だ。

1202251.jpg
まずは防波堤の真横にある入場無料のビジターセンター・het Keringhuisを見学

1202252.jpg
可動式防波堤

なんだか大きすぎてよく分からん。。。

1202253.jpg
閉まるとこんなふうになるらしい・・・。
もちろんこの日は開いていて、多くの船が行き交っていた。

1202254.jpg

1202255.jpg
ビジターセンターの外には水を使って遊ぶ体験できる設備もアリ!

・・・。冬季は使用禁止。4月から使えるようだ。



可動防波堤の見学を済ませ、海に近いエリアへ移動


いざ!ウォーキング!!


1202256.jpg
マース川沿いの遊歩道を歩きながら海へ行くことが出来るんだけど・・・

1202257.jpg
2月だというのに、遊歩道は激混み~ビ、ビックリ

この時期の海に何をしに来ているのよぉ


・・・・という私達も来ちゃっているんだけどさ。


1202258.jpg
海に向かって遊歩道をウォーキング!

いっちゃんの自転車の練習を兼ねてマス。。。
足でバランスとりながら一生懸命ススム!


歩くこと30分くらい。。。
1202259.jpg
海へ到着!


12022510.jpg
当然、、、海岸沿いも混んでいる。

オランダ人って、ただぷらぷら歩くだけで休日を楽しめてしまう・・。
なんともお金のかからない人達ね・・って思う。


海に沿って砂浜を歩くと、かなり歩きにくかった
ウォーキングには海に抜けるまでの遊歩道の方が適していた。
まぁ、遊歩道を往復すると1時間くらいとちょうど良い時間だったし、いっちゃんも自転車(バランス)の練習が出来たので良かったナ。




プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きはじめたところ。。。

現在、ティニエツ編を書いてマス~☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1