2012年夏休み  スロベニア観光へ

夏休みの旅行へ出かけた
今回は3泊4日と短めだけど・・。


1208081.jpg
Salzburg

1208082.jpg
Vintgal

1208083.jpg
Bled

1208084.jpg
Bohinj

1208085.jpg
Neuschwanstein


ミュンヘンへ飛行機で行き、レンタカーで行動

行き先は、、、

今回はどこへ行きたいか?ではなく、3泊4日ということもあり、とにかく近場!フライト時間が短い場所!フライトの本数も多く時間を選べる場所!ってことで、フライト1時間前後で行ける場所をいくつか候補として考え、そのうちの一つであるミュンヘンに飛行機で行くことを最初に決定!
その後ミュンヘンからどこへ足をのばすか?を考えた。

ミュンヘンは、ドイツが誇る観光地・南ドイツの玄関口でもあるし、周辺諸国との国境も近く、レンタカーならすぐに行ける観光地が周辺にごろごろあるということで。

最終的に、ミュンヘン~ザルツブルグ経由で~ブレッドまで南下するコースとなった。
でも時間の関係で、拠点となったミュンヘンの観光はできず・・・プププ

まぁ、

短い日程ながらも、お天気にも恵まれて楽しんだよ



旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付でつける予定。。。
興味のある方は、相当時間が経ってからカテゴリー選択で(ドイツ連邦共和国、オーストリア共和国、スロヴェニア共和国を)覘いてみてね。




<日程>
8月4日 ザルツブルグ
  5日 ヴィントガル渓谷&ブレッド湖
  6日 ボーヒン湖
  7日 ノイシュヴァンシュタイン城&ヴィース教会



スポンサーサイト

Bohinj(ボーヒン)

夏休み3日目・オーバーアマガウ泊。


ブレッド湖を後にし向かったのは、更に奥にあるボーヒン湖。
ブレッド湖よりもさらにキレイだとのことで・・・。


1208061.jpg

1208062.jpg

エメラルドグリーンに輝くボーヒン湖に到着した


1208063.jpg

とても美しい湖


ブレッド湖もキレイであったが、ボーヒン湖の水の方がさらに透明度が高い。
また背後にユリアンアルプスの山々が迫り、より雄大な景色が広がっていた


1208064.jpg
お魚さん、うようよいるよ~。

あまりに透明な水のため、けっこう離れた場所でも肉眼ではっきり魚がどこにいるのか分かる。


1208065.jpg
湖水浴する人達もチラホラ・・。


こんだけキレイな湖なら、海で海水浴するより良い。
海水と違ってべたつかないし、湖岸には多くの日陰があるので暑さも凌げる。


1208066.jpg
旦那さんといっちゃんも足だけ湖に入った。



湖の端からゴンドラが出ているとのことで、上から湖を眺めよう!と乗り場へ~。
Bohinj map
黄色い矢印の辺りが、レストランやお土産屋さん等賑わってるエリア。
ピンクの矢印の辺りから、ゴンドラが出てるよ。

ゴンドラ乗り場の駐車場に車を停車させ、
1208067.jpg
いざ!


Bohinj.jpg

1208068.jpg
ゴンドラで上昇しながら眺められる景色も、かなり絶景


1208069.jpg

12080610.jpg

展望台へ到着!


展望台からは湖が眺められるだけでなく、
12080611.jpg
ユリアンアルプスの山々も眺められた

Bohinj mountain


12080612.jpg
ちなみに、ここからさらに山の上があって、ハイキングコースとなっているようであった。
ここで乗り継いで、さらに山の上に行くリフトも運行していた。

時間が早かったが、私達はここの展望レストランでランチとすることに
12080613.jpg

12080614.jpg
野菜スープとパン

12080615.jpg
bohinj sausage(ボーヒン産のソーセージ)

ボーヒン産ソーセージは、ジューシーなサラミのようなソーセージ。


12080616.jpg
食後、ゴンドラに乗り下界へ。。。



レンタカーに乗り出発


午後は移動時間
本日の宿泊先へ向かった。



Bled(ブレッド)

夏休み2日目・ヴィントガル渓谷からの続き・・・




ヴィントガル渓谷を堪能した後、スロヴェニア観光の目玉・ブレッドへ
車で15分くらいで到着

「アルプスの瞳」と讃えられるブレッド湖

氷河湖で、周辺は山並や城の景色が広がり大変風光明媚。
湖岸に中世のブレッド城があったり、湖にはブレッド島が浮かんでいる。
ちなみに、外洋に島を持っていないスロヴェニアにとって、湖に浮かぶこの島は唯一の自然の島だ。


まずは車でないと登るのが大変という、
128051.jpg
湖岸の絶壁の上に建つブレッド城へ向かった


128052.jpg

ここは、お城自体よりも

08042.jpg
お城から眺める景色が最高であった

湖や遠くまで広がる景色を堪能

128054.jpg
スバラシイ

128055.jpg
離れたところから湖を見ると、キレイな水色

08041.jpg
そして、湖に浮かぶブレッド島

素晴らしすぎる


湖とは反対側の城からの眺め~
128057.jpg
こちらも絶景~


ブレッド城にあったカフェにて休憩。。。
128058.jpg
Blejska Kremna Rezina

ブレッド名物・クリームケーキを頂いた


おいちい


クリームたっぷりなのに、しつこくなくあっさり。ぺろっと食べれちゃう!




城から湖岸に下りてきた。


その後とりあえず
128059.jpg
ボートに乗って、ブレッド島に渡ることにした。


1280510.jpg
手漕ぎボート・・・。

環境を守るため電動ボートは使用してはいけないらしい。


1280511.jpg
島には自分たちでゴムボートや泳いで渡った、海水浴(湖水浴?)の人達が多くいた。

島に着くと、30分間の自由行動となった。

島の中心にある聖マリア教会に入り、
1280512.jpg
鳴らすと願いが叶うという鐘を鳴らした。


1280513.jpg

1280514.jpg

ブレッド湖の水の色は、遠くから湖全体で見ると水色に見えるが、近くで見ると青みがかったエメラルドグリーンだ


行きで乗って来たボートに再び乗りこみ、湖岸へ帰った。。。


湖では、他にレンタルサイクリングが楽しめたり、湖水浴場があったりした。お決まりのミニトレインも走っていて・・・。
連泊できたら、もっといろいろと楽しめそうだ。




夕食のレストラン
ローカルフードが楽しめるokarina


1280515.jpg
ワイルドマッシュルーム

ワイルドマッシュルームの旬の時期だとかで、お店の人にめちゃくちゃ勧められたので注文!

勧めるだけあって、めちゃくちゃ美味しかったぁ

ワイルドマッシュルーム「Portobello (ポルトベロ)」は、笠の直径が15cmほどのジャンボマッシュルーム。
これだけでステーキにもできる程肉厚だとか。

とにかく味付けと歯ごたえが堪らなく良かった。

1280516.jpg
カワマスのグリル

ブレッドの名物料理。
正直、カワマスか、、、とテンション上がらなかったけど、こちらも食べたら美味しかった

おソースが超美味

イタリアンっぽい味付けだった。

イタリアのお隣の国なので、イタリアンっぽくどうしてもなっちゃうのかな??
ボートで同船した方々もイタリアからの観光客だったし・・・。

bred.jpg
タリアテッレもすこぶる美味しかった!!



お料理に満足し、ホテルへ~



翌朝ホテルをチェックアウトし、見納め・・・とブレッド湖の周りを車で走りながら再び湖を眺めたのだった。



ブレッド湖、良かった
もっとゆっくりしたかったなぁ~。



Vintgal gorge(ヴィントガル渓谷)

夏休み2日目・ブレッド泊。



ザルツブルグのホテルをチェックアウトし、美しき水の国スロヴェニアへ
目的地は、スロヴェニアが誇る景勝地・ブレッド
最終日のことを考え、ザルツブルグに連泊しザルツブルグから日帰りでブレッドへ行くことも検討したが、やはりせっかくなのでブレッドに泊まることにした。

ブレッドはオーストリアの国境すぐ近くにあり、ザルツブルグからだとほとんど高速道路の移動のため、レンタカーだと行きやすい。

スロヴェニアの高速道路はオーストリア同様有料。。。
スロヴェニアの手前に有料トンネルがあり、そこの料金所でトンネル通行料を支払い、一緒にミニマムの高速ステッカーを購入した。
トンネル通行中に国境を越えるようであった。


無事スロヴェニアに入国し、ブレッドの手前で少し寄り道。。。

120805.jpg
ヴィントガル渓谷


ブレッドのすぐ近く(車だと15分くらい?)にあるヴィントガル渓谷。
ロード・オブ・ザ・リングの世界というネットの口コミを見て立ち寄りたくなった。


1208051.jpg
渓谷内は遊歩道がきちんと整備されていた。



1208082_20120810062643.jpg

1208052.jpg

1208053.jpg

1208054.jpg

1208055.jpg

1208056.jpg

1208057.jpg

川のお水はすこぶるキレイ

光の当たり加減や水深などにより水の色は異なり、美しい景色の連続であった

マイナスイオン浴びまくり~



1208058.jpg
橋と滝の辺りで散策を終え、駐車場に戻った。


大変美しい渓谷だったが、「観光客がかなり多い」&「遊歩道がかなりきちんと整備されている」あたりから、個人的には「The 観光地!」という感じの印象を受けて、ほんの少し残念であった。

オフシーズンに来れば、神秘的な静かな渓谷を堪能できたかもナ~。




プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1