柔道の世界選手権 in Ahoy

ロッテルダムにあるAhoy(アホイ)。
コンサートや、スポーツ大会や、展示会。。。様々なことに使われている大型施設。横浜アリーナよりでかいかな?
意外と、オランダにはこういう施設がそれほど多くないとか・・。

終わってしまったけど、柔道の世界選手権が今年はロッテルダムで行われてました。

最終日に、お友達と見に行ってきました

じゅうどう①

初めて訪れたアホイ

じゅうどう②

会場内は超満員ほとんどが、近隣諸国から見に来ました!って感じ。どこの席からも結構見やすかったんじゃないかな?

さて、柔道。私の人生でこのスポーツとは全く縁もなく、興味もなく・・
もちろん、柔道の試合なんて見に来たのは初めて。
せっかくロッテルダムに住んでいる時に世界選手権が行われるんだから、日本を応援しに行くのもありかぁ~ぐらいのテンション。旦那が行きたがらなければ、行かなかったかな?そして、友人家族が誘ってくれなかったら行かなかった。

でも、国際試合ともなるとやはり違うんだね!
日本の選手が出てきたとき以外でも、試合を見ていてとても面白かった

それに、各国の応援もオモロカッタ

○○チャチャチャ♪○○チャチャチャ♪(←オランダ人の応援)
日本のバレーボールと同じ応援の仕方だったちょっと、笑えた

ドイツ人の応援も凄まじく激しかった!!それに、フランス人も激しかった。

要するに、外人はスポーツを応援する時は凄まじいということがよーーーくわかったんです
日本で柔道の試合は見たことないけど、日本だったらこの雰囲気じゃ絶対ないんだろうなぁーって思って。
応援の激しさもそうだけど、使われている音楽とか、休憩時間のパフォーマンスとかも、柔道というよりK1とかのイメージに近い

じゅうどう③

いっちゃんも、初めてのスポーツ観戦!みんなの迫力にびびって固まっていた・・。


日本勢はこの日、敗者復活からの銅メダルが2人(穴井選手・塚田選手)と少し残念な結果に終わったけど、とても楽しく観戦できた

じゅうどう④

お土産屋さんで、つい買ってしまった
柔道着のぞうさん。カワイイでしょ


スポンサーサイト

ロザリウム

ハーグのウエストブルック公園内にあるバラ園。バラの見ごろは6~9月と書かれていて。。。
行ってみることにした

ロザリウム③

300種類2万本のバラが集められているとか!

バラ、バラ、バラ~の風景を想像しながら行ったのだけど・・・

ロザリウム①

ロザリウム②

暑い日が続き過ぎたせいでしょうか・・・。
バラの見ごろはとっくに終わっており、全体の3分の1ぐらいしかバラが咲いていません

それでも、頑張ってまだ咲いてくれているバラが

ロザリウム④

ロザリウム⑤

美しい

ロザリウム⑥

ロザリウム⑦

たくさんの種類があるため、バラっぽくないバラも多数あり。
ここのバラ園は、品評会で認められた名花ばかりなんだとか!

ロザリウム⑧

いっちゃんは、持ってきたアンパンマンのバケツに花弁を拾って、一生懸命集めてました


この公園にあったブランコが、幼児でも乗りやすいようなブランコだったので、いっちゃんを乗せることに

ロザリウム⑨

ダメだった大泣き。
何故かブランコ嫌いなのよね~。




ドイツのソーセージの食べ方?

ドイツの町へ遊びに行くと、イベントをやっていればもちろん!普通に人通りの多い道沿いによくスタンドがあり販売しているのが、、、


ソーセージ(sausage)

sausage1.jpg
こんなソーセージとか・・

sausage2.jpg
こんなソーセージ(肉?)とか・・。

パンに挟まっているけど、ホットドックじゃないよ!


日本だと、ソーセージを食べようと思うと棒に刺さっているよね?
フランクフルトやアメリカンドック的な感じ。

ドイツだと、ソーセージを買う時にパンもついている(パンに挟まっている)ことが多いけど、これはホットドック的な意味合いではなくて、ソーセージを食べるのに直にソーセージだと手が汚れるので、手を汚さずにパンで挟むことで手でつかむ場所を作る的な意味合いが強いように思う。

写真のパン↑はそこそこサイズがあるものだけど、たまにビックリするくらいの小ささ、ソーセージの5分の1くらいの?小さいパンの時(本当に手を持つスペースのみ)の時があるから。


パンは本当に、オマケのおまけ
(タブン・・)



Soest(ゾースト)

日帰りでドイツ方面へ

中世の趣が残っている街ということで、ゾーストに遊びに行った。

ゾースト①

ゾースト②

ゾースト③

いかにもドイツらしい木枠のあるかわいらしいお家が街の至る所に点在してます!
古ーい家だけでなく、比較的新しいお家もこのタイプのお家があり・・。街の景観損ねないようにしてるんだね!
素敵な街並み

ゾースト④

水鳥のお家も木枠のペイントが施されています。かわいい


偶然にも、この日はお祭りの日だった
街中に中世の仮装をした人がたくさーーん!!

中世祭り(勝手にネーミング

ゾースト⑤

お祭りと言えば屋台!!
日本とこれは変わらないねぇ~。藁の土台&木造屋台が街の中に溢れかえってました

ゾースト⑥

ソーセージなどをグリルするお店もたくさんありました。どこで食べようかぁ~って長時間ウロウロする私たち
結局、3種類ぐらい別のお店のものを食べることにして・・。もっと食べたかったけど、お腹がね!

ゾースト⑦

もちろん、食べ物以外を販売するお店もありました!
アクセサリー、おもちゃ、洋服、インテリア等々。。。

共通しているのは・・中世

見ている分には楽しいけど、実用性ゼロって感じ。
買って帰ったら、即がらくたになりそうです。。。


ゾースト⑧

そして、この祭りのメインイベントのパレードが行われるというので、沿道に並んで待ちます

先導車が見えて来て・・・

ゾースト⑨

中世の装いを身につけたパレード隊が行進します!

ゾースト⑩

パレード隊が来ると、沿道にいた人々は道になだれ込み、パレード隊と観客がぐちゃぐちゃになってきて
お行儀が悪すぎるーーー!
日本じゃ考えられんよ。。。

パレード隊も、中世の衣装かどうか微妙な方がちらほらいます・・。

ロード・オブ・ザ・リングに出てくるエキストラの人みたい。。。


街歩き&お祭りを楽しんだ後は、城壁沿いにある遊歩道を散歩しました。
ゾースト⑪

旧市街地は城壁で囲まれており、今でも3分の2の城壁が残っているんです!

ゾースト⑫

そして、この遊歩道沿いにもテントが多く張られ・・・

ゾースト⑬

ゾースト⑭

ゾースト⑮

様々なパフォーマンス(中世の暮らしの再現)が繰り広げられていました


街の人総出で祭りを盛り上げてますという感じ。


思い描いていた、静かな街を散策ではなかったけど、プチ・タイムトリップとても楽しめました


我が家の窓から

キッチンから外を眺めると、きれいな夕焼けが見えた

夕焼け

オランダの空は広いよ



ユーロスコープ

良いお天気が続いてます。

ユーロマスト①

ロッテルダムの一番有名なシンボル!?ユーロマストに再び行くことに

ユーロマスト②

展望台からロッテルダムの景色を眺める
改めて眺めると、ロッテルダムの景色も素敵だなぁ~



さてさて、今回はあれに乗るために来ました・・。

あれとは・・・?

前回ユーロマストへ来た際に乗りそびれたユーロスコープ!!
前にもお話ししましたが、このユーロマストの展望台からさらに特殊なエレベーター?に乗って、てっぺんに登れます
この乗り物こそが、ユーロスコープ!
側面ガラス張り32人乗りで、支柱の周りをくるくる回り風景を楽しみながら、てっぺんまで行き、くるくる回りながら展望台に下がってくる。。。
快晴日には、40キロ先まで見渡すことができるとか!

前回は強風とベビーカーが邪魔で乗れなかった

順番待ちの列に並び、いざ!!
ユーロマスト③

くるくる回りながら上昇していきますいっちゃんも、周りの風景を眺めながら緊張している様子。。。

ユーロマスト④

足元にも覘き窓があります。覘くとさすがに怖いです

上空からの風景を堪能しました


ユーロマストの下に戻ると、夏休みのイベントかな

ユーロマスト⑤

ラクダがいた!

ユーロマスト⑥

そして、なぜか!?青鬼が二人(青い海水パンツ&全身青いペイントの二人組)いました


とりあえず、無事にユーロスコープ楽しめて良かったデス


シンゲルの花市

お友達とアムステルダムの街を散策

シンゲルの花市に行ってみた
行くのは、私もはじめて。
シンゲル運河沿いに毎日花市場が開催されています。船が花屋になっていて(船上店舗!)、運河沿いに何軒も連なります。

シンゲル?

シンゲル?

ガイドブックによると、非常に豊富な種や切り花が販売されている・・ってことでしたが既に花の時期が終わっているため、花の販売がほとんどありません・・。
花市というより、球根&種市みたいな感じ

シンゲル?
球根の種類が豊富!

シンゲル?

なんか、買ってもどれがどの花の球根か分からなくなっちゃいそうです

シンゲル?

チューリップ球根100個入り6ユーロ安い!!
けど・・・100個もいらないかも

チューリップの球根は6月から1月の期間に販売されているんだとか。

17世紀のオランダの富を築いたものの一つである、チューリップ。
昔はチューリップの球根一つで家が一軒買えるくらい高価だったんだとか!

そして人気の種類に至っては、球根一つが当時のオランダ人の平均年収の8倍の価格で取引されたりしたんだって!!
すごいよね~。


他には・・
シンゲル

大麻のスターターキットも売られています・・・。日本では違法ですが、オランダでは違法ではありません。。。

スターターキットは、他にもなものがあって、盆栽スターターキットとか。盆栽は日本ではそんなにすぐ育てられないってイメージが
食虫植物のスターターセットも、んー・・・て感じかな。

この通りは花屋さんが連なっているだけでなく、花屋の向かいの建物下にはお土産屋さんがたくさん連なっていました。
いろいろなお土産屋さんもあり、お土産屋さん巡りだけでも楽しめそうな通りでした。


その後、ゴッホ美術館に行った
ゴッホ美術館

日本語のオーディオガイドを借りて館内を回ります
ゴッホの作品が滞在都市と年号別に並べてあって、とても見やすかった
この時代は暗い感じの絵を描いているんで、暗い精神状態だったんだな・・とか、この時代は明るい絵を描いているなとか、並べられると変化が分かってなかなかおもしろかったデス



Lamsoren

前に旦那さんが飲み会から帰ってきた時の話。。。

今日、すごく美味しい野菜を食べたんだよー。

うちの旦那さんはあまり野菜が好きではない。その旦那が、野菜が美味しかったっていうなんて!!
いったいどんな野菜

なんでも、アムスの日本料理店で食べたのだが、そのお店の人はその野菜を「浜菖蒲」と言っていたとのこと。ただ、日本にはない野菜なので、この日本語はオランダの日本人でのみ使われているもの・・。
ゼーランドの地域に自生するもので、マーケットに行くと売られていることがあると聞き、ずーーーっと探していたの。でも、売られておらず、諦めかけていた・・。

見つけたぁーーー

はましょうぶ①

オランダ名は「Lamsoren」。カルフールで見つけた!
ベルギーじゃんって思わないで下さい。パッケージに書かれた出荷元は・・

Yerseke(イーセケ)←オランダ

イーセケと言うと、ムール貝

このLamsorenは魚介類(特にムール貝)の付け合わせに最高なんだとか
実際カルフールでは、野菜コーナーでなく魚介類のコーナーに置かれていた。

はましょうぶ②

見た目は、ローリエの葉をさらに肉厚にしたような感じかな
「浜菖蒲」というのは、花が菖蒲の花同様に紫色なことと、浜に自生することから来たもの。。。

生でも食べれます

生で食べて塩味(特に茎の部分!)
見た目とは違う味に、確かに驚きます

初めてルッコラを食べた時に、ゴマの味がする!!!って驚いたけど、それに似た驚きが!!

もともと塩味なので、胡椒とニンニクのみのシンプルな味付で食べてみた


オイシィィ~~~~~


旦那さんが、びっくりしたのも分かる気がする・・・。

旦那曰く・・

お店の味付けの方が美味しかったなぁー。(オイオイ


Hoboken (ホーボーケン)

ベルイユ城の帰り、時間が早かったので、以前から寄ろうと思っていたところに寄ることに

カルフールスーパーです。

オランダのスーパーは品揃えがどこいっても一緒なので、早くも少し飽きてきてしまっていて
ベルギー方面に行った時に、スーパーで買い出しもしようと思っていたのであります。。。

アントワープ近郊のカルフールは3店舗。いつでも寄れるように住所は調べてあったの。

1つはホーボーケンにあり、ここに行くことに

ホーボーケン①

ホーボーケンのカルフールのすぐ近くにあったもの。
フランダースの犬「ネロとパトラッシュの像」!
一応、ガイドブックにも載っているものですが、正直かなりショボイです
後ろから見ると背中が丸まっていて、おじいさんみたい
なんでも、「フランダースの犬」のネロはこのホーボーケンの村に住んでいた設定になっているとか。。。
この村からルーベンスの絵をみるために、ノートルダム大聖堂に向かったんだね。

ホーボーケン②
kapelstraat 3 ,2660 Hoboken
(ネロとパトラッシュの像の所在地)

ちなみに、カルフールもショボかった
旦那がここじゃ嫌だと言い張り、別のカルフールに移動

カルフール

とりあえず、どんなもんかなー??

ぐらいのテンションで寄ったんですが・・・。
品揃えが豊富で


缶入りリーフティーにお菓子にビールに・・買いたいものがどんどん出て来て。

結局、たくさん買っちゃった

あぁー、クーラーボックス持ってくれば良かったー


買い出しに満足し、これからベルギー方面に行く時はカルフールに寄ろうと決めた私たち

ベルイユ城

夏が終わる前に田舎の村とか行ってみたいねということになって。

朝からベルギー方面に出かけることに

向かったのは、適当に決めたオブシー村

オブシー

本当に小さな村です田舎よ!
この村には、保存地区みたく昔の村ごと保存されている場所があって、有料で入るように囲いで覆われています。


・・・・・お休み・・・


観光スポットが休日に休んでどーすんだ

たぶん夏休みっぽい。。。さすがに普段から週末休みはあり得ないでしょ

この村はちいさな村なので、ここぐらいしか見るとこなし片道2時間半かけて来て、何も見ないで帰るなんて・・・。

ありえへん・・・



ということで、近くにあるベルイユの町に行くことに

ベルイユ①

ベルイユ②

花がキレイに飾られてました!
この町のメインスポット・ベルイユ城に向かいます。

ベルイユ③

このお城は、ベルギーの南部で一番大きいとか。。。

ベルイユ④

ベルイユ⑤

オーディオガイドを聞きながら城内をまわります。
調度品は古いながらも高級そう。でも、内壁が豪華な壁紙でなく、白いペイントの部屋がほとんど。
それだからか、質素な感じがしました

ベルイユ⑥

この城も広大なお庭があったけど、誰も散歩する人おらず
観光客を乗せて走るはずのミニバスが、なんだかさびしげ。すごく乗りたかったけど、運転手さんもどこにもいないし

ベルイユ⑦

歩いて庭を散歩しました貸切デス。
広すぎて、全部は歩けないけどね

ベルイユ⑧
城の敷地

庭がすごーく広いのわかる





ピザ味のゴーダチーズ

こないだゴーダのチーズ市で購入したもの・・もちろん、チーズ!!
マーケットにあったチーズ屋さんで購入しました。

味がいろいろあって、ずいぶん悩んだ。。。
クミン、ペッパー、マスタード、トウガラシ・・・

ゴーダチーズ
ピザ味

結局いろいろあって手にしたピザ味!

ピザ味ってどんなんだろうね

食べてみた


おぉー!普通にオイシイほんとうに、ピザの味
チーズ食べてるというか、ピザ食べてるみたい!!


今度は他の味を試したいなぁ~



===

ピザ味のチーズを購入した、ゴーダのチーズ市の日記はこちら♪

チーズ市へ行く

オランダでは夏の間のみ開催されるチーズ市。
一番家から近くで開催されるゴーダのチーズ市をお友達と見に行くことに
前から行ってみたかったんだよね!

ゴーダ①

マルクト広場には、大勢の人が集まり賑わっていた

ゴーダ③

楕円形の大きなゴーダチーズが並べられ、取引を行ってます。
観光客向けに再現しているだけかな・・と思っていたけど、本当に取引もしているみたいな気も?
この日はとーっても暑くてチーズ販売人の長袖が暑そう

ゴーダ②

チーズの試食にまわっていたお姉さん!
衣装が雰囲気盛り上げてくれるよね

ゴーダ④

チーズ市の周りには、マーケットも開催されていた
チーズ屋さんもたくさーんある

ゴーダ⑤

チーズ作りの実演コーナーとかもあったよ。

ゴーダ⑥

マーケットを一通り見た後で、こないだは空いていなかったチーズ軽量所に入ってみることに・・

ゴーダ⑦

入ってすぐに、昔チーズを計量していた大きな天秤が!!

ゴーダ⑧

有料で、体重を計ってくれるのよ。。。

ゴーダ⑨

量るとキロでした・・みたく証明書を発行してもらえて・・。
証明書を手にしたおばさんはとっても嬉しそう
旅の記念に証明書は欲しいけど、皆の面前で体重を計られるのはチョットねぇ


計量所を出て、街を歩く

ゴーダ⑩

走っていた観光馬車の屋根にはゴーダチーズ(模型)がのせられていた!!

ゴーダ⑪

  ゴーダ⑫

教会の裏側に行くと、閑静な感じで素敵だった

こないだ来た時は、通らなかったな~。こんな静かな感じなところあったんだ~。
とか、こないだと違った風景を目にできるのも嬉しい


チーズ市と街歩き楽しかった
オランダに来たばかりの時に、スーパーのチーズの量に、オランダってチーズがたくさんあるって驚いたけど、今は見慣れてきてなんも感じなくなっていた・・

チーズチーズチーズの様子を見て、その時感じた「オランダはチーズの国!」を再び感じさせられました



フレッシュミントティー

最近カフェでちょくちょく頼むようになった飲み物

ミントティー
フレッシュミントティー

お湯に生のミントが、これでもか!!って具合に大量に投入されてます。
たまに、置いてないお店もあるけど、こちらのカフェならよくあるメニュー

口の中がさっぱりするし、健康的な気もする・・。

日本にいた時も、たまに庭のミントでこれを作って飲んでいたけど、ミントの入れる量が少なかった。
こっちのミントティー見て、こんなに大量に入れていいんだ!って。


あと、小腹が空いた時頼むのが・・・

ビタボーレン
ビタボーレン

表面がカリっと揚がっていてオイシイ!苦玉って意味だけど、苦さはまんまり感じない。
マスタードをつけて食べるんだけど、これがまたイイんだよ!

MUSEON

近場で夏休みに子供連れて行けそうなところ・・・ってことで、ハーグにあるムゼオンに行ってきた

ムゼオンは博物館だけど、体験型博物館
なんか、子供向きっぽい感じがして。。。

ムゼオン①

入り口でバーコードを渡され、このバーコードにパーソナル情報を入力して館内を回ります。
後で、ネットで自分の遊んだ結果!?を調べることができるらしい・・・。

ムゼオン②

1階は小さなブースがいっぱいあり、バーコードを読み取らせて遊ぶコーナー。

遊び方がよくわからない・・・

文字は英語選択できるものもあるけど、音声案内はオランダ語だし

それに、やってみても、

えっ・・これだけー??

っていう大したことない遊び(仕掛け)だったり・・

正直大人だけで来たら、楽しめないところと思われる・・

うちらはちびっこ連れだけど、いっちゃんはちょっと小さすぎかな・・。もう少し大きな子供向けです。

ムゼオン③

ムゼオン④

2階は歴史(民族)博物館?っぽい感じで、いろいろな展示がメインになり、いっちゃんもこっちの方が楽しかったみたい

特に動物の模型がたくさんあるブースでは喜んだ

ムゼオン⑤

シーラカンス見て、「さかな!さかな!」

アンモナイト見て、「ママ!でんでんむし!」

マンモス見て、「ぞうさんよ!」

いっちゃんなりに、楽しんでいた
それにしても、子供の視点はおもしろい

ムゼオン⑥
ムゼオン⑦


いっちゃんが、楽しめる仕掛けはまだ少なかったけど、大人だとおもしろくない単純な仕掛けも楽しかったみたい!




夏のバーベキュー

週末の夜、お友達のお庭で集まってバーベキュー大会

ばべきゅ①
夜って言っても、もちろん明るいよ

我が家はローハウスって言っても、オランダでは珍しい庭ナシのローハウス。。。
庭の草むしりがなくって楽だけど、それでもちょっと憧れのお庭ご飯。
お庭でバーベキューって素敵よね

食材をただ切って焼くだけーで準備は楽ちんだし、みんなでワイワイ準備したりしながら食べる食事はオイシイしね~。


ばべきゅ②
いっちゃんは、広いお庭で走る走る~

お友達のお家のお庭は、かるーく公園レベルの広さがあるお庭なので、子供達は大喜びで走り回っていました。
今回の参加者は単身者など子供のいない方が多くて子供がいっちゃんともう一人しかいなかったんだけど、そのもう一人の子がほぼ同い年の女の子だったから、大人がビールを楽しんでいる間にいっちゃんもお友達と一緒に遊んで楽しむことができて良かったです
そのうち、酔っぱらったオジサンも一人走り回っていたけど(笑)


素敵なバーベキュー会に招待してくれたお友達に感謝

夏限定のお庭のバーベキュー、
ばべきゅ③
楽しかったよ~




プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きはじめたところ。。。

現在、ティニエツ編を書いてマス~☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1