最初で最後!?

先日、ようやく登録を済ませたコンサルターティビューロ(乳幼児の検診や予防接種をするところ)。
前に預けた日本の母子手帳も、無事ポストに返却されていたよかったよかった!
そして、注射の案内も一緒についており、指定された日時に行くことに。

コンサルターティビューロ
入口から見ると、ただのマンションに見えるよね。

我が家から、徒歩4、5分。今までマンションだと思っていたところだった!
この辺りでは、本部にあたるところらしく、いろいろな福祉関係の施設が入ってます。。。
入口入ると吹き抜けの空間があり、そこがカフェになっていて食事を取っている数組の人が・・。
老人ホームも施設内にあるから、そこに面会に来た人と老人が食事をとりながら会話を楽しんでいる感じかな?

我が家の徒歩圏内に食事をとれるところを、ショッピングセンター内にあるファーストフードしか知らなかったので、こんなに近くにもう一つあった!ってちょっぴし嬉しくなり、そのうち食べに来ようと思ったの。

でも、ただでさえ美味しくないオランダの食事。。。ましてや、病院食堂のココって・・・。
なんか、えらく美味しくなさそうな気がしてきた・・・。

やっぱ、食べに来ないな


奥にある、コンサルターティビューロのお部屋に行き、身長や体重を計った後、面談。。。
私が登録してなかったばっかりに、2歳検診と2歳半検診は受けていなかったから。

いっちゃんには、いくつかパズルが与えられ・・・。
なんなく、こなしていくいっちゃん!幼稚園でよくやっているからね。

担当者 「よくできてる!パズル得意なのね~。」

その後担当者が、積み木を繋げて&積み上げて汽車を作って、後ろから指で押していっちゃんの目の前を走らせる・・・そして、目の前で全て崩して、

「さぁ、私が今やったのと同じことをやってみて!」(英語で・・)

英語で言ってること分かるわけないだろー&出来るわけないよーっと思ったけど、なんと、いっちゃんは言われて即座に担当者が作ったのと同じように積み木を繋げ、また積み上げて汽車を作る
そして、同じように指で押して走らせた!

「1回で出来るなんて、すごいわ!」

うん。私もビックリした・・・。


そして、注射をすることに~
我が家は日本にいた時にかなり注射を早くから受けまくっていたため、残された注射のチケットは3枚のみ。
今日はどれ受けんだろう・・って思っていると、注射管理カードの3か所に今日の日時のハンコを押していて・・

「えっ!?3つとも今日注射するんですか?」
「そうだけど」
「3つもいっぺんに注射して大丈夫なんですか?」
「は??この娘、病気なの?」
「いいえ・・。・・・・・(そういう意味じゃなくて・・・

日本じゃ、1つ注射しては1か月期間を空けて・・って当たり前だったから。オランダはそうじゃないらしい。
ということで、3本一気にうたれる。
2本目までは久しぶり過ぎて忘れていたのか、???って感じにしていたけど、3本目で泣いた!
残りすべての注射をこの日にうったので、これが最初で最後の乳幼児用予防接種となったのだった。。。


スポンサーサイト

激ウマ!サーモンのパニーニ

オランダの食べ物って訳ではないけど・・。
ロッテルダムで食べられる、超美味しいB級グルメ・サーモンパニーニ

もう美味しくってオイシクッテ、お友達と約束していない一人お出かけでBeurs付近へ行く時は、ほぼ必ずこのサーモンパニーニを購入し、付近のベンチに座ってムシャムシャほおばっちゃう。

メトロのBeurus駅を出たところすぐ、VVV(観光案内所)のすぐ目の前にあるイタリアンのスタンドで売られている。

イタリアンのこのスタンドでは、ピザやフォカッチャなど軽食系が売られていてる。
いろいろ試したけど、圧倒的にサーモンパニーニが激ウマ

他もオイシイんだけど、サーモンパニーニがずば抜けてオイシイってこと。

サーモンパニーニ
サーモンのパニーニ

見た目がおいしくなさそうな画像でスマン。

このイケテない見た目を裏切るオドロキの美味しさ


ロッテルダムにお住まいの方、

もちろん遊びに来られる方も、


ぜひぜひ、激ウマのサーモンパニーニをご賞味あれ!


ディズニーランド

プロヴァンのホテルをチェックアウト後、向かったのはディズニーランド・パリ
行くのは初めて。
日本にいた時は、なんだかんだ毎年最低1回は東京ディズニーに行ってました・・。ディズニーキャラクター好きではないけれど、ディズニーリゾートは結構好き
今回行くのも、もとから行きたくてたまらなかったというよりか、そこに山があるから・・・に似てる感覚かな!?

ディズニー①
到着

ディズニー②
パーク内はまぁ、東京ディズニーに似ています。。。
我が家はチビ連れなので、ファンタジーランドを中心にアトラクションを楽しみました

ディズニー③
丁度、夏休みとクリスマスの間の混雑のない期間だったので、待ち時間は15分くらいの乗りものが多かったです。
いっちゃんも、なんだかよく分からなかったとは思うけど、周りを見渡しながらいい子に順番待ちしていたよ!

でも、さすがにファストパスのある乗り物(人気の乗り物)は45分待ちとかだったりしたので、2つほど(ピーターパンとスペースマウンテン)ファストパスを利用しました!

ディズニー④

ちなみに、ハロウィンにちなんだ装飾がたくさんあったよ。

ディズニー5

パレードも、もちろんハロウィン

ディズニー⑥

ディズニー⑦

東京ディズニーと違って、場所取りは開始10分前で最前列確保できます(笑)。
夜のパレードがなかったので、物足りないな・・。やっぱり、ディズニーは電飾キラキラのパレードが一番いいもんね。




感想としては、アトラクションは良かったけど、パレード&食べ物がイマイチだったかな。。。東京の方が数段上・・・。
もちろん、楽しめることは楽しめるけどね~


パリのお城は、眠れる森の美女の城
ディズニー⑧
夜だから、ちょっと暗いね


東京のシンデレラ城も素敵だけど、こちらもピンク色で可愛らしいお城だったよ

続きを読む

Provins(プロヴァン)

先週末、旦那さんが有給休暇を取得
そして、朝から遠出!えっちらおっちら向かったのが、パリ南東90kmにある中世都市プロヴァン (Provins)という街。
名前が似ているけど、同じくフランスにある南仏プロヴァンスとは全く関係ありません。。。

プロヴァン①

プロヴァン②

城壁に囲まれた旧市街地は、ほとんどが12、13世紀の建物で旧市街地全体が2001年世界遺産に登録されています
可愛らしい雰囲気のある街並みを散策
観光っていうより、街歩きだけで楽しめる♪
わたしは、華やかな街よりこういった田舎町が好き

プロヴァン③
旧市街地を見下ろせる、町のシンボル・セザール塔。入ります!

プロヴァン (Provins)

プロヴァン④

プロヴァン⑤
セザール塔からの眺め

街並みも良いけど、紅葉がとてもキレイ
この街に来るまでの道でも、両側に赤や黄色に色づいた木々が立ち並ぶ景色が広がり、それはそれはキレイでした

塔を降りた後、街を散策しながら城壁の外へ出て、城壁沿いの散歩道を散策することに!

プロヴァン⑥

プロヴァン⑦

のどかだな~。

プロヴァン⑧
落ち葉がいっぱい!いっちゃんもウチワみたく大きな落ち葉を見つけて拾いました!

旧市街地に戻って再び散策♪

この町は薔薇の生産でも有名とかで、薔薇製品を扱うお土産屋さん等もあり、少しお土産を買ったよ。

この町はパリからも近くて、中世らしさをとどめているのでオススメ。



さて。今日は旧市街地にある静かなプチホテル
オー・ヴュー・ランパールに宿泊。
ホテルのレストランで夕食をいただくことに~。

ちなみに、この日は私達の5回目の結婚記念日

プロヴァン⑨

プロヴァン⑩

プロヴァン⑪

プロヴァン⑫

スープもえびも鴨もめちゃんこ美味しかったです

デ、デザートが・・柿!

柿ってフランスで採れるイメージがないけど・・。柿にラベンダーオイルがかかってます。
想像してみて下さい・・・。ラベンダーの香りのさらし柿を・・・

・・・・・私にはちょっと理解できない味


プロヴァン⑬
そうそう、ホテルのオリジナルワインもしっかり頂きました!


明日から、結婚6年目。
これからもヨロシク。

懐かしい!?お酒

スーパーのお酒コーナーでうろうろと商品を眺めていると、こんなお酒が・・・

ホッピー

ホッピー(コーラ割)おそらく・・・。
他の読み方が思いつかん。。。

日本ではホッピーはビールより全然安いイメージですが、オランダではビールは激安!!
ということで、こちらのホッピーのほうがビールより高かったです

とりあえず、買ってみた・・・。

そして・・・飲んでみた・・。味、ふつう。かな?

ビールの方が安いし、いいかな~


秋の味覚

秋というか冬の気配も感じはじめているオランダですが、今日は暖かかったです
そして、今日はお友達から栗をもらっちゃったぁ~
マーケットで買ったらしい。。。さっそく栗を温め、皮を剥いて・・・(しかも皮剥くの手伝ってもらっちゃった

栗ご飯
栗ご飯よー

オランダで栗ご飯が食べれるなんて!!!とっても嬉しい

こちらに来た最初の頃はマーケットに足繁く通っていましたが、最近面倒になってしまい、近所のショッピングセンターでのみ食材を購入していたため、栗なんてもんが売られていることすら知らなかったです。。。
やっぱり、ちょくちょく探索しないとダメね


オランダの栗も、日本と同じく美味しかったよ


とおせんぼ

車道と歩行者専用道の間にある自転車専用道。オランダは自転車が盛んで、自転車専用道はほぼどこでもあります!

歩道を歩いていると、自転車道をとおせんぼしている方が・・・

白鳥①
こちら・・白鳥さん。ここは池じゃないよ!危ないよ!!

堂々と真ん中に、ずっしりと座りこんじゃっています

自転車が来たらどうすんだろう

白鳥②

いっちゃんと一緒にしばらく見ていた・・。
でも、こういう時に限って全く自転車が来ない

寒いから、結局帰っちゃった。。。

どうなったのかしら?


初めての国立ミュージアム

とうとう、行きました国立ミュージアム
行かなきゃ~行かなきゃ~って思いながらも、なかなか行けず・・。月日が流れてしまいました。。。

ミュージアム
↑なんだか、よく分からない写真となってしまいましたが・・こちらが、国立ミュージアムの入口。

ここには、「門外不出の名作」といわれる、レンブラントの「夜警」があります!もち、見ましたよん!絵が大きかったぁ~(内容でなくスマン

こちらの駐在員の奥様方で絵を画かれる方が結構いらっしゃいますが、なんだか気持がわかる気もする。。。名画をたくさん見ると、刺激を受けるというか興味を持つようになる・・。
私もチビスケがおらんかったら、習ったかもデス・・。
ガイドブックを購入し、読みながら歩いたのですが、素晴らしい絵をたくさん見れて、個人的にとても満足しました

また、見に来るべ。。。



ミュージアムを出て、近くにあったブランドショップのある通りを歩く。
もちろん、買いません・・。見てるだけー
ヘンケルスのショップに入ったところで、いっちゃんがグズリだして・・。泣き叫んでいたらお店の人が、「プレゼントよ!これあげるから、泣きやんで~!」て差し出されたもの・・

はさみ
子供用ハサミ


ゲッツ(おそらく、死語・・・)


タダでヘンケルスのはさみを貰ってしまったぁーちゃんと、子供が使って危なくないような作りとなっています!
チョコやキャンディーを貰うことはよくあるけど・・。わーい!
こんなん貰ったから、何か買い物しますかーなんて気を使わず、もらうだけで外へ出マス!


やったぜベイビー(これまた、死語・・・)


もうけた、もうけた


缶詰を食べて思い出す

こないだのポルトガル旅行で買ってきた缶詰を食べてみたよ

オランダだって、たくさん缶詰を買えるのになぜ

って、思うかもだけど、
缶詰屋さん
こーんな感じで、

とても雰囲気のある缶詰屋さんがあったら、入って買いたくなるでしょ


お土産って、楽しかった旅行を思い出させてくれて、いいよね~


保健所にやっと登録

健康診断や予防注射。日本だと自分で病院に行ったり、集団接種の日を調べてアポなしで行ったりしてたけど、オランダは子供センターみたいなところに登録して、個別にアポ取ってなんだけど・・。
オランダに来たばかりの時に、予防接種の接種記録(英語)を送付し、その後受けていない予防接種のクーポンが送られてきたので、登録は一応済んでいるんだな・・って思ってた。。。

クーポン
こんなの。クーポン。

保健婦さんから連絡があって、一度家に来るって聞いてたんだけど、なかなか連絡来なくて・・。
オランダって日本と違って、何でも時間がかかるから~。まぁ、しょーがないや~。

そのうち、すっかり忘れてしまった

最近オランダに来たばかりの子と話していた時に、保健婦さんが家に来た話が出て、そのまま放置していたことを思い出した。
やばーーーい(忘れてた・・・)
どうやらクーポンが来ているだけじゃダメで、クーポンに書かれた連絡先に電話をして、最初のアポを取らないといけないらしい・・。
慌てて、連絡を取ることに!
まぁ、オランダって何でも時間がかかる・・・。日本の迅速なサービスに慣れていた最初の頃は、なんて不便な国なんだって思っていたけど、最近はそれにも慣れてきたし。
正式な登録が時間かかってもしょうがないや・・というか、既に渡蘭して9カ月経っているし・・
電話して、その旨を伝えると・・、

「わかりました。明日の朝8時半に伺います!」

「・・・・・!!!(オイオイいくらなんでも急すぎじゃねー?)」

大急ぎで掃除して、朝の8時半までに化粧済ませて子供にご飯食べさせて・・って、こっちは大忙しじゃないか
でもかなり渡蘭して時間が経ってしまっているし、アポがなかなかスムーズに取れず2、3カ月経過するよりマシかも・・

てなことで、翌日。。。
一応、いくつかの質問などを受け、日本の母子手帳を預けて無事終了した!

めでたしめでたし



かどうかはまだ不明
預けた母子手帳が無事に返却されるかどうか・・・失くされたら・・キャー(←かなりあり得る)

ムール貝のフライ

街をふらふらしていたら、ムール貝を見かけて。
そうそう、貝の美味しいシーズンに入っているっけ・・。マーケットとかでは、魚の揚げ物とかよく売っています。揚げ物美味しいよね!でも、冷めてたら美味しくないんだよなぁ~なんて、思いながら見ていたら丁度揚げたてが出てきた!!

ムール貝フライ

反射的に購入

ムール貝のフライ。カレー粉と塩を混ぜたようなものが、ふりかかってます。
普通においしい~。激旨ではないけど。衣がイケル。
オランダ来てから何度かイカリングフライの冷凍食品買ってます(けっこう気に入っている)!個人的にはオランダの衣がいけるな~って思う。ほんのーり甘くてね


おすそわけ

我が家の左隣はトルコ人さん。
どうぞ!っておすそわけされたもの・・

おすそわけ

ケーキ・・

カステラみたく切り分ければ、6切れほどあります・・
ゴムのような砂糖でコーティングされております。
そーいえば、女王の日にも右隣のオランダ人が激甘ケーキくれたっけ・・。

嬉しいけど・・嬉しくない~

うーん。オランダってケーキ買ったらあげる習慣あるのかな?
自分家で食べれる分だけ買おうよって思っちゃうんだけど。

日本とオランダ違いはいろいろあるんだよな~。でも、これがオランダではこうなのか、たまたまの出来事なのか判別がまだ私にはできなかったりして

昨日バスに乗ってたら、あれ?こんなとこでいつも曲がったっけ??ってところで曲がった・・。
その路線は何度か乗っているため、なんとなく道も知っていて。
しばらくすると、バスが向きを変えようとしだして・・、でも道が狭くてなかなか切り返しができず、一番後部座席に座っている人に指示してもらいながら、なんとか切り返して向きを変え、もと来た道に戻って行った

あ・・やっぱ道を間違えたんだ・・。

周りに乗っていた人も涼しい顔していて、バスが道を間違えるって普通なのかしら・・って思ったけど、たまたまなのか、よくあることなのか、これまた私には分からないことだった。

日本じゃ絶対にあり得ないことだけど


ポルトガルのお土産を買っちゃった!!

夏休みのポルトガル旅行番外・お土産編。

さて、楽しかったポルトガル旅行。一応旅の記念に!とお土産を2つ購入しました。
一つ目は・・

エプロン①
いっちゃんのエプロン!

一目惚れなんて可愛いらしいんでしょう~
この黒い鶏さんは「バルセロスの雄鶏」とかいうのだけど、ポルトガルのシンボル的存在で、たくさんのお土産が売られていたんです。
エプロンの色はいろんな色があって迷いましたが、即買いしちゃいました!本当は私の分とお揃いで買いたかったんだけど、このデザインは子供用しかなかった・・。3,4歳の子に丁度いいサイズかな?
3,4歳でエプロンしてお料理するなんてことは、たぶんないかも・・。箪笥の肥やしとなることほぼ間違いなし(笑)。でも、いいの!


そして、二つ目に買ったもの・・

カタプラーナ鍋
カタプラーナ鍋!!

ポルトガルの名物料理、カタプラーナ(Cataplana)を作る時に使うお鍋

世界ウルルン滞在記(ポルトガル編)でこの鍋を見た時から、ポルトガルに行ったら絶対!絶対買ったる!!!と心に決めていた代物です!
銅製の円盤を2個くっつけたようなこの形のお鍋。銅製のため熱伝導率が高く、魚介類・肉類・野菜と何でもぶちこんでしまうと、短時間で素材のうま味そのまま、ふっくら美味しーく蒸せてしまう


魔法のお鍋


ズボラな私のために存在しているようなこのお鍋!
ウルルンによると、今ではこの鍋を作れる職人がポルトガルに3人しかいないのだとか。
圧力鍋も持っていない私は、この鍋を買おうと思って、

鍋はどこだぁ~??

と街をふらつきながらずーと思っておりました。。。
でも荷物になるので見つけても買わず、買うのは最終滞在地のリスボンでと考え、実際リスボンで購入したんだけど、リスボンが一番値段が高かった・・
でも、いいの!買えたんだもん!
これからオランダも寒い冬がやって来るので、このカタプラーナ鍋が活躍すること間違いなし!?

使うの楽しみ~


ビッファーナBifanaでリスボン最後の食事♪

夏休みのポルトガル旅行9日目(最終日)。

今日はオランダに戻る日。。。
まず向かったのは、新市街地にあるエドゥアルド7世公園。

リスボン①

地図上ではかなりの広い敷地の公園。さぞかし素敵な公園に違いないと思って、わざわざ地下鉄に乗って出かけた・・。
芝生はすごいけど・・、芝生のみ
敷地内にある熱帯植物園へ年中無休のはずなのに、お休み

リスボン②

植物園の近くに、鳥がいっぱいいた。

リスボン③

100匹はいたと思う。白鳥にアヒルに鴨に鶏・・。正直オランダにもたくさんいるので珍しくはないけど、いっちゃんはこの旅一番の?大喜び

リスボン④

公園をずんずん下り、ポンバル侯爵広場へ
ポンバル侯爵とは、多くの分野で改革を行い、近代ポルトガルの礎を築いた、ポルトガルを代表する政治家。。。

ここからまた地下鉄に乗り、お土産屋さんなども多くあるバイシャ地区へ

リスボン

リスボン⑤

街にはスイーツを売っているお店がたくさーん!!
そう、ポルトガルはスイーツ天国でもある
どこのホテルでも、朝食バイキングからスイーツが並んでいるし、甘いもの大好きな人にはたまらない!
実は私も毎日2,3種類ずつ、コンスタントに買い食い&レストラン食後デザートで食べていた。。。
でも、正直激うまスイーツには出会わなかったな。個人的にこれはイケルと思ったのは、パスティッシュ・デ・ナタ(エッグタルトみたいなやつ)とトルタ(ロールケーキ)ぐらいでしょうか?
他は、一度でいいかな~のお味だった。。。

パンも売られてます。
リスボン⑥
これは、ヤバイでしょ!?

ウインナーロールのように、パンの中心にイワシの塩焼きをイン!そして、上部にもイワシの塩焼きのトッピング。イワシの塩焼きを丸ごと2匹使った贅沢な一品
イワシ好きにはたまらない!?・・・いやいや・・これは無理でしょー

そして、ポルトガル最後の食事

リスボン⑦
ビッファーナBifana
(ポルトガルの豚肉サンドイッチ)

ハンバーガーやサンドイッチを扱うお店では、このビッファーナもメニュー必ずあります。
軽く食事済ませたいんだけど、ハンバーガーやサンドイッチを食べるのは・・やっぱりポルトガルの料理が食べたい!って時にちょうど良い。私たちもビッファーナの昼食はこれで2回目。。。
薄焼きの味付き肉がサンドされていて、食べごたえもあるし。味はお店によってもちろん違う。B級グルメですが、いけます!


昼食後、空港へオランダに戻ります


食事、美味しかったよ~。ありがとう、ポルトガル~。

ベレン地区&Estoril(エストリル)

夏休みのポルトガル旅行8日目。

大航海時代の重要な見所のあるベレン地区。街の中心から離れているため、車で出かけることに
まず向かったのは・・・

りすぼん①

ジェロニモス修道院
大航海時代の栄華を象徴した建物。

りすぼん

回廊の彫りこみがすごかった!!すごーーーい細かい!

りすぼん③

マヌエル様式の傑作と言われるのは納得。間違いないね。。
同じく世界遺産指定の修道院を2か所(バターリャ、トマール)既に見たけど、正直外観は素晴らしいけど、中に入るとあれれ??な感じだったので、ジェロニモス修道院も正直あまり期待していなかった。。。でも、ここは中もすごかったよ!

修道院を出て、すぐ前にある発見のモニュメントへ

りすぼん②

かなり大きくて目立ちますが、エンリケ航海王子没500年を記念して建てられた・・ということで、新しい建築物。
ここら辺ではこの建物が一番高さがあるので、一番上にエレベーターで行くと周囲の街が見渡せる

りすぼん④

発見のモニュメントからの景色
気分爽快!

発見のモニュメントからテージョ川沿いの遊歩道を歩いて、ベレンの塔に向かう

りすぼん⑤

そもそもは、川からの侵入者を見張るために建てられたとのことだけど、なんとも素敵な佇まい
中に入ると砲台や水牢があって、やはり・・という感じではありましたが・・。

他にもベレン地区の観光スポットはあったけど、我が家はこれにて終了させることに。。。
午後はまだまだ時間があるけど、どーする?って話になり、せっかく車で出てきたんだから車で行ける近場に!ということになった。

リスボンを出て向かったのは、リスボンの西へ車で20分くらい?コスタ・ド・ソル(太陽海岸)の中心地・Estoril(エストリル)。
エストリルはヨーロッパ有数のリゾート地で、ビーチがあるだけでなくカジノがあったりと賑わった街。以前はF1のポルトガルグランプリが開催されていたとか!

ちょっとしたぶらぶら歩きに良さそう

エストリル①

9月後半でも、リスボンはものすごく暑かったまだまだ泳げます!というか水に浸かりたいほど暑かった・・。

エストリル②
ビーチには日光浴を楽しむ人々。

青い空と海を眺めながらボーっとしたい・・。

エストリル1
エストリルの砂浜はそれほど人が多いって訳ではなくって、ちょうどよい感じ。

今更だけど、旅行中1泊くらいビーチリゾートにしとけばよかったな・・。

エストリル③

ただ日差しが強いので、一応パラソルエリアがあったんだけど、砂がめちゃんこ熱いので、日陰でもめちゃくちゃ暑そう
のどが渇いたのでコーラを買って飲んだけど、美味しい~。

暑いと久しぶりにコーラっておいしいなぁ~ってしみじみ思ったりもしたよ。

しばらく海岸沿いを散歩し、ポルトガルの夏を楽しんだよ



夕方、リスボンに戻ってきた~

りすぼん⑥

目についたのがコチラ。
建物がたくさん並んでいるんだけど、その中からひょこっと上に飛び出している!よくよく見ると人が動いているのがわかる。

街中の展望台だった!!

りすぼん⑦

サンタ・ジュスタのエレベーター。街の中に展望台に行く巨大エレベーターがあるの
もちろん、乗る。

りすぼん⑧

夕日を浴びて黄金色に染まる街素敵だ
ポルトガルは夕日が良く似合う街だと思う。

その後、ケーブルカーに乗った。

りすぼん⑨

落書きが残念ガイドブックのきれいな車体のケーブルカーはいつの写真かしら??リスボンのケーブルカーはどれも落書きされていた・・。

りすぼん⑩
運転席に座らせてもらう、いっちゃん!




そして、夜ご飯の時間になったよ

入ったレストランは、ワールド○イドに載っていた「ケブラ・マール」
値段は少し高めだったけど、メニューがほんとに豊富だった。

最後にもう一度食べときたい!と思って頼んだのが・・
りすぼん⑪
シーフードリゾット!!

小さいサイズ(1人分)でこの分量鍋にたっぷりお玉ですくって・・って、ファミリーサイズじゃないか
味は魚介のうま味たっぷり。もちろん、美味しぃーー

りすぼん⑫
豚リブ肉のグリル

グリルも美味しかった!
ポルトガルの山の幸をいろいろチャレンジしたけど、豚肉が特に美味しいと感じた。


今日もお腹が一杯。幸せ~




LISBON(リスボン)観光

夏休みのポルトガル旅行7日目。

今日は終日リスボン市内観光!
まず向かったのは、くちばしの家。

リスボン①

鳥のくちばしのようなとがった石で覆われているのだけど、残念なことに改修工事中だった
しかも、見に来ていた観光客うちらだけだし・・マイナースポットなのかな?

坂を登ってカテドラルに向かった

リスボン②

かなりの急坂
内部を見学した後カテドラルの前にある坂をずんずん登り、サンタ・ルジア展望台に

リスボン③

展望からの風景も良かったけど、この展望台自体も花が咲き乱れとてもキレイだったなぁ
そしてまたずんずん坂を登り、サン・ジョルジェ城に

リスボン④

城の跡なので、城自体は大したことないのだけど、やはりここも展望スポットになっていて街が一望できるのよ。

リスボン⑤

リスボンも坂が多くて、街を上から見渡せる展望台が何か所もあった
そして、お城の近くにあったレストランでお昼ご飯

リスボン⑥
サルディーニャス・アサーダスSaldinhas Assadas
(イワシの塩焼き)

とうとう食べた!!これもポルトガルと言ったら・・でしょ!
旬の時期は初夏ということで時期外れではありましたが、とーーっても美味しかった

なんて、懐かしいお味なんでしょう~といった感じデス。

ポルトガルの名物ではありますが、日本で食べたことのあるイワシの塩焼きそのまんまのお味!
日本からポルトガルに旅行して食べたのなら、ここまでの感激は多分なかったと思う。日本に住んでいないからこそ味わえた感激。。。
旦那さんもえらく感激し、結局リスボン滞在中に3回もオーダーしてしまった料理


リスボン⑦
サラーダ・デ・ポルヴォSalada de Polvo
(タコのサラダ)

なーんだ、タコのサラダか~。ではありません!!
信じられないくらい柔らかーーいタコ!なんじゃこれ!?って感じでこれまた美味しかったぁ
ポルトガルはタコ料理がとても多いの。

腹ごしらえを済ませ、またしても坂をずんずん登る・・

リスボン⑧

そして、到着したのが本日3か所目となる(オイオイ)展望スポット・グラサ展望台!

リスボン⑨

左の端の山頂に見えるのが、先ほど行ったサン・ジョルジェ城です!
なんか、城とあんまり高さは変わらないな・・。どこかで下ってまた登ったんだね
どの展望台も見える景色(角度)が違って良かったです。でも、さすがに疲れたぁ~~。

ということで、帰りはコイツに乗ることに・・

リスボン⑩

路面電車~

石畳をゴトゴト走る路面電車。なんともレトロな感じ
ガイドブックを見ていた段階ではふーん・・ぐらいだったけど、実物見たらすっごく乗りたくなり・・。
丁度展望台近くに乗り場があったので乗車。ひいいこら登ってきた坂ですが、帰りは路面電車で一気に下り中心部に戻ったよ。

ホテルに戻り、いっちゃんお昼ねタイム。夜に備えます!


そして、夜ご飯

リスボン⑪
アサリのガーリックワイン蒸

リスボン⑫
フランゴ・アサードFrango Assado
(ローストチキン)

アサリはもち美味しいんだけど、やはり塩味が少しキツイ。。。ポルトガル人が日本に来て料理を食べたら、たぶん味がしないなって思うんじゃないかな。

ローストチキンはジューシーでとても美味しかった
ポルトガルの肉料理といえば、コレ!というぐらい定番メニュー。どの店のメニューにも載っている。
今回はおつまみ程度に食べたいと思い、小さいサイズ(4.75ユーロ)を注文。
でも、これまたおつまみ程度ではなく、食事程度のものが出てきた

今日も満腹じゃ~


リスボン⑬
ルーマニア人のレイリア君。

いっちゃんのリスボンでの恋人

リスボンでの3日間、夜ご飯をレストランで食べた後で飲みなおし(2件目)をしてたんだけど、その時のお店で出会った男の子。
3日連続で遭遇しちゃった子供同士が遊んでくれて、私達はゆっくり飲めて大助かりだったのよ

アマランテの橋&トマール修道院

夏休みのポルトガル旅行6日目。

本日の宿泊地はリスボン。
ポルトから南に300キロ。移動しながら、途中にトマール修道院に寄り道をしつつリスボンに向かう・・のつもりですが、移動途中にない場所に突然どうしても行きたいと旦那さんが言いだした

しょうがないので・・・ポルトを出てリスボンとは違う方向に進む。。。

アマランテ①

アマランテに到着

山に囲まれたこの町の中心にはタメガ川があり、川の両側に町が広がっている。人も多く、雰囲気はひなびていない温泉町って感じかなぁ~もちろん、温泉はないけどね・・。

観光客などの人出も多くて、賑わっていたよ。

アマランテ
アマランテの橋

タメガ川に架かる橋の風景
ポルトガルの風景を紹介する本には、この「アマランテの橋」が必ず出てくるのだとか!

旦那さんは、このポルトガルを代表する景色をどうしても眺めておきたくなったみたい。

町をしばし散策し、こんどこそリスボン方向に向けて出発
この日のお昼は軽く済ませた。いっちゃんは、ポテトベースの野菜スープ(ソーパ・デ・レグーメス)をとても気に入ってがつがつ飲んでいた。


さて、次の寄り道はトマール。
12世紀にテンプル騎士団によってつくられた街。

山の上にある世界遺産のトマール修道院に向かいます
テンプル騎士団の聖堂から増改築を繰り返し、400年の月日をかけて完成したのだとか。

トマール①

見えてきた!!

トマール②

敷地はとても広ーい。ポルトガル最大の修道院らしい。山の上なので景色も楽しめるのだけど、暑くて暑くて。日差しのない建物に早く入りたい!

修道院内はとても広いのだけど、けっこうここもがら~んとしており、正直広いだけ・・という印象。
アズレージョも劣化や破損も多くて、なんだか残念。見所は正直少なめだね

見学者の数もかなり少なくって、それも寂しい印象となったのかも。。。


そして、内部で唯一?おぉ!となったのは、
トマール修道院
円堂(Rotunda)

ちょっと色が褪せてきている感もあるけど、美しかったぁ
この空間だけ、別の空気が流れていたよ。

トマール③

外に出て、少ない見所の一つマヌエル様式の窓を見学。

トマール④
グズっている、いっちゃん。。。

この日はすごく暑くて、最近たくさん歩くようになってきたいっちゃんも機嫌悪くて、大変だったんだよね


トマール修道院①
トマール修道院からの眺め

見晴らしは抜群!



トマール修道院を出て、そのままリスボンに向かった
急いだけど、リスボンの到着は結局夜となってしまったでも、リスボンは3泊するので、今日は何もできなくても、いいかなぁ~。
ホテルの近くにあった日本食のお店で久しぶりの日本食を食べた。お刺身や天ぷら。美味しく頂いたよ



Porto(ポルト)

夏休みのポルトガル旅行5日目。


本日は終日ポルト観光!

まずは宿泊していたホテルのすぐ近くにあった、ボリャオン市場へ
①ボリャオン市場
上階より なんだか倉庫のような感じ。

地階の中央部分が吹き抜けのようになっていて、取り囲む建物の上階の廊下?みたいなスペースにもお店があり。
どこの国でもマーケットって眺めるだけで楽しいよね。

ボリャオン市場②
新鮮なお野菜とかいろいろ売られている。

ポルト市民の台所らしいが、ほんとにそんな感じ。正直清潔な感じではあらず。。
かなりアジアの雰囲気も漂っていて・・。お土産も売られていたけど、正直買う気にはならない雰囲気だった


ボリャオン市場を見学した後、町をぶらぶら。
ポルトの街は歩いているとアズレージョ(絵タイル)が本当にあちこちにあるの。

ポルト①
アルマス聖堂

外壁全面アズレージョで覆われた教会があったり・・

ポルト②
サン ベント駅

駅もアズレージョですごい!

ポルト③
カテドラルに入ると、回廊もアズレージョ張りで!!

一般の建物にもアズレージョが見られ、街歩きが楽しい


ポルト街並み
カテドラルの近くから眺めたポルトの街並み

カテドラルを出た後は、金泥細工が施されたサン・フランシスコ教会を見学。
内部は禁止だったので、写真は撮れず


そのあと、ドロウ川沿いのカイス・ダ・リベイラで、一休み。。。
ポルト④
カイス ダ リベイラ地区は、ドロウ川沿いの片側のこと。

水面に日光がキラキラ反射してとてもキレイだったよ

カイス ダ リベイラ地区は、お土産屋さんがあったりレストランがいくつも連なっていて、また遊覧船の乗り場もあるので賑わっていた。
私たちはこの川沿いのレストランでお昼ご飯にすることに!

入ったレストランは、ワールド○イドに載っていた「シェ・ラパン」
まず、注文したのはムール貝の前菜。出てきたのは、これがムール貝!?ってビックリするサイズのの大きなムール貝!!殻つきカキぐらいのビックサイズ!塩味が強かったけど、美味しかった。
ポルトガル料理はとても美味しいけど、かなり塩加減が強いものが多い。。。

そして、その後出てきたのが・・
ポルト⑤
カタプラーナCataplana(魚介類のワイン蒸し)

美味しかったぁ~~~

カタプラーナ鍋で作る、魚介のうまみたっぷりのこの料理。これ本当は南部地域の名物料理。
ポルトガルに行ったら、絶対食べる!!って思ってましたが、今回のポルトガル旅行は中部・北部のみ周るプランだったので、まぁどこかで適当に食べようと考えていました。
でも旅行中、私たちが入ったレストランでカタプラーナをメニューに載せていたのは、このお店だけだった!!
この時注文して良かったぁ~。
注文していなかったら、危うく食べ損なうところだった。あぶないあぶない


午後は3つの乗り物に乗った!

まずは・・
ポルト⑥

ドロウ川クルーズ

ポルト⑦

川の両側にある街並みを眺める

ポルト⑧

ドロウ川にはポルトで有名な4つの橋が架かっている。橋の下を次々とくぐるクルーズ船。
そのうちの一つが↑のドナ・マリア・ピア橋。エッフェルさん(パリのエッフェル塔設計者)が設計した橋。
旦那さんは、会社の人にポルトに行くと話したら、エッフェルを見に行くんだな!と言われて「???」って感じだったらしい。。。

50分のクルーズを楽しんだ後は、ケーブルカーに乗った!
ポルトガルは坂が多いので、ケーブルカーが交通手段の一つとして使われているのよ。

そして、最後に乗ったのが、
ポルト⑨

ミニトレイン

ポルトの街はとても広い。このミニトレインはルートがとても良くて、ポルトの街を十分に楽しむことができた
実はこの黒い車体のミニトレインの切符は、ポートワインの試飲券にもなっている。
川の反対岸にはポートワイン工場が50か所ほどあるんだけど、ある工場に持っていくと、2杯試飲ができる。。。私たちがミニトレインに乗ったのは夕方だったため、工場に行く時間はなかった・・。残念。

ドン・ルイス1世橋の上から、ポルト歴史地区を眺めた。

ポルト⑩

ポルト⑪

ポルトは素敵な街だ

今回の旅行で、街並み&雰囲気が個人的に一番気に入った街だった





そして夜になり、晩ご飯

行くことにしたレストランは、地球の○き方に載っていた「アントゥネス」
近づいていくと、何とも怪しげな通りに入り・・・こんなところにあるお店大丈夫?って感じ
実際のお店に到着。正直・・・普通に見つけたら入らない・・地球の○き方に載っていても入る気がしない!!
でも、今更他の店に行くわけもいかず。。。周りにあるレストランも怪しげだし・・通り自体が怪しいから
地球の○き方には、庶民的な料金がうれしい!って書かれているけど、当たり前だ!!!

この店構えで料金高かったら、わたしはキレるよ

こんな店を載せやがって地球の○き方のバカヤロぉぉー


お店に入り、奥の部屋に案内された。奥の部屋は意外にもキレイなお部屋だった。
このお店は、グランドメニューには本当にたくさんのメニューが載っていた。が、メニュー全てが頼めるのではなく、本日の取り扱いメニューが各カテゴリーごとにいくつかずつチョイスされていて、その中から選ぶスタイル。
ポルトの名物料理のモツ煮込みもメニューにはあったけど、今日は取扱日ではなかった。

そして、頼んだのが本日の肉料理で一番お勧めと言われた・・
ポルト⑫
Pernil de Porco Assado(豚ひざ肉のグリル)

食べかけの写真でスマン。
たらいのような深皿で出てきたのは、これが豚のヒザ!?ゾウじゃなくて!?という代物。付け合わせの野菜&ご飯もたんまり。

超美味~~

今回の旅行中食べた肉料理の中で一番美味しかった!!!
このお店でオーダーしたのはこの1品のみ。この量でたったの13ユーロ!!

実は最初は他の料理もオーダーしたのだけど、お店の人に「豚ひざは量が多いから、1品で3人分十分ある。他の料理頼んでも食べれないから1品にしたほうがいい」と言われてそうしたんだけど、本当にそうだった!

お腹一杯に~



地球の○き方はバカヤロウではなかったよ。




プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1