ゴールデンウィーク

日本だと明日からゴールデンウィークだよね
オランダは4月30日が祝日。そして、5月5日が5年に一度お休みになるとかで、今年がお休みの年!なので、何日か有給が取れれば、オランダでもゴールデンウィークが
嬉しい事に、旦那さんがお休みできることになったので、我が家もゴールデンウィーク旅行をすることにした。

行くことに決めたのは、フランスのローヌ・アルプ地方。5泊6日で行ってきまーす!

先ほど、天気予報をチェックしました。


・・・・・


なんと、5日連続・・・雨


しかも、降水確率4日連続90%以上。


ぎゃぁぁぁぁぁーーーー・・・・


旅行はいつも晴れてほしいものですが、今回は特に・・特に!天気が重要!
雨が降ることは、もちろんあるけど・・前日まで晴れなのに、私達の滞在日から4日連続雨って・・・ヒサンすぎない?特にアルプ地方滞在の3日間がもろに雨の日
毎日ホテルのベットでごろごろしながらお菓子食べちゃったりして(笑)。きゃっはっはっー。


・・・・・。笑えん・・。


マジでどうしよう。。。美味しいものでも食べて気を紛らすぐらいしかないのかしらん?



てな訳で、旅先で何もしないで(出来ないで)帰ってくる可能性大ですが、しばらくブログの更新はありません。
しばらくしたら、またブログ遊びに来てネ。




スポンサーサイト

坪庭の?

玄関で靴を履こうとしゃがんでいた時、玄関前の坪庭に違和感を感じた・・・。

坪庭の?①
何か・・いる?

玄関真正面には腰丈くらいの木(草!?)が生えていて、膝下ぐらいの位置に黒いものが見えた。。。


坪庭の?②
小鳥

覘きこむと小鳥がいた!小鳥は上の枝にとまっているもんだと思っていたけど、こんな下の枝に!
すずめを一回り大きくしたサイズ。なんだか、膨れている(デブ!?)。
目があっても逃げる様子もなく、そのまま。

お出かけから帰ってきて(8時間後ぐらい)、再度覘きこむとまだいた!
いつのまにか、こんな地面すれすれの場所に小鳥が住んでいた


嬉しいぃぃーー


でも、喜んだのは束の間。翌日覘くと、もういなかった・・・。
その次の日も、さらにその次の日も、覘きこんでももういない。


じろじろ見過ぎで逃げちゃったのかな・・・。残念



ケルンとブリュール

週末に行ったもう一つのお出かけ。

ケルン大聖堂
ケルンの大聖堂

大聖堂の前では、何人かの人がチョークで絵を描いていた。

チョークで落書き

って感じでしょ。違うの。
すっごくどれも本格的。

その中の一つ・・・
チョークの絵①
まだ未完成だけど、チョークで描いているとは思えない

何の絵だか分かる??

チョークの絵②
レンブラントの「夜警」!やっぱり(笑)
見た瞬間、あれ?って思ったんだよ。

チョークの絵③
そしてこの方・・お金入れまでチョークで手書きすごい!

お皿とかコップだったら入れる気しないけど、こういうのだったら入れたくなる。。。
入れなかったけど。


大聖堂を見た後、ぶらぶらと町歩き。ドイツ料理を食べ、パンを買い込む


帰るか・・?でも、ちょっと・・時間が早いね。。。




ということで、ケルンの近郊にあるブリュールの町に寄ることに。
ブリュール①

ブリュール②
アウグストゥスブルク城

大司教が建設した宮殿で、中にある大階段が有名らしい。。。

お城の池にはお魚がいーっぱい泳いでいた
ちょっと興奮!オランダの運河は汚くて魚なんて泳いでいないので、なんか嬉しい

このお城はドイツのロココ建築の最高峰らしいんだけど。
○○建築とか昔に習った気がするけど、全くそういう知識って残っていないのが悲しい内部見学してみて、あーこういうのがロココ式・・・。ってなんとなく理解した。


えーと、

ロココ式は私の趣味ではない・・・

と思ったこんな家住みたくないかも。
(もちろん、住めないけど)


すごかったけどね。。。すごけりゃイイってもんじゃない。



またザーンセスカンスへ!?

キューケンホフ公園を後にして向かったのは、ザーンセ・スカンス。
つい1カ月前に行ったばかりではありますが・・・
日本からの客人を連れて来た。。。キンデルダイクで風車は見せたけど、こちらの方も、いかーにもオランダ観光地な感じが良いかと思いまして・・。

1004249.jpg
こんにちは!

10042410.jpg
こないだは気が付かなかったけど、風車の裏が顔になっていた。オチャメ!

10042411.jpg
いくつかの風車は中が見学できるようになっている。

風車は、製材する風車、油を挽く風車とかいろいろ種類がある。
前回来た時と見学できる風車が違っていた。どうやら全部開放するのではなく、日替わりで数基ずつ見学できるように開放しているみたい。前回入ろうか迷って、結局今度にしよう!と思った風車は今回閉まっていた・・。がーん

やっぱ、何事も思った時にやらなきゃダメね。。。

しょーがないので!?別の風車に入った。染料になる粉を挽いてた風車(De Kat)を見学することに!

10042412.jpg
歯車が回るのを見るのも、迫力がある。

風車の中では、昔ながらの染料も販売されていた。
後で知ったが、染料製造用の風車で現存しているものは世界で唯一なんとここだけ
このDe Kat一基のみなんだとか。貴重な風車よ

10042413.jpg
風車の上からまわりを眺めた


風車を後にし、しばし散策。。。


10042414.jpg
入口にある木靴工房(Klompenmakerij)で、オランダの木靴作りの実演を見学。

木靴工房では木靴グッズがたくさん売っているので、思わず購入。。


そして、
10042415.jpg
しつこい!?

木靴工房の近くにあるジャンボ木靴


何回木靴で記念写真撮るんだ?という感じだけど(笑)。
見かけると、撮りたくなる~。


他に工房の壁一面にいーっぱい木靴がデコレーションされていて、そこでも思わず記念撮影



2010年キューケンホフ公園

オランダの春と言えば、チューリップ

春の時期のハイライト!キューケンホフ公園に週末行ってきた

1004241.jpg

1004242.jpg

1004243.jpg

1004244.jpg

1004245.jpg

1004246.jpg

1004247.jpg

1004248.jpg

キレイ~


チューリップは、もう少し後で来た方が満開が楽しめそう。
それでも、たくさんの花が咲きほこっている様子は、とっても美しい

一面の花畑も素敵だけど、たくさんの種類の花がきちんと植えられている公園もまた素敵なのよ
写真では花の匂いが伝わらなくて、残念!


春を堪能したよー。



===

別の年に楽しんだ、
満開のチューリップが咲き誇るキューケンホフ公園2012はこちらの日記で♪

ビレロイのサプライズボックス

先日ルクセンブルクのビレロイの工場アウトレットで、激安の福袋的な「サプライズボックス」を購入した。
価格は40ユーロほどなのに、中身は200ユーロ分??くらい入ったお得なセットということで

お楽しみボックス
じゃーん!


お皿3種類×4枚=12枚
カップ4個
ナプキンフォルダー4個


間違いなくお買い得!・・なんだけど、、、


こうも全てのシリーズ(デザイン)がバラバラだとチョット・・かも。
せめて2シリーズ(デザイン)ぐらいのものに統一してくれたら嬉しい。

もちろん激安だから文句は言えないんだけどね!


サプライズボックスはいつも売っているモノではないし、せっかくだから2箱(3箱?)買っちゃおうか迷ったんだけど、バラバラで中途半端なので一箱にしてよかったかな。



誰のプレゼント!?

ピューターのお迎えに行った時に、いっちゃんが手に持っていたもの。

母の日!?
小さい包み

先生から、「これは母の日のプレゼントよ!まだ、開けちゃだめ。母の日がきたら、開けてね!」と言われた。


へぇ~何だろう


家に戻ってきて、包みをもらおうとすると、

「ダメ!これ、いっちゃんの!」

「えー、違うよ。これは母の日のプレゼントだよ。いっちゃんのじゃなくてママのだよー。」

「違ーう!ママのじゃない!これは、いっちゃんのもらったプレゼントよ

「・・・・・


母の日が何かを説明しても分かるわけもなく、どうやらいつも貰うお友達からの誕生日プレゼントだと思っている様子

どうしても渡してくれないため、最終的にはお菓子と物々交換してもらった・・・
母の日のプレゼントはこうやって手に入れるものではないはずだけど。。。


さて。いっちゃんは、ピューターに通いだしたのが昨年の5月からだから、丁度1年経つ。
先生が言うには、オランダ語の文章は話さないものの、こちら(先生やお友達)の言うことはほとんど理解できているわよ!とのこと。


ホントかね・・・?


いずれにしても、来年の3月からは4歳。オランダでは4歳から小学校に通うのが一般的。
それまでには、オランダ語がペラペラになっていると良いのだけど

小学校は現在通っているピューターの隣にあるところに通わせる予定。3歳から申し込みが出来るので、3歳になってすぐに受付に行った。ピューターと同じく、定員がいっぱいになると別のところを探さなくてはいけないの。
だけど、アポが取れたのはひと月以上も先で・・。

そして、実は今日がアポの日だった。再度、説明を聞きに(面接!?)に行ってきた
学校内の教室を隅々まで案内してくれて、授業中の教室もほぼ全クラス見学させてくれた。

こんなに、全授業を見なくても・・・

とは思ったが、言えるはずもなく。

とても、雰囲気も良くてその場で登録用紙を記入して帰って来た
貰った絵本
お土産に貰った絵本。もちろん、オランダ語


これで、無事に4歳から小学校にも通える!ハズ??


でも、直前に何が起こるか分からないのがコワイ(笑)。



苺チョコ

ロッテルダムから電車で2時間弱。。。向かったのは、ブリュッセル。

まずは、グランプラス
グランプラス・花
ガイドブックに載っていたグランプラスの花市(だと思う)がやっていた。

規模がとっても小さい。これなら、普通の園芸店の方がいろいろ揃う。

でも、花のエリアが少しでもあるのは良い事ね!

到着して間もないけど、お腹が空いたね・・。お昼にすることに

「Chez LEON」(シェ・レオン)でランチ。 食べたのは、
ムール貝のグラタン
ムール貝のグラタン

おいちぃーー!

ビール
そして飲む!オリジナルビール


お昼だけど・・スンマセン。


昼食後は、小便小僧に会いに
小便小僧
平日なのに、お洋服着ていた。

本日のお召し物カレンダーによると、1938年に何かが初登場した・・みたいなことが書かれていたけど。よく分からない(笑)。

何度見てもカワイイ!!


人気者の小便小僧を後にし、お店をぶらぶら見て歩いた。
なんか・・小腹が空いてきて・・。
苺チョコレート
ゴディバの苺チョコレート

うふふ

おいちぃー!!

ゴディバの苺チョコレート(ストロベリーコーン)は、お店で職人が一つ一つ丁寧に苺にチョコレートをコーティングしたもの。


おすすめ



Durbuy(デュルビュイ)・春

ルクセンブルクから出て、帰り道に通るベルギー。昼食休憩は「世界一小さい街」としてギネスブックに認定されているとかいう、デュルビュイに寄ることに。

ガイドブックには、アンデンヌ地方のうっそうとした森の奥に現れる渓谷の街。中世の雰囲気と自然が共存する場所。とか書かれていた。

すごーく素敵そう!


街の入り口近くにある駐車場に止めて、歩いて街に入ったんだけど・・。
恐ろしいぐらいの観光客の数。ぞろぞろーと歩いている(うちらもそうだけど)。
そしてものすごい数の自動車と観光バス。不便な場所の為、ほとんどの人が自家用車か観光バスでやってきていると思われる
日本人もこの小さな街で何十人も!見かけた


なんだか・・イメージと違う


今まで観光客があふれている街は何度も遭遇しているけど、この街が一番ひどい状態かもしれない。自動車と観光客の数がすごいだけでなく、この街で最悪・・と思ってしまったのが、
デュルブイ②
オートバイ。

おびただしい数のオートバイ・・・。ライダーの休憩ポイントとなっているらしかった。
爆音をたてながらひっきりなしにやってくるオートバイ。ご飯を食べれば出て行くんだけど、新しいオートバイがひっきりなしに街に入って来るので、ずーーっとけたたましい爆音が響き渡っていて・・・。

デュルブイ①
中心広場沿いに面したレストランで食事をしていたんだけど、この爆音と観光客の多さにゲンナリ。食事すらマズク感じる始末。。。

こんなひどい街に連れてきてしまって、客人に申し訳ないな・・って感じ

それでも、昼食後はせっかく来たのだから街の散策をすることに。
中心部から離れて街の奥に入っていった。中心広場から離れるとオートバイの爆音も小さくなり、それほど気にならなくなった。小さな路地には自動車もバイクも入れないので静か。

デュルブイ③
石畳の路地は素敵だった

デュルブイ④
中心広場で食事をしないで、こちら側で食事をすれば良かった・・と後悔!

デュルブイ⑤
可愛らしい通りが続く。よい雰囲気


デュルブイ⑥
その後、街を見渡せる展望台に。

デュルブイ⑦
上から見た街


たくさんの観光バスも、ライダー達も昼食休憩に寄っているだけっぽかった。。。私達も丁度昼食時に来てしまったので、激混みでなんじゃこりゃ!?って思ったけど、午前中とか夕方とかに訪れれば印象はかなり違かったんだろうなぁ。


可愛らしい街なのは間違いないけど、お昼頃に来てはいけない街だと思ったよ。。。。



Esch-sur-Sure(エッシュ・シュル・シュール)

ルクセンブルク市のホテルを朝早めにチェックアウトし向かったのが、エッシュ・シュル・シュール。
一応、ルクセンブルクは山と渓谷の国ということなんで、山に入ることにした

エッシュ②
到着!川にぐるりと囲まれている町。

エッシュ①
小さい小さい町。山の上には廃墟となった城塞(!?)がある。。。

エッシュ③
もちろん、城塞に登る。

エッシュ④
山の上だよー。ヤッホー。

エッシュ⑤

エッシュ⑥
城塞から町を見下ろす

すがすがしい気分~

周りにも山がたくさんあるのだけど、その山の中腹あたりにゴマのように小さーーく歩いている人が数人見えた。山道を歩くのが好きなのだろうけど、遭難したらどうすんだろ?とか心配になった(←余計なお世話)。

それにしても、山は落ち着く

山道なんて、日本にはたくさんあるから正直珍しくもない。日本もスキー行くときとかこういう道通るよな~なんて思うし。
でも、なんか懐かしいというのか、やっぱり日本で生活していた自分にとっては、馴染みやすい風景というのか・・・。
ヨーロッパにはもちろん山はたくさんあるけど、日本とはやはりちょっと違うと感じる。ルクセンブルクの山の中は、日本の山の中に似ていると思う。同じニオイがする。



なんか・・日本をすごく思い出した



Remich(レミッヒ)

週末も良い天気


ロッテルダムから車で片道3時間ちょっと

ルクセンブルク
日本からの客人達と一緒にやって来たのは、ルクセンブルク。

ホテルで荷物を預けた後、解散。
いろいろ考えて、ルクセンブルクでは別行動にすることになった。

私達はその後、また車に乗り込み、
ビレロイ&ボッホ
ビレロイ&ボッホのファクトリーアウトレットに


その後向かったのは、モーゼル川沿いにあるレミッヒの街。

到着は丁度お昼!
レミッヒ①
川に面してたくさんのレストランが立ち並んでいる

レミッヒ②
私達も、早速2階にテラスのあるお店でお昼ご飯

お昼なので軽めに済ませようと思い、私がサラダ。旦那さんがハムを注文。

レミッヒ③
私のサラダ。山盛りすぎでしょひぃ・・・・

レミッヒ④
旦那さんのハム。・・・・これが・・ハム!?
後ろに写っている旦那さんの腕と比べてみるとわかると思うけど・・これをハムとしてメニューに載せるのはどうなのよ!?

ちなみに・・ランチみたいなものをお互い頼んだので、テリーヌが前菜で付いた。
もちろん、付け合わせのポテトも山盛りで2つ。

キッズメニューも頼んじゃった・・

味はめちゃくちゃ美味しかったんだけど、お腹が苦しすぎ。

レミッヒ⑤
昼食後は・・・

レミッヒ⑥
街を散策

レミッヒ⑦
他の子もまたがっていたけど・・やってはいけないことかも!?

レミッヒ⑧
川沿いも散歩気持ちいいー

モーゼル川が国境線。向こう岸はドイツ。ブドウ畑が一面に!

レミッヒ⑨
ルクセンブルク側も然り。レミッヒの街はブドウ畑に囲まれている。

天気が良く、時期も良いからかな~、すっごく解放感を味わえた
特に何があるという訳でもないけど、街並みも景色も良くって・・。私達はとてもこの街が気に入ったの

レミッヒ⑪
CAVES DU SUD

帰りには、レミッヒ近郊にあるお店で買い出し。ルクセンブルクは税金が安い。よってお酒も安い!
お店では、モーゼル川沿いのいろいろな作り手で生産されたルクセンブルクワインがとても安く手に入る。

我が家は・・お酒の消費量がちょこっと・・(かなり!?)多いので、安く買えるとかなり家計が楽になるんだよね。うん。

安い時に買う!




そして、夕方にルクセンブルクの中心に戻ってきた

ホテルでちょこっと休憩した後は、晩ご飯
以前痛い目にあいましたが、再度ルクセンブルク料理を食べることに!

JUDD.jpg
JUDD(豚肉のスモーク)
JUDD付け合わせ
マスタードを付けて食べる。付け合わせは、豆料理とポテト。

チキンリースリング煮
チキンのリースリング煮。付け合わせはパスタ。優し~いお味。


まぁ、激うまではないけど、それなりに美味しかったよ

それにしても、夜は少ないじゃん・・って思った?
いやいや~。セットメニューだったので、これ以外に何品もあったの。もちろん、満腹に~




白いムスカリ

良いお天気が続いている昼間もずーっと眠い・・・。
眠いけど、我が家には日本より客人が来ております。。。
ということで・・向かったのは、ロッテルダムから電車で1時間・・アントワープ。

100414.jpg
ノートルダム大聖堂。

ノートルダム大聖堂も、もちろん入るけど・・気になっていた物を確認・・・。

1004142.jpg
ノートルダム大聖堂の前にある、ネロとパトラッシュの記念碑(ベンチ)。

・・・・・修復していた

そう。。。初めてこのベンチを見たのは1年ちょっと前。壊れた無残な姿だった。。。
その後アントワープに来るたびにこのベンチを見に来て、

あぁ・・・、まだ壊れたままなのね・・・。

と悲しい気持ちになっていて・・。もう直さないのかな・・と思っていたんだけど、ヨカッタヨカッタ
心配事が(!?)一つ減りました。

それと、観光シーズンだからかな~??
日本人ツアー客(団体)を何組も見かけた。春だもんね~

ルーベンスの家
ルーベンスの家のお庭。

チューリップ等のお花がちょこちょこ咲いていた

このお庭で白いムスカリも咲いていて・・。
白いムスカリ
白って珍しくない!?私は初めて見た。

紫色の方が、個人的には好きだけどね(笑)。




でるれい
お土産もしっかり買って家路に~

帰りの電車の中では眠くて眠くて。膝の上にのせた箱を何度もずり落ちさせながら帰って来たので、箱の中がぐちゃぐちゃかも・・と思ってたんだけど、家に着いて開けてみると、箱の中は無事でした。よかったよ


いやー・・それにしても、春は何で眠いんだろうね?



春のブルージュ

週末もとっても良い天気

Brugge 2010041101
お出かけしたのは、ベルギーのブルージュ

ブルージュ①

ブルージュもまた一番良い季節を迎えている様子
お決まりの運河クルーズを楽しんだ後、ぶらぶら~と街を歩いた

春のブルージュ、桜と水仙が至る所で満開中
Brugge 2010041102
ベギン会修道院の中庭も、一面に水仙が満開ですごかったぁ

水仙がキレイなベストタイミング

もちろん・・・
ブルージュ昼
ムール貝など、美味しいご飯も食べたよ




さて。
お土産屋さんで見つけた中国チックなTシャツ。
ハローブルージュ
ハローブルージュ



買わなかったけど、今になって買えば良かったかも・・とも思う外ではさすがに着れないけど、部屋着なら!
ちょっとカワイイよね!?


近所のお散歩♪

我が家の近所でお散歩♪


2010春①
運河沿いには水仙が満開

そして・・・
2010春②
近所の桜並木

2010春③
こちらも、満開中

うーん・・・春だね~


Cochem(コッヘム)

イースター休暇で土曜日から月曜日まで3連休

春になっているし、みんな旅行に出かけるんだけど、我が家は今回の連休は予定なし。。。
近場にちょっくら・・と思ってたけど、天気予報を見ると最悪だし。しょうがないから、家でゆっくりでもしますか・・。

朝起きると雨が降っていなかったので、やーーっぱり、どこか出かけちゃう!?てなことに。
せっかくの休暇だもんね。

向かったのは・・お隣ドイツ。ロッテルダムから日帰りなので遠くまでは行けません
コッヘム①
到着したのは、モーゼル川沿いにあるコッヘム。
モーゼル川沿いということもあり、ワインでも有名かな?

コッヘム②
花壇にはイースターの飾り付け。カラフルな卵がいっぱい

なかなかいい感じ

コッヘム⑩
とりあえず、ワインで休憩。

ワインを販売する店はもちろん、一杯気軽に飲めるお店も数軒あった。
ワイン樽がテーブルなんて、ドイツのワイン居酒屋風で雰囲気あるでしょ?

コッヘム⑪
いっちゃんも、一丁前に馴染んでる(笑)。

もちろん飲んでいるのは、水筒の麦茶・・。

コッヘム③
その後、街のなかで腹ごしらえ。

腹ごしらえを済ませ、お店をのぞきながら街歩き
小さい町なんだけど、なかなかドイツらしい可愛らしい街並みだった。
そしてイースターなだけあって、街はかなり観光客で賑わっていて楽しげでいい感じ


コッヘム④
ミニトレインを発見もちろん、乗ります!

コッヘム⑤
片側にはモーゼル川、そしてもう片側には焼け野原・・じゃなくてブドウ畑を眺めながら

ブドウさんは全く新芽が出ておらず。戦後の焼け野原のような寒々しい風景が広がっていた。。。

今年の冬が寒かったからかな?
それともこの時期の葡萄畑は、こんな感じなのかな??

葡萄畑も緑になっていて天気もよければおそらくかなりいい景色だ。
この日は動いていなかったがロープウェイも少し離れたところにあり、山の上の展望スペースからモーゼル川を見渡したり、葡萄畑を眺めたりできそうだった。


ミニトレインの旅から戻ってきたら、
コッヘム⑥
山の頂上にあるコッヘム城へ~

コッヘム⑦
お城で遊ぶいっちゃん。

お城はガイドツアーでまわる。中国人と日本人のどっちかと聞かれ、日本人と答えると、明らかに日本語ではないパンフを渡された中国語でもないしドイツ語のような感じが・・・。何のために聞いたんだぁ!?

ちなみに帰ってから別の方のブログで、きちんと日本語のパンフをもらっている人をみかけた・・。
ほんと、何だったんだ??

1日コッヘムの街を楽しみ、帰りにワインとパンを買って帰ることに。
が!パン屋が既に閉まってしまっていた先に買っときゃよかった・・・。


休暇中だし・・と頑張って遠出した帰り道に、花も咲いておらず・・緑も少ない・・そんな風景を眺めながら、まだまだ冬だね~と思った。。。

でもオランダに戻ってくると、水仙が道路沿いにもたくさん咲いていて・・。キレイだった

あぁ・・!オランダは春だ。この時期はオランダだ!
と思ったわけ。なんでお隣の国に行っちゃったんだろう。




ちなみに、我が家の小さな坪庭。
坪庭満開
ただ今、満開よ


イースターイベント

もうすぐイースター

ということで、ピューター(幼稚園)ではイースターのお祝い会があった

いっちゃんのピューターではイベントの際には、食べ物&飲み物を各親が持ち寄りでパーティーとなる。
通常ピューターでは甘いお菓子は禁止だけど、パーティーの時は別。チョコやジュースや子供が喜ぶおやつも出てくるの。
我が家の分担は今回はヨーグルトドリンク。

チョコやらジュースやら楽しみながら、お決まりの・・
エッグペイント
エッグペイント。


・・・・・


水色のペンでぐちゃぐちゃしただけ・・・

茹で卵にペイントするんだけど、オランダ人はペイント後の卵もきちんと食べるんだって。
私は・・・ちょっと・・・
もったいないけど、インクが染みてなんだか身体に悪そうだし・・・。


イースター作品①
いっちゃんが色付けをした卵の絵

イースター作品②
籠になっている

籠の中にはチョコがたくさーん
うさぎさんやら鳥やら卵やらの形をしている。。。

午前中にピューターでチョコをたくさん食べ、お土産にもチョコがたくさん・・。
午後はお友達の家で、隠された卵(チョコ)探しの遊びをしたので、やはりチョコを食べお土産にチョコが・・・。
イースターにはイースターウサギが来て、イースターエッグを持ってくることになっているんだって!

3歳になったので一応チョコは解禁としましたが、この日に食べた&貰ったチョコの量は、私の考えているこれくらいならOKかな~の2カ月分くらい!?


ということで・・しばらくチョコ禁止だよ。



プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1