修業中!?

アントワープでは、メインストリートで休日ともなると多くの大道芸風?パフォーマンスを行う人が現れる。

銅像のようなペイント(通常は青銅色)を身体&衣装にし、銅像のようにして街中に立っているってパフォーマンス。
お金を入れると、少しぎこちなく動く・・ってやつ。
よくいるよね。日本にいた時も、大きな街では時たま見たけど・・。


ノートルダム大聖堂の前で、初めて見た・・・
子供銅像
子供のパフォーマー

小学校低学年・・・ってところかな

それにしても、いったい君は何を目指しているの


将来はこの職業に就きたいのかな・・・?
というか、これは仕事なのだろうか!?



謎じゃ・・。




スポンサーサイト

Moët & Chandon(モエ・エ・シャンドン)

フランスのシャンパーニュ地方・ランスの街に滞在中に遊びに行ったEpernay(エペルネ)。

エペルネのMoët & Chandon(モエ・エ・シャンドン)シャンパンセラー見学で楽しんだもの・・。
もちろん、モエのシャンパン!
テイスティングが一番の楽しみでシャンパンセラー見学してますから!?

moet1.jpg
Moët & Chandon(モエ・エ・シャンドン)のシャンパン

なんだかテイスティング会場も、オサレであった。
ちびっと緊張しながら楽しんだ。

moet2.jpg
↑頂いた2種類のシャンパン

贅沢なテイスティングだった。

シャンパンセラー見学の料金がもう少し安ければ、またいつか行きたいんだけど・・。



動物園ガイドツアー

今週、ロッテルダムの婦人会の皆さんとロッテルダム動物園に行った。動物園ガイドツアーなるものに参加するためだ。
ガイドツアーは14時~だったので、午前中一人で早めに入場して軽く園内をまわることにした!

1005261.jpg

1005262.jpg

ロッテルダム動物園に入場したのは今回で2回目。前に来たのは1年前くらい。。。

1005263.jpg
いっちゃんの反応が、前回と違くてビックリした。

前回は、

あっ、きりんさん!

あっ、ゾウさんいるよ!

こんな感じで、見た動物の名前だけを言う感じだった。


今回は、

あそこにいるのがーおかあさんでー、あれが赤ちゃんじゃない?とか、

とりさん、ご飯を食べてるねー!あっちのとりさんはお昼寝中みたい。

という感じで、しっかり動物を観察できるようになっていた。


うーん、成長したな~


それに連れて歩くのも楽になった。疲れた~と思いイスに座って休憩すれば
1005264.jpg
知らない子と一緒に、出たり入ったりして自分で遊んでたし。

1005265.jpg
大きいお兄ちゃん&お姉ちゃんがやってきても、もみくちゃになりながらも遊んでた。


その後お友達と合流。
1005266.jpg
動物園内にあるスポットガイドの説明を聞いたり、

1005267.jpg
やぎに餌をあげたりした。

正確にいうと、餌ではなく棒をあげていたんだけど・・



14時になり、皆さんとも合流!ガイドツアーが始まった。
動物の普段聞けない話や動物園内の工夫した仕掛けなど聞きながら、園内をまわる。
いろいろな普段は触れない骨(!?)とかも触らせてもらったりして・・

1005269.jpg
私も触りたい・・・。手を差し出す・・・。

最初は興味なさげだったけど、皆が触っているので触りたくなったらしい。。。

10052610.jpg
4月に生まれたばかりとかいう、キリンの赤ちゃんもいた。かわいー

10052611.jpg
ぞうさんのご飯タイム。


普段は入れないバックヤードに入れてもらったりと、とても充実した内容だった!
また機会があったら参加したいなぁ~


楽しかったよ


Taittinger(テタンジェ)

フランスシャンパーニュ地方のランスの街で訪問した、Taittinger(テタンジェ)のシャンパンメゾン

有名どころのシャンパン!

泡は好きだけど、安価なスパークリングがほとんどな我が家にとって、本場のシャンパーニュ地方でシャンパンを飲むなんて!(シャンパンカーブを見学するなんて!)

あぁ・・・夢のよう。


シャンパンカーブを見学した後、
テタンジェ①
Taittinger

テタンジェ②
試飲

おいしい!


ランス滞在中にカーヴ見学できたのは、予約なしで受け付けてくれたテタンジェだけだったので(エペルネでモエも行ったけど)、記念にお土産も購入することに!

テタンジェ⑤
Taittinger Prestige Rose

サーモンピンクがとっても可愛いロゼを購入!

うーん、飲むの楽しみ~

テタンジェ③
ちなみに、シャンパングラスとセットで購入
(箱の真ん中にロゼがセットされていた)

シャンパングラスってあまり使う機会がないので、300円くらいの安物グラスしか持ってなかったの。
2客しかないけど、晩酌では活躍しそう!

テタンジェ④
CHAMPAGNE TAITTINGER REIMS
(シャンパン テタンジェ ランス)

ちょっと写真では分かりずらいけど、ちゃーんとロゴが入っているの!


正直、、、

テタンジェって今まで全く馴染がなかったけど、

シャンパンカーヴ見学も予約なしで受け付けていてフレンドリーでとっつきやすいし、お土産グッズなんぞも購入して、ぐぐぐーっと勝手に親近感を持ってしまった。


ランスの街へお出かけの際は、是非!



Mons(モンス)

ランスでの滞在を終え、オランダへ

帰り途中にあるモンス(Mons)の街に昼食休憩も兼ねて立ち寄った。

1005241.jpg
モンスのグラン・プラスもとても立派だった


1005242.jpg
昼食は広場に面したお店で

広場には噴水があって、その噴水で子供たちが水を浴びたりして遊んでいた。日本では良くある光景だ
オランダではありえない・・・というか、私は見たことない。
水場はたくさんあるけど水が汚いから、遊んだら身体が臭くて大変なことになると思う。
雰囲気的に、水遊びはプールで・・みたいなところがある。


1005243.jpg
少し街を散策

1005245.jpg
広場を少し離れれば、とても静か

少し離れたところに鐘楼があったけど、この日は改修工事中か何かで入ることが出来なかった。残念。
広場のすぐ近くにあったカルフールで買い物をして、ロッテルダムに帰ることにした



1005244.jpg
頭ツルツルお猿さん


モンスの市庁舎の前壁についていた。頭をなでると幸せになるらしい。
とりあえず、なでておきました!



Epernay(エペルネ)

2泊3日でやってきた、ランスの街。
ランスの大体の見所は1日目でほぼ見終わってしまったので、2日目は街の外に出かけることにした

まず立ち寄ったのが、ランスより25キロほど離れた町・エペルネ。
シャンパンメゾンが多く集まるエペルネは、住人1人当たりの収入がフランスで最も高いんだとか!


1005231.jpg

1005232.jpg

1005233.jpg

ぶらぶらと街を散策。この日もとっても良いお天気だった
長袖しか持って来なかったことを後悔・・。

もちろん、
モエ・エ・シャンドンのシャンパンセラー見学に参加!
予約なしで訪れて問題なく見学できたが、団体などで込み合っている場合は予約がないと入れないらしい。

見学料は最後に試飲するシャンパンの種類によって異なるというスタイル(3パターンあり)。
旦那さんは一番高いチケットを購入、私は真ん中のお値段のチケットを購入した。2杯ずつの試飲ができて交換して飲んだが、個人的には私の選んだ高くない方が飲みやすくて美味しかった。



そしてエペルネを出る。結構距離があったけど、ヴォー・ル・ヴィコント城に向かった。
ヴェルサイユ宮殿の手本となったお城だ。

1005235.jpg
お城に来る予定だったので、お姫様気分でワンピース

最近ワンピースを着ると喜ぶのよ
やっぱり女の子なんだね!

1005234.jpg
変なところからお庭を眺める・・

違った・・。眺めていたのは、お堀で泳ぐ魚だったりして



そして、ランスに戻ったのは夜。。。
夜ご飯にすることに

10052311.jpg
さて。この2日間にどれくらいシャンパンを飲んだかは・・・、ナイショです。

10052312.jpg
夜ご飯の一品。

ムール貝のシャンパン蒸し


激うま!!


今まで食べたムール貝料理で、おそらく一番美味しかった。




うーん、町もお城も食事も良かったぁ~!
でも、この日一番素敵だったのが、
1005236.jpg
エペルネ~お城の車で移動中に見た、広大な菜の花畑ずーっと続いていた。
菜の花畑は日本でも珍しくはないけど、規模が違う!こんなにすごい菜の花畑を見たのは生まれて初めてだった

1005237.jpg
もちろん、車を止めて菜の花畑へ

10052310.jpg
菜の花畑をバックに記念写真を撮りまくった!

1005238.jpg
菜の花畑だけの写真は、撮ってみても黄色すぎて何だかよく分からない映像だけど・・


本当にキレイだった





Reims(ランス)

今週の月曜日、オランダは祝日だった。そして、この日が今年最後の!祝日
ただでさえ祝日が少ないのに、今年は土日と重なっている日が多いため更に少ない・・。

三連休ということで、我が家は2泊3日で出かけることにした
向かったのは、フランスのランス。シャンパンでも有名な街だ。


あんたら・・また呑むんかい


と・・・思われるかも知れないけど、今回は純粋に観光よ。飲みまセン!!
2泊3日で行くのに距離が丁度いいし、見所もあるし、観光を存分に楽しもう!と決めた場所。

な・・・はずだったんだけど・・・

ランスに到着し最初に訪れたのは、
1005221.jpg
シャンパン・メゾン

もともと、我が家は子連れだし、カーヴ見学はやめようと話していたんだけど、旅行の間際になってやっぱり行きたいと旦那さんが言い出した
いっちゃんは、走りまわったりする心配はないけど暗い場所がとにかく苦手・・。薄暗いカーヴで怖がって大泣きしちゃいそう。。。

直前すぎたので予約は2か所に断られ、予約なしで行けるところにとりあえず行った。いっちゃんに、1時間もカーヴ見学が出来るのか不安も抱えながら。

1005222.jpg
大丈夫だったこういう暗さは全然怖くないみたい

心配して損した・・。


シャンパンセラーを後にし、観光
1005223.jpg
サン・レミバジリカ聖堂

1005224.jpg
椅子があると、すぐ座るいっちゃん・・・

1005225.jpg
ノートルダム大聖堂

1005226.jpg
聖堂前からミニトレインに乗った

1005227.jpg
そして、偶然結婚式に遭遇した

1005228.jpg
聖堂前に戻ってきて、ちょと休憩。

天気もいいし、うーん・・いい気分だぁ~

1005229.jpg
いっちゃんはシャンパンを飲めないけど、シャンパンディスプレイの虜になっていた

まぁ、大人になったら家族でわいわい飲もうね
ちなみに、旦那さんは20歳を過ぎたら娘と2人で飲みに行くことを楽しみにしている。
一緒に行ってもらえるのかな!?(笑)



夜になり、レストランへ。
10052210.jpg
夜ご飯の一品。

何だかよくわからないで頼んだら、生肉料理だった!フランス人は生肉食べないイメージがあったから少しビックリ。私、生ものは素材に関わらず大好き

おいちー

マスタード味のユッケみたいな感じだった。イケル!


普段は飲まないシャンパンも飲んで、イイ気分



あっ・・飲まないはずだったのに・・・。


やっぱムリだったか(笑)。



お天気

最近、良いお天気が続くようになった
日陰に入ったり、風が強いと寒いけど、日向は暖かい。

100520.jpg

外に出るのが億劫ではなくなってきた!

あと、もう少しで夏なのかな?

そうだとイイナ



クラリンゲン

週末は遠出はやめようとのことで、近場に遊びに行った

ロッテルダムにある大きな公園・クラリンゲン。ちょこちょこ行こうと思っていたけど、結局昨年は1回しか遊びに行けなかったの。
1005151.jpg
遊び場を物色・・・

1005152.jpg
結局・・砂いじりに没頭。


1005153.jpg
そして、大好きなすべり台。

週末でお天気も良いのに、人はすごく少なかった。。。
実はオランダでは先週の木曜日が祝日だった。金曜日に休みを取れば4連休になるので、けっこう4連休にしていた人も多かった。みんな旅行とか行ちゃったのかな?

ちなみに、、、オランダは祝日が少ないんだけど、なんと5月は今年、3回も祝日がある

1005154.jpg
公園内にある動物コーナーへ

1005155.jpg
ヤギさんの囲いに入る・・

1005156.jpg
最初は触れなかったけど、ようやく小さいヤギを触ることが出来た!

1005157.jpg
餌をもっている人は襲われます・・おそろしや。

1005158.jpg
うさぎさんにもこんにちは!

今日はパンの耳を持ってきたので、うさぎさんにどうぞ!
ニンジン持ってきてた人がいた。うさぎの好物はニンジンだったっけ・・と思い出した。

こないだは気付かなかったけど、
1005159.jpg
ニワトリが超おデブ。

10051510.jpg
のしのし!と歩いていた

普通、ニワトリの歩き方をのしのし・・なんて言わないんだろうけど、このニワトリはホントに、のし・・のし・・歩いていたの。百貫デブとはこのことよ!

でも、ふと思った。百貫ってホントはどんぐらいなんだろう?
気になったので調べた。1貫は3.75kgだそうな。なので、100貫は375kgということになる。

百貫デブは、究極のおデブってことですな。。。


10051511.jpg
動物コーナーにあったすべり台でも遊んだ。何十回も滑った!よく飽きずに滑るもんだ


動物コーナーを後にし、公園内を散歩。

そして、また発見!
10051512.jpg
本日3つ目となるすべり台。



まったりとした1日だったけど、いっちゃんは楽しかったみたいデス




乗り物を克服!?

いっちゃんは乗り物系遊具が嫌い。。。
遊園地に連れて行けるのは、いつになることやら。。。

近所のショッピングセンターには2つほどコインを入れて動く乗り物系が設置されている。いつも何も言わないのに、突然乗りたい!って言いだした
今まで乗りたいなんて言ったことがなかったし、乗らせようとしても嫌がって泣き叫ぶだけなので、びっくり!

もちろん、乗らせてみた

くるまの乗り物

音楽が鳴り、前後に動く。まぁ、それだけのものデス。
でも、とっても嬉しそうに乗っていた

遊園地につれていってあげれば、少しは楽しめるかも!

今度メリーゴーランドを街で見つけたら、チャレンジしたいな!
もしかして乗れるかもしれない



リヨン②

2010年ゴールデンウィーク旅行6日目・最終日。

朝、この旅で一番最悪な天気。雨と風がすごくって台風が上陸したんじゃない?って感じだった。暴風雨よ!日本だったら電車が止まりまくりって感じ
それでも帰りの飛行機は夕方だったので、引き続きリヨンの街を散策することにした

旧市街地を散策することに。
リヨン⑬
まず行ったのは、サン・ジャン大司教教会

写真は前日に撮ったもの。。。この時、雨と風が本当にすごくて、カメラなんてとてもカバンから出せない状態傘もさせない状態傘は開いた瞬間、風に壊される自信あり。カバンに入れっぱなしで一度も使ったことなかったポンチョをこの日初めて使用した
逃げ込むように、教会内に入った。

リヨン⑭
14世紀の天文時計が内部にあった。

外に出る気がしなくて、かなりの時間を教会内に留まる。。。

小降りになってきて、よーやく外に出れた。
リヨン⑮

リヨン⑯

いかにもヨーロッパらしい旧市街地を歩く。余裕があれば、雨に濡れた路地も素敵だぁ~って思うんだろうな。寒くってそんな余裕はナシ。

リヨン⑰
こういう入口がチョコチョコある。

リヨン⑱
トラブールというもの。

建物の中庭を通って路地と路地を行き来する抜け道。リヨン独特のものらしい。

そして、旧市街地の散策を終えた。。。


ホテルの近くに戻ってきて、お昼ご飯にすることにした
今回の旅行最後の食事
リヨン⑲

リヨン⑳

リヨン21

リヨン風サラダ、鴨のロースト、チョコムース。とっても美味しかった
食事後空港へ。オランダに向けて出発


うーん、今回の旅行は全体的にお天気が悪くてちょっと残念だった思いかえすと、昨年の春夏の旅行中には雨どころか曇りの日すらなかったっけ。運が良かっただけなんだけど、余計にあぁ・・・って思った原因だと思う。
それでも要所要所で晴れ間もあり、何とか楽しめた。


ということで・・・

これにて、旅行の思い出話はおしまい



リヨン①

2010年ゴールデンウィーク旅行5日目の続き・・・。

展望台から戻り、午前中にシャモニーの町を出た。お昼ご飯休憩に再度アヌシーを訪れ、その後本日の宿泊地リヨンに向かった

リヨン①
リヨン到着!

リヨン②
サンテグジュペリ像。

「星の王子さま」の著者・サンテグジュペリはリヨン生まれ。
星の王子さまグッズがお土産物屋さんでもいろいろ売られていた。もちろん、いくつか購入
箱根にある星の王子さまミュージアムは気に入って2回ほど行ったことがある。調べたけど、リヨンには星の王子さまミュージアムはなかった。星の王子さまミュージアムは世界でただ一つ、箱根にしかなかった。

それにしても・・・何故ゆえに箱根


リヨン③
ソーヌ川沿いを歩く・・・

リヨン④
ソーヌ川の向こう岸に渡り、フルヴィエールの丘に向かった。

リヨン⑤
丘にはケーブルカーで登る。

リヨン⑥
ノートルダム・ド・フルヴィエールバジリカ聖堂。

丘の上にあった聖堂。最近、聖堂とか教会も見慣れてきた感があって、そんなにすごいと思うこともなくなってきたんだけど・・・。

中に入り、久々におぉぉーー!と思った。壁はモザイク画ですごい、天井も柱も全ての部分が豪華で手抜きなしって感じだった
写真が禁止だったので、撮れなくて残念

リヨン⑦
丘からは街が見渡せた


そして、聖堂から少し離れたところにあるローマ劇場へ
リヨン⑧
工事中

改修工事か何か?をしているらしく、遺跡の真ん中にプレハブがあったり、工事道具が置いてあったり

リヨン⑨
まぁ、ふーんって感じだった。

リヨンへの到着時間が遅かったこともあり、この日の観光はこれにて終了!


晩ご飯にすることに

リヨンは美食の町と言われているらしく、レストランが1000件以上あるのだとか。基本的に、不味い店はない。というか、不味い店に入ったら不運と思えと。適当に入ってもどこでも美味しいと聞いて、適当に入ることにした
地球の○き方にレストランの多い通りが3か所ぐらい記載されていたので、一番ホテルから近い通りに行ってみた。

入ったお店のメニューはオールフランス語で、まーったくちんぷんかんぷん。店員さんもフランス語しか話せないのでお手上げ
とりあえず、一番安いセットメニューにした。

リヨン⑩
リヨン風サラダおいちい。

リヨン⑪
リヨンソーセージ。

夜でこれって少なすぎない?って感じだったんだけど、ものすごくさっぱりしてそうなソーセージが信じられないくらいこってりしたお味。
私は基本的にこってり系は苦手なので、ちょっと苦手かも?と思った。これは、好みだけどネ。

リヨン⑫
デザートのチョコレートケーキ見た目は普通だけど、激うま!



食事後はホテルに帰って早めに就寝超寝不足だったんで・・・。
この日のいっちゃんは、バスタオルぐるぐる巻きで寝かせた。2日連続されるのは困るのでね



首飾り

ゴールデンウィーク旅行の記録を書いている途中ではありますが、ちょっと休憩。。。

前にも日記に書いたけど、いっちゃんがピューターで作ったもの。
1005091.jpg
母の日のプレゼント

母の日まで開けてはいけない・・・とのことでしたが、昨日おそるおそる開けてみることに。


1005092.jpg
ハートの形の首飾りが入っていた

表はいっちゃんの落書きで、裏には・・・
1005093.jpg
キスマーク付き。

「あなたの為のキス。だってママが大好きだから

みたいなメッセージが書かれてました。もちろん先生が書いたメッセージですが、オランダ語で書かれていなかったので良かったです。たぶん・・私にだけ英語で書いてくれたんだろうなぁ。


正直、実際に首にかけるのは厳しいので使うことはありませんが、初めてのプレゼントなので大事にしたいと思います



シャモニーの展望台に行く

2010年ゴールデンウィーク旅行5日目・リヨン泊

シャモニー3日目の朝、超寝不足だった・・・。

昨夜・・事件は起きた。
我が家のいっちゃんは寝たままウ○チをするという特技を持っていて、たまーにだけど、寝たままする。昨夜その得意技が炸裂
旅行中は普段飲ませていないジュースをたくさん飲んでいたので、お腹がゆるくなっていたらしい。
ゆるゆる~と漏れ出した物は、パジャマだけでなく布団にまでもウ○チまみれにしてしまっていた!!

旦那さんに起こされて、

ぎょぇぇぇぇぇーーーーーーー

っていうか、何でアンタこんなすぐに気づいて起きてんの?

聞けば、普段から眠りの浅い旦那さんは、布団の中で一生懸命踏ん張っている踏ん張り声で目を覚ましたそうな。。。「コイツ、するな・・。と思ってたんだよー俺!」とか言いやがった


気づいたなら、何でトイレに連れていかないのよ


パジャマは死亡。洗えば何とかなる状態ではなかった・・・。もちろん洗ったけど、ダメ。

でも、布団はホテルのものだから染みついたままでは許されん!というこで、一生懸命夜じゅう洗った。

あー・・・。なんでこんなところで・・・

・・・。でも、家の布団がこうなったら発狂しそうだから、外で良かったか?


結局2、3時間しか睡眠時間は取れず、気分はサイアク

カーテン開けて外の天気を見ると、天気もサイアク

雨こそ降っていないものの、昨日同様、町中に雲が立ち込めて仙人の町状態だった


よろよろしながら展望台に行く準備をした。
今日はシャモニーの町から離れる日。最後なので、たとえどんな天気であろうと、モンブランを見ることが出来なかろうと展望台には行くことにしていた。

雨ではないけど曇りの天気。。。(しかも雨が降りそうな曇り・・)
ホテルを出る前に、フロントで展望台の様子をモニター確認してもらうことにした。
もちろんダメモトで聞いたんだけど、なんと!返事はオッケー牧場外の天気からは考えられないけど、展望台の辺りは今すぐ行けば晴れていて視界がクリアだと言われた
見渡すと同じホテルに泊まっている観光客たちが、完全防寒の姿で足早に展望台へ向かう様子だった。

我が家も、大急ぎで展望台に向かうゴンドラの乗り場に
展望台①
ゴンドラ乗り場。

乗り場の向こうは山なんだけど、雲だらけこんな下の方まで雲が降りてきちゃっているの


ゴンドラに乗り、標高2317mの中間駅プラン・ド・レギュイユに到着!
展望台②
何も見えましぇーん・・・

雲だらけ。。。右下の案内板にはここから見える風景が描かれているんだけど・・・。
ここから別のゴンドラに乗り換えて、標高3842mのエギュイユ・デュ・ミディ展望台へ。



展望台③
ほんとうに晴れていた。

展望台④
真ん中の真っ白にこんもりした山が、西ヨーロッパ最高峰のモンブラン。

モンブラン・・・見ることが出来た

でも、もっと素晴らしかったのはアルプスの山々が連なる風景。
展望台⑤
素晴らしかった

本当にすごいスケールなんだけど、写真じゃ全く伝わらないのが残念。運が良ければスイスのマッターホルンまでも見えるらしい。

展望台⑥
マッターホルン・・見えた


下を見ると雲だらけで、町の様子は見ることが出来ない。
展望台⑦
でも、いいの!


私達は最後の最後で!大パノラマを見ることが出来たのだ



Aosta(アオスタ)

2010年ゴールデンウィーク旅行4日目・シャモニー泊

さてさて、シャモニー2日目。
カーテンを開けると、雨がザァーザァーと降っていた
昨日確認した町の案内板の天気予報によると、本日のお天気は、heavy rainとのこと・・・。

バッチリ当たっていやがる

しかも、昨日は上空のみにあった雲達が町にまで降りてきていて、町全体が雲の中状態・・。仙人の住まう町・・みたいな感じになっちゃてるし。

もー!こういう時は、ベットでゴロゴロしながらお菓子を食べるぞー!汚したって平気平気~
だってここはホテルだもーーーん

・・・・・

はぁぁぁーー・・・・。


雨だとは思っていたけど、やっぱりそうだと凹むな・・。しょうがないけどさ。



とりあえず、、、今日はシャモニーに残っていても厳しい見込みがたったので、町の外に観光に出かけることとなった。

シャモニー2日目②
モンブラントンネルを通行。

十数年前に大惨事があったことから、現在の通行は厳しく管理されていた。
速度は時速50~70キロをキープし、車間間隔を150メートルあけなくてはならない。

トンネルを抜けると、そこは


ボンジョールノ


そう、ここはイタリア。シャモニーはイタリア国境近くの町なので、すぐそこはイタリアなの。



シャモニーを出て1時間ほどで、目的地・アオスタに到着!
アオスタは、初代ローマ皇帝アウグストゥスによって造られた歴史のある町で、「アルプスのローマ」と言われているほどローマ遺跡が町に残っているのだとか。

シャモニー2日目③
アウグストの凱旋門がお出迎え。

とりあえず、町をふらふら散策。
シャモニー2日目④

シャモニー2日目⑤
街並みは、フランスとは少し違うかな?

シャモニー2日目⑥
通りには美味しそうなお菓子屋さんがいっぱいあった!

シャモニー2日目⑦
パスタやポルチーニ茸も売られてる。

この町は、歩いているとひょこひょことローマ時代の遺跡が出てくるの。

シャモニー2日目⑧
プレトリアンヌ門。

シャモニー2日目⑨
いっちゃんはこれを見て、「今何時?ってあそこに書いてあるよー!」と言った・・・。


そして、お昼ご飯もちろん、イタリアンです!
シャモニー2日目⑩
前菜の盛り合わせ

左下の薄いピンクのがLardo(ラード)と言われるこの地方の食べ物。オイシイ!

シャモニー2日目⑪
ポルチーニ茸のタリアテッレ

むちゃくちゃオイシイ~

アルデンテだしー。きゃー
オランダでアルデンテのパスタを未だに食べたことない

シャモニー2日目⑫
ニョッキのフォンティーナチーズソース

これまたおいちぃー

アオスタのニョッキは一番美味しいんだって!
ニョッキの材料はじゃがいも。アオスタのジャガイモは美味しくて有名だけど、なかなか外に出回らないので「まぼろしのじゃがいも」と言われているとか。


うーん、満足じゃ


幸せな気分でお店を出て、再度町を散策。

シャモニー2日目⑬

シャモニー2日目⑭

シャモニー2日目⑮

シャモニー2日目⑯
ローマの円形劇場跡。


もちろん、お土産も購入
シャモニー2日目⑰
じゃーん!アオスタ産の乾燥ポルチーニ茸。

北イタリアの名物。以前イタリアに来た時も購入した。
ハンバーグの種に細かくして入れたり、トマトソースに入れるとレストランの味に変身しちゃうの


ホクホクしながら、シャモニーに戻った。



そして、晩ご飯
入ったレストランは、トリップアドバイザーの口コミで1位になっていた「La Maison d'en Bas」
実は、昨日もこのお店に来たんだけど、全席予約で埋まっていて入れなかったので、再度予約を入れて出直した。

シャモニー2日目⑱

シャモニー2日目⑲
お勧めされたステーキ。固いんだけど、激うま!

旦那さんと奪い合いながら食べた。こんなに肉自体の味がしっかりしたお肉は久しぶり
オランダの牛肉はおいしくないの

シャモニー2日目⑳
ルブションチーズのオーブン焼き。

オーブンで焼いてとろとろに溶けたルブションチーズを具材に付けて食べる。

パンナコッタ
デザートまで全て美味しかった



お天気には恵まれなかったけれど、食べ物には恵まれた1日だった
おっと気づいたら、今日の日記はずいぶん長ーくなっちゃいました。。。


最後まで読んでくれて、どうもありがとう



モンタンヴェールへ行く

2010年ゴールデンウィーク旅行3日目・シャモニー泊

アヌシーのホテルを朝一にチェックアウトし、本日の目的地シャモニーに向かった
天気予報では雨降水確率も95%だった。最初は、他の街に観光に出かけてから夜にシャモニー到着も考えたが、アヌシーで天気予報が外れたこともあり、朝から当初の予定通りシャモニーに行くことにしたのだ。

アヌシーから車で1時間ほど・・シャモニーに到着した。

シャモニーは雨こそ降っていないものの、空は厚い雲で覆われ、いつ雨が降ってもおかしくない状態だった。。。
ホテルのフロントで展望台に行くのはどうかを尋ねた。フロントでは、展望台の様子がモニターで確認できるらしかった。
そして、返事はノー。展望台の辺りは全く何も見えない状態と言われ、今日はモンタンヴェールに行くことを勧められ、そうすることにした。

シャモニー1日目①
モンタンヴェール登山鉄道

赤いボディーのカワイイ電車山の斜面を登りモンタンヴェールに向かった。

シャモニー1日目②
モミやカラマツの林を走る。雪もまだたくさん残っていて、いっちゃんは久々に見る雪に喜んで、雪やこんこ♪を歌っていた。

なんちゃって世界の車窓から
(モンタンヴェール登山鉄道編)

終点のモンタンヴェールに到着!
ホテルやレストランもあり、たくさんの登山コースの出発点となっている。
シャモニー1日目③
そして、メール・ド・グラスというモンブランの東面を流れるフランス最大の氷河を見ることが出来る。

氷海はスイスのアレッチ氷河に次ぐアルプス氷河でも2番目の大きさ!

白い部分は雪で、その下に砂道のように見える灰色の部分が全て氷河!
氷河の表面は、土とか埃とかで汚れちゃっているっぽい。ずーと昔からあるもので時間が経っているからね。

シャモニー1日目④
モンタンヴェールからはメール・ド・グラス行きのロープウェイが出ていて、氷河に掘られた氷河トンネルに行くことが出来た。

シャモニー1日目⑤
ロープウェイを降りてからも、急な道が続く・・・。

シャモニー1日目⑥
ボコボコ穴があるのが、氷河トンネル(氷海洞窟)

氷河の中に入った

シャモニー1日目⑦
キレイ

入口近くの自然光が届く辺りは、信じられないくらいキレイな水色の世界

シャモニー1日目⑧
表面は灰色に汚れた氷河だけど、中はすっごくキレイ
何でこんなキレイな色になるんだろうか?

さらに奥に進むと、いくつか氷河の彫刻が飾られていた。
電飾が神秘的な氷の空間を作り上げていた。

シャモニー1日目⑨
正直、彫刻の芸術性は低いですが・・・。

毎年数カ月もかかって彫刻がつくられているのだとか。

さ、さぶい・・・。手袋ホテルに忘れた・・・。


氷河トンネルからモンタンヴェールに戻ると、雲が広がっていてかなり視界が悪くなっており、雲で氷河がほとんど見れなくなっていた。
ギリギリのところで雄大な景色も見れたし、不幸中の幸いって感じ。


シャモニーに戻って、遅めのお昼ご飯

シャモニー1日目⑩
サヴォア地方のソーセージ。食べかけの映像でスマン

美味しかったけど、なぜか?メチャクチャ固かった。


午後は雨がぽつぽつと降り出し、少しやんではまた降る・・の繰り返し。
私達は、お土産屋さんをのぞいたりしながらシャモニーの街を散策した。

シャモニー1日目⑫
モンブラン初登頂に成功したバルマとソシュールの像

指をさしている先には、モンブランが見えるという。

シャモニー1日目⑬
まっしろしろすけ。

な、なにも見えーーん・・・。


ホテルに戻って休憩してから、晩ご飯にすることに

シャモニー1日目⑭
焼き肉もどき。

シャモニー1日目⑮
炭火でお肉を焼いて、ソースつけて食べる。

お肉は固かったけど、おいしく頂くことができた

シャモニー1日目⑯
キッズミールのデザート!

ゾウさんの背中にアイスがのっているの!可愛い


こうして、シャモニーの1日目は終わった。



Annecy(アヌシー)

2010年ゴールデンウィーク旅行2日目・アヌシー泊。

リヨンのホテルをチェックアウトし向かったのが、スイスの国境近くのアヌシー。
アルプ山脈に囲まれたアヌシー湖の湖畔にある街♪

前日確認した天気予報によると、アヌシーは雨
降水確率も95%と高かった。。。

レンタカーを走らすこと1時間強。。。アヌシーに到着した。


アヌシー①
旧市街地

アヌシー②
PALAIS DE L'ISLE(歴史博物館)

アヌシー③
春のお花が満開



雨予報だったアヌシー。


天気予報は外れた。


アヌシーの旧市街地には運河があり、水道水を流していない!?って思っちゃうほど澄んだお水が流れていた
フランスのヴェニスと言われているらしい。。。
正直、ヴェニスよりこっちの方が断然イイ。

旧市街地を抜けると、
アヌシー④
アヌシー湖が見えてきた!

アヌシー⑤
アヌシーと言えば、アヌシー湖!!

ヨーロッパで一番透明度が高い湖キ、キレイ~

アヌシー湖のカモ
こんなきれいなお水で泳げるカモさんは、幸せものだね


お天気も良いので、アヌシー湖をクルージングすることに!
アヌシー⑥
すっごい楽しみにしてたの雨だと出来ないな・・って思っていたから、すごく嬉しい。
オフシーズンということもあって、遊覧船はガラスキ。

アヌシー⑦
湖畔の町を眺めたり、

アヌシー⑧
断崖絶壁を眺めたり、

アヌシー⑨
遠くにアルプスの山々も見れた

アヌシー⑩
湖畔の美しい町として知られる、タロワール

アヌシー⑪
デュアン城

アヌシー⑫
あぁ・・・ステキエメラルドグリーンに輝く湖

あっという間の1時間だった


旧市街に戻ってお昼ご飯にすることに
アヌシー⑬
この地方の名物、タルティフレット
(ルブションチーズのポテトグラタン)

うん、普通にオイシイ。

お腹を満たした後、旧市街地のお店をのぞきながら歩いた。
15時くらいから、やはり雨がぽつぽつと降りだした。。。

アヌシー⑭
アヌシー城に入城することに。

お城の内部はたいしたことなかったけれど、
アヌシー⑮
高台にあるので、街を見渡せた。


その後、ホテルに戻って夜に備えて休憩した。。。




そして、晩ご飯

行くことにしたレストランは、トリップアドバイザーで上位になっていた郷土料理の店「LE FRETI」

頼んだのは、
アヌシー⑯
名物料理・ラクレット

大きなチーズを台にセットし、電気の熱でチーズを溶かしながら削って、具材に付けて食べる

アヌシー⑰
豚のシチュー

アヌシー⑱
何かの卵のグラタン

いずれも珍しいお味だった。
この日、こんなに大量のチーズを1日に摂取してもよいのだろうか?と思う位のチーズを食べた。


レストランを後にし、夜の街を散歩した。

アヌシー⑲
PALAIS DE L'ISLE(旧牢獄)のライトアップ


昼が素敵な街は、夜も素敵だった



ローヌ・アルプ地方へ

2010年ゴールデンウィーク旅行1日目・リヨン泊。

ゴールデンウィークということで、旅行へ出かけた

空港までの道路で事故が発生し、大大大渋滞・・・。

飛行機の離陸時間が大幅に遅れるし・・・。

トムトム(携帯用カーナビ)が壊れるし・・・。

リヨン空港
なんとか、リヨン空港に到着。

レンタカー屋さんで、チャイルドシートの用意の不手際も発生するし・・・。



予定時刻を数時間も遅れてホテルに到着しました。。。もう、この日はヘトヘト。




プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1