足が付いた!

いっちゃん3歳の誕生日プレゼントに購入した10インチの自転車。
地面に足が付かず・・・ガレージ(物置)にしまいこんでいたんだけど。

半年経って、ようやく地面に足が付くようになった!

夏の内に自転車の練習しなくっちゃ

自転車練習②
両足を交互に動かすのが上手にできない・・。

そして、安物のなんちゃって自転車の為、乗り心地もよろしくないらしい・・・。
(安いから買ったんだけど

実はオモチャコーナーで安く売られていたもので、組み立て式の自転車だったの。
旦那さんが組み立てたんだけど、素人が簡単に組み立てられる代物とあってなんだか安定感がない
左右対称に固定するのってかなり大変。。。

でも、せっかく買ったんだし。
なんとか少しずつ練習して夏の間に乗れるように!と思う。


スポンサーサイト

気球

オランダに来て、気球をちょくちょく見るようになった。
日本でもたま~に見たけど・・・。。。
普通に住宅地の上を通るんだよね。

気球①
家の窓から

気球②
拡大

オランダで見かける時は大抵夕方・・・。日本じゃ日中だよね?
なんでだろうね?

一応、気球を見かけたらいっちゃんにも見せてあげる。
さすがに覚えたよ。




ビーチの夕焼け

ビーチで見たい景色NO.1は夕焼け。(←私だけ!?)

しかーし!!オランダの日没時間は遅い・・・日中から出かけたら疲れるし、夕焼けまで待てん。

ということで、夜に出かけることに
向かったのは、ロッテルダムから近くて、ビーチ沿いのお店がたくさんあるスヘフェニンヘン。
海夕焼け
ご飯を食べながら、日が沈むのを眺めた

うーん、サイコー


日が沈むと一気に冷え込みますが・・・。


夏なのに、夜はかなりサムイ・・・。


日本の夜の海岸では、花火が定番!オランダでは、さすがに花火をやる人いない。
代わりに?
海火①
火を持った人々が・・・

海火②
火の玉が宙に舞う・・・

気球と一緒ね。布(紙)で出来た大きめの囲いの中に火を入れて空に飛ばす。

海火③
これ、相当上空まで飛ぶの。

かなーり飛んだ後、燃え尽きた黒こげの物体が海へ落下。



スヘーフェニンゲン夜景




貸切カフェ

いつもとは違うお散歩コースを久しぶりに歩いた。
この辺りは駅から遠ざかる方向だし、ただ住宅地があるだけなので最近は全く行かなくなっていた。


我が家から歩くこと、5分。
貸切カフェ①
住宅地に溶け込むような外観のカフェが!

いきなり新しいカフェが出来ていた

我が家の周辺は完全に住宅地で、今までは外食できる場所といえばショッピングセンターに入っているファーストフード店1つだけだった。
散歩しながら休憩できるお店がすぐ近くに出来ていたなんて!嬉しい


貸切カフェ②
お客さんは私達だけ。貸切デス。

貸切カフェ③
けっこうオシャレ~


お食事メニューは・・・



・・・・・



・・・・・




インドネシア料理・・・



確かに内装とかバリ島っぽいかも。
Bioとかイタリアンとか一瞬期待したんだけどね。ナシゴレン(焼き飯)とかサテ(焼き鳥)とかのメニューが並んでいた。サンドイッチもあるんだけど、サテサンドとかレバーサンドとかの異色サンドハム&チーズとか普通のサンドイッチはないの。


でも、嬉しい


今度ランチしに来てみよう!



初めてのSpido(スピドー)

ロッテルダムを流れる大きな川・・・マース川。
上流に行けば、ライン川まで行けちゃうという川だ。

川には多くの遊覧船が運航し、川沿いの景色を眺めることができる
ロッテルダムに来た当初から、実は遊覧船にはあまり興味がなかった。。。川沿いは車でよく通るし、その時に景色を眺める事が出来たからだ。

さて。

昨年はミュージアムカルト(ミュージアム年間フリーパス)を購入し、1年間大いに楽しんだ3月に有効期限が切れたので、4月に再び購入。
そして、5月にロッテルダムパスなるものを購入。ロッテルダムの周辺の施設で無料&割引サービスが受けれるカードだ。
ミュージアムカルトとロッテルダムパスは特典が重複している部分があるので、両方買うともったいない(両方の元が取れない)んじゃないか?と思って迷っていたんだけど、そんな心配無用だった。
両方あれば両方がつがつ使うのだ
どちらのカードも買って2カ月ほどで元を取った。昨年も両方とも買えば良かった・・・。ちょっと後悔・・


さてさて。

ちょっと話がそれたけど、ロッテルダムパスでSpido社の遊覧船(港湾エリア周遊コース75分)が無料なので、乗船することにした

スピドー①
Spido(スピドー遊覧船)

なかなかカッコイイお船!

Spido乗り場のすぐ前!にあるお土産屋さん隣のチケット売り場にてロッテルダムパスを提示し乗船券を発行してもらった。
もちろんチケットを持っていない方は、このチケット売り場で乗船券を購入する。


いっちゃんには、「明日お船に乗りに行くよー」って話をしていたからえらく楽しみにしていて、この日は朝から「お船乗りに行くの!」ってルンルンだった。
乗り物系遊具は大嫌いなのに、本物の乗り物は大好きなんだよね・・・。地下鉄乗る時もいまだに、でんしゃー!!って興奮するし。不思議。。。

スピドー②
夏だし、天気も良いし、乗客はたくさん!

スピドー③
うーん!風も気持ちいぃーー!!

スピドー④
ヨットハーバーを眺めたり・・・

スピドー⑤
オランダで一番高い展望塔・ユーロマストを眺めたり・・・

スピドー⑥
ユーロマスト展望台の外側には人が!?何してんの?

スピドー⑦

スピドー⑧
普段は車の中から眺める建物も、お船の上からだとまた違って見えた

スピドー⑨
マース川沿いにあったビーチ

スピドー⑩
何気ない景色も良く見えるもんだ!

スピドー⑪
半分ほど時間が経過したところで、船内に戻った。軽食&飲み物が買える。

船内も全面ガラス張りなので、外の景色が十分楽しめた

スピドー⑫
ロッテルダムが世界に誇る!?港湾エリアに突入!

スピドー⑬
ここら辺は普段は見る事のない世界。港湾エリアってすっごい広いの!

スピドー⑭
コンテナに荷物を詰め込む作業中・・・。

ふーん、そうやって荷物入れるんだ。



けっこう見るところ盛りだくさんで大満足の遊覧だった
ロッテルダムもけっこういいじゃない!

魅力再発見!みたいな


スピドー⑯
最後はお決まりの記念撮影。


いっちゃんも楽しかったらしく、帰ってからも翌日も「お船に乗ったの!また乗りに行くの!」と言っていた。
今回乗船したコース以外のコースもあるし、また乗りに行こうと思ったのだ。



世界博物館

先週末もお天気が良かったそれなのに・・・
こういう時に限って遠出が出来ない事情があり、近場のロッテルダムにある博物館に行くことにした
博物館に行くのは、久しぶり。

行くことにしたのは、ワールドミュージアム7月1日~行われているインカ展がメチャクチャ気になっていた。
インカ展①
地下鉄やトラムの掲示板のあちらこちらに広告があったのだ。

ペルーとかマチュ・ピチュとか、たぶん行くことはできないけど、すごく興味ある。


インカ展②
博物館はリバーサイドにあるので、川沿いの散歩もしつつ・・・。

インカ展③
一見ホテルのような外観のWereldmuseum Rotterdam

世界をテーマにしたといっても、ヨーロッパは除く・・・。
アジア、オセアニア、アフリカ、アメリカ等の地域。各国ごと(地域ごと)にブースを作り、その国の精神的支柱となっている文化にスポットをあてている感じかな?
特別展のインカ展は個人的にはちょっとイマイチだったのだけど、常設展がとっても良かった!
ここの博物館は、その文化の根底に流れる精神・空間を非常に大事にしていて、展示の仕方・BGMなど工夫を凝らしていた。
チベットの寺院の内部を再現したり、もちろん日本のブースではお寺の内部の再現等・・。BGMはお経っぽいものだったり・・・。

いっちゃんは、怖がったけど

わかるよ。。。小さい頃、私も確かにお寺とかお経とか不気味だったから。
私は常設展が思いのほか気に入り、また別の特別展が始まったら来たいなと思った。


最後はミュージアムカフェに寄った。
インカ展④
オシャレなカウンターもあるの

インカ展⑤
おつまみも頼んじゃった・・


なんと!なーんと!ここのミュージアムカフェはワインバーとなっている。グラスで楽しめるワインが20~30ぐらいあった。
ミュージアムのHPをふむふむ~インカ展ね・・・とチェックしている時に気が付いた


まぁ・・たいして飲みたいワインがあったわけではなかったけど、ミュージアムカフェがワインバーなのは素晴らしい
だって、ミュージアムカフェなのにだよ!


楽しかったよ



チョーク遊び

チョークをちょこちょこ貰う。自分で買った事は一度もないのに、使っても使っても減らない・・・

オランダのチョークってすごいの
種類も大きさも日本とは比べ物にならないくらい豊富よ。最初見た時ビックリした

チョーク
直径2~3センチぐらいある太いのとカラフルチョークを現在使用中。

チョーク遊び①

チョーク遊び②

この時期は気候がいいし、外で存分にチョーク遊びができる。
夏の間に使い切れればいいんだけれど・・・。




Vlissingen(フリシンゲン)

週末はとっても良いお天気
ということで、ビーチに行くことに行くことにしたのは、ゼーランドにあるフリシンゲン。

フリシンゲン①

フリシンゲン②

到着した時間が早かったからか、けっこうビーチはガラスキ。
フリシンゲンは、ホントにビーチしか無かった。。。かろうじてホテルと飲食店が数件はあったけど。旦那さんはちょっと不服そうだった。

いっちゃんは、打ち寄せる波が怖くて海には入ることができない。まぁー北海は水温は低くて長時間は入れないんだけど、それでもせっかくだから少しは入って欲しい。
でも、ダメ。絶対に入らないし、大声で泣き出した

フリシンゲン⑤

しょーがないなー、もう。小さい子も楽しそうに海に入っているのに。

フリシンゲン③   
        
フリシンゲン④


と言う訳で、砂遊び。


私は・・お昼寝


何人か、、、ちらほらとトップレスの女性がいたちょっとびっくりした。
若い子でトップレスの子は全くいないの。みんな結構年配の女性なんだよね~不思議。

午後になり相当暑くなってきた。パラソルの下でも暑い
ということで、退散


フリシンゲンから10キロほど離れた場所にある、ミデルブルグに寄ることにした。
ミデルブルグ
15世紀に建てられた街のシンボル♪ ミデルブルグの市庁舎。


なかなか雰囲気もあるし、大きな街だった。
かつては東インド会社の支社もあった街。。。
お店を覗きながら、少し買い物をしたのよ



懐かしい再放送

テレビのチャンネルを回すと、懐かしい番組を見かけた
日本の番組の再放送。。。
オランダでは、テレビを見たりラジオを聴いていて、あまりにも懐かしい(古い)番組&音楽に出くわすことが多かったりする。要するに、版権が安いのだ。


ちなみに、こんな番組。
再放送
番組の最後の方。

何だか、分かる???

数々の難関を突破した挑戦者(一般人)が、た○し&た○し軍団に挑むシーン。


番組のタイトルは・・・

「Takeshi Castle」


そう・・・・・、


風雲!たけし城。



いやいや~、オランダでたけし城の再放送を見るとは思わなかったよ。
日本では、24、5年前に終わった番組だ。その時の事はよく覚えている。当時、仲が良かったクラスメートのNちゃんがたけしの大ファンだった。。。


たけしが昨日~・・・

今日、たけしが~・・・


彼女はたけしの話しかしなかった。
そして、たけし城のオンエアが終了が決まって号泣していた。。。


うーん、懐かしい・・・。


結局・・、番組は最後まで見ちゃいました。



ツールドフランス

スポーツの夏


ツールドフランス・・。私は名前を聞いたことある・・ぐらい。かろうじて自転車レースだって知っているくらい(無知すぎてすんません)。
でもこの大会、夏季オリンピック、ワールドカップに次いで3番目に世界のテレビ観戦者が多いとかいうくらい、人気の大会らしい

実は・・なーんと!!!今年の出発地点はロッテルダムだった

大会開催前には、ロッテルダムの空にツールドフランスの宣伝飛行船が旋回しまくっているし、旦那さんも職場で話題が出ていて、盛り上がっている様子!
私がロッテルダムに住んでいる間に、再びスタート地点になることはないというのはもちろん、ツールドフランスがロッテルダムからスタートなんて最初で最後!?ぐらいのすごいことらしい


見に行くべきか、行かざるべきか・・・。



みにいくべきか、いかざるべきか・・・。



ミニイクベキカ、イカザルベキカ・・・。




結局・・・行きましたぁ~
だって、ツールドフランスを見るのってこの機会逃したら、もうないもん!
先週末の土曜日と日曜日の2日間。日曜日に予定があったので、初日の土曜日に行った。この日は個人タイムトライアル。まぁ~、雰囲気をちょこっとだけ味わえればなぁと思って。


1007031.jpg
到着時には、各協賛企業の宣伝カーがすごい勢いで走りまくっていた!
各宣伝カーは、オリジナルグッズだの試供品だの観客に向かって投げまくり、それを観客が取りあう(笑)。

ちょこっとだけいるつもりが、結局何時間も居続けて本番まで見ちゃった。


1007032.jpg
あっ、来た!って思うともうビューンっていなくなる。

チームとか選手とか全く知らない私達。
周りの人がメチャクチャ盛り上がって大拍手が起きると、これ?オランダのチームかしら??と思い、とりあえず拍手してみたり。


会場にはツールドフランスグッズが売られていて、買ってしまった。。。
1007033.jpg
傘はすぐに役に立った。この日、途中から雨が降った。

1007034.jpg
買いすぎだろ!?


グッズ系に弱いの。
それに、一生に一度!と思ったらつい買ってしまったのだ。

見に行った記念だよ~。




ワールドカップグッズ

スポーツの夏

気づけば、ワールドカップが始まっており、すっかり乗り遅れた感があったけど、遅れながらもグッズなるものを購入
ブランド物とか全く興味ないけど、グッズ系は大好きなの。

肝心のサッカーの試合はほとんど観ていませんが・・
日本の試合と、オランダの試合を一部分だけ観たぐらい

買ったもの其の壱。
1007035.jpg
オレンジTシャツ

一度も袖を通してない・・・。買ったものの着るのはちょっと抵抗があったりして
一応、あと1回着る機会はあります。。。そう!オランダは順調に勝ち進み、残りの1試合(決勝)まできてしまったのだ!

どうしよう・・。最後くらい!?


買ったもの其の弐。
1007036.jpg
応援用襟巻タオル

オランダvs日本のやつね。

1007037.jpg
場所(ダーバン)と日付(6月19日)入り!

オランダ人でこれを購入した人が果たしているのか???
売れ残っている姿を見るに忍びなく思い購入した次第。



実際に使うことはなくても、オランダでワールドカップ期間を過ごした記念ということで、大切にしたいと思いマス



カレル橋で似顔絵を描いてもらう

2010年夏休み8日目。最終日


とうとう最終日。プラハも旅行もこの日が最後。長々~書いてきた旅行の思い出話も今日が最後。
帰りの飛行機は夜だったので、引き続きプラハの街歩きをすることに!


向かったのは、前日も訪れたカレル橋
1006261.jpg

カレル橋の入口に塔が建っていて上に行けるようになっていたので、登ることにした。

1006262.jpg
塔の上からは、ぞろぞろ~と歩く観光客達が見えた。

1006263.jpg
橋と反対側にはプラハ城が見えた。

この風景も見納めなのかな・・・。最終日をむかえ寂しくなってきた。

塔から下りて、カレル橋を再び歩いた。
午前中だったので、昨日見たパフォーマーは誰もおらず、絵を売る人&絵を描く人のみ。カレル橋の上には似顔絵を描く人が大勢座っているのだ。
マンガちっくの似顔絵は安いけど、肖像画タイプの似顔絵は結構なお値段・・・。

1006264.jpg
迷ったけど、いっちゃんを描いてもらった。

きちんと前向いてじーっと座って・・・って3歳児には難しかった案の定、不服そうに口をとがらせたりおじさんを睨みつけたり・・・
出来上がった絵は正直いっちゃんに似ていなかった。しょうがない。この状態で描けという方が無理なので。

値段もそれなりにしたし、似ていないし・・・なんだかな~と思った。
それでもせっかく描いてもらったので、家に帰って来てから額に入れて部屋に飾ってみた。

1006265.jpg
この顔、外人じゃない??

最初はうーむ・・と思っていた絵だったけど、だんだん見慣れてきた。
今は旅の思い出の品としては、良かったのかなぁ~と思っている。




プラハ城へ行く

2010年夏休み7日目。プラハ泊

本日も終日プラハ。
昨日川越しに眺めていたプラハ城&フラッチャニ地区へ向かった

プラハ城のある丘に登るのにいくつが道がある。
1006251.jpg
私達が登りに使ったのは、旧登城道という道。。。

城壁内には、旧王宮、大聖堂、教会、修道院、博物館などが建っている。広ーい敷地なの。ギネスブックに最も古くて大きい城と認定されている。
敷地内の各建物に入場するにはもちろん入場券が必要!旧登城道から入ると一番近いチケット売り場が、なぜかこの日はお休みだった
チケット買うために、結局反対側・正門近くのチケット売り場まで行かなくてはいけない事に・・・悲惨・・・。

1006252.jpg

1006253.jpg

1006254.jpg

1006255.jpg

一通り観光し、お昼ご飯

1006256.jpg
お昼の一品。グラーシュ。

元はハンガリー料理。もちろん、おいしい!そう、ブダペストで気に入って毎食頼んでいたスープだ。
チェコのグラーシュは野菜が少なくて肉がメインのスープ。個人的には野菜たっぷりのハンガリーのグヤーシュの方が好みだな~。


昼食後は、カレル橋を渡った
1006257.jpg
ここも、プラハといったら!の場所。
ストリートパフォーマンスを見ながら楽しく歩いた

そして午後は、街でお土産屋さんを見て回った。
1006258.jpg
火薬塔まで歩いて来ちゃった・・・。たくさん歩いた。いっちゃんもよく頑張った!

ということで、ここらへんで晩ご飯
お昼が14時頃だったので、あんまりお腹空いてないけど。

1006259.jpg
パンの器入りスープ

10062510.jpg
プラハハム等の盛り合わせ

10062511.jpg
チーズフライ

と、かなり軽め~な食事だったが、その分!?ビールはもちろん、モラヴィアワインも楽しんだのだ




プラハの街とマリオネット観賞

2010年夏休み6日目。プラハ泊


チェスキー・クルムロフの町を出て向かったのが、チェコの首都プラハ。
今回の旅行の出発地点であり、最終地点でもある。

1006241.jpg

1006242.jpg

1006243.jpg

プラハ

美しい街だった


この日は、旧市街広場を中心としたエリアを観て回った。
ちなみに旧市街広場は上から見ると、
1006244.jpg
こんな状態(旧市庁舎の塔より

ワールドカップ真最中
旧市街広場はパブリックビューイング!大勢の市民(&観光客!?)が試合を観戦中。
ヨーロッパって、本当にどこもサッカーが好きなんだなぁ~と思った。旅行中あちらこちらのお店にスクリーンが出没し、観光客が釘ズケになってカフェに居座る姿をたくさん見た(何のために旅行しているんだ?と私は思った)。

そりゃー、気になるけどさ・・。


さて。

この日の街歩きを終え、お楽しみの夜ご飯
1006245.jpg
豚肉のオーブン焼き。

何だかね~、こういうボリュームの食べ物にビックリしなくなったよ。
慣れってオソロシイ・・・


味はもちろん美味しかったよ!


晩ご飯を済ませた後は、国立マリオネット劇場に向かった
1006246.jpg
20時からの公演。

プラハは(も!?)音楽が盛んで、コンサートにオペラにバレエに・・と楽しめる
チビ連れでなければ・・・
チビ連れでかろうじて入れそうなのが、チェコの伝統芸術マリオネットだった。

率直な感想を言えば、2時間の公演を観るのは厳しいかな

チェコ語の分からない人が楽しめるように演出が凝っているのは素晴らしいですが、1時間で十分。開演して1時間のところで休憩があったけど、そこで半分くらいの人が劇場から出て行った。。。
個人的には、せっかくお金払ったんだし最後まで・・と思ったけど、いっちゃんが限界。題目の「ドン・ジョバンニ」は内容がかなり難しいし、マリオネットの顔も正直まったく可愛くない(リアル)ため、びびりーのいっちゃんは怖がってしまった


外に出たのは、21時過ぎ。まだ明るいヨーロッパの日没はこの時期遅いのだ。

川沿いを散歩。。。
1006247.jpg
まったりと景色を眺めてのんびり夜になるのを待った。

1006248.jpg
大分、日が暮れた。

真っ暗になるまでは待たなかった。
サッカーの試合結果が気になってしまった。この日は、日本vsデンマーク戦が行われていたのだ。


ホテルに帰って、後半の終わりからではあるけれど試合を観戦した



チェスキー・クルムロフ観光

2010年夏休み5日目の続き・・。

シェーンブルン宮殿の観光を終えたら、ウィーンの街とはお別れ
本日の宿泊地、チェスキー・クルムロフに向かった

チェスキー・クルムロフ12
新緑の山道をひたすら通る

チェスキー・クルムロフ13
途中、思わず写真を撮りたくなるスポットがちらほら現れた

チェスキー・クルムロフ14
なかなか絶景なチェコの田舎道を走った

チェスキー・クルムロフは、チェコだけどオーストリア国境近くにあるし、地図上ではウィーンから百数十キロの距離のため2時間ほどで到着できると思っていたのだけど、高速道路を使うために遠回りしたり山道の一般道が多くなったりした。
結局、3時間ほどかかって到着。

チェスキー・クルムロフは、16世紀にブルタバ川の交易で栄えた町。

クルムロフ①

クルムロフ②

とっても可愛らしい町

到着後、さっそく観光することに~。
まずは、街のシンボル!チェスキー・クルムロフ城に向かった

クルムロフ③

お城の入口に熊が数頭いた。昔からこのお城では熊を飼育しているのだとか。

チェスキー・クルムロフ城のガイドツアーには2種類あり、案内する部屋が違うものだった。一つ1時間かかるし、両方参加はできない・・とⅠのコースを選択。
翌日、実は私達の参加しなかったⅡのコースが一番メインの部屋に入れるものであったと知った・・・

チェスキー・クルムロフ15
城の壁はスグラフィートという技法で装飾されていた。

チェスキー・クルムロフ16
レンガ造りのように見えるでしょ?

装飾なの

スグラフィートは、建築コストをおさえつつ模様や質感が出せるんだって。


ちなみに、

チェスキー・クルムロフ城の塔からの景色はサイコーだった
クルムロフ④

崖の下のブルタバ川沿いに広がるチェスキー・クルムロフの街並み

チェスキー・クルムロフ17

クルムロフ⑤
素晴らしい景色

上からの風景もいいけど、町の中に入っても可愛いの
クルムロフ⑥
とあるお土産屋さん。

絵本の世界に迷い込んだみたい

山の奥にあるチェスキー・クルムロフは発展から取り残された感があった。
幸か不幸か・・発展できず昔のままだったから、世界遺産の景色になったんだね。

夜ご飯にしようと居酒屋風レストランに入った。

クルムロフ⑦
店内の天井からは、ハエ取り紙がぶら下がっていた。レトロと言うかなんというか。

お店の人が紙と鉛筆を持ってきてくれた!
小さい子供を連れていると、よくあるサービスだ。

けれど、
クルムロフ⑧
鉛筆使い込み過ぎだろ?めっちゃ短い。というか誰かめっちゃかじっているし

小学生の時、こういう風にかじっていた鉛筆使っていた子いたな・・・。
昭和初期とかってこんな感じだったのかな・・・と思ったりした。

クルムロフ⑨
チェスキー・クルムロフの地ビール

そして、初めてのチェコ料理!
クルムロフ⑪
ローストダック

クルムロフ⑩
豚のカツレツ

どちらも美味しかったぁ

ご飯も美味しかったし、チェスキー・クルムロフの雰囲気も良いし・・。半日観光のみで翌日朝一、チェコの首都プラハに向かう予定だったけど予定変更!
翌日のお昼までこの町に滞在し、ゆっくり散策♪チェスキー・クルムロフを満喫することにしたのだ。



シェーンブルン宮殿

2010年夏休み5日目。チェスキー・クルムロフ泊


ウィーンの宿をチェックアウト。向かったのが、
シェーンブルン宮殿①

シェーンブルン宮殿②
シェーンブルン宮殿

混むと聞いていたので、朝一に行くことにした
あのハプスプルク家の夏の離宮だった宮殿だ。

シェーンブルン宮殿③

シェーンブルン宮殿④

庭園は整備され、花がキレイに咲いていた


宮殿内は、さぞかし豪華で目も眩む~を想像して行ったのだけど、思った程ではなかった。もちろん広いし美しいのだけど、もっとスゴイものを期待しちゃっていたの。
前日見学した王宮もそうだったけど、意外にハプスブルク家って質素(!?)だったのかしら?と思った。

ウィーンは街並みとか洗練されているし、全体的に外観はきれいで華やかな印象なんだけど、内部見学するとどこも豪華さは普通・・という印象だ。

時間の関係で行くことのできなかった美術館も豪華だと聞いているので、行っていれば全体の印象もまた違くなったのかもしれないけど。



この日の朝は早かったし、朝食なしのホテルだったので朝ご飯は食べていなかった。
ということで、ここでブランチにすることに早くもウィーンで最後の食事・・・。

CIMG2818_convert_20100702070829.jpg
コンソメスープ

ウィーン風スープはレバークネーデルと呼ばれるレバー団子入りだ。
おいしい!こういう澄んだコンソメスープって久しぶり・・たぶん、日本を離れてから初めてぐらいかも。
オランダのスープって、エルテンスープのみならず、クリームドロドロ系やトマトドロドロ系。
よく考えると、こってりドロドロスープばかり



腹ごしらえを済ませ、ウィーンを後にし次の街に向かったのだった



Wien(ウィーン)

2010年夏休み4日目。ウィーン泊


ブダペストの宿をチェックアウトし向かったのは、オーストリアの首都ウィーン。チェコに戻るのに帰りはオーストリア経由にしたので、ウィーンに寄った。ブダペストから車で2時間ほど走り、到着~!!


丁度お昼時だったので、早速お昼ご飯にすることに

ウィーン①
うーん、どれも美味しそう



・・・・・。

そうです。。。本日のお昼ご飯はケーキ~

ウィーンはカフェ文化に歴史があって、たくさんのオシャレなカフェが街中にある。カフェに入り、コーヒー&ウィーン菓子を楽しむというのも、ウィーン観光の一つ。
とはいえ私達は経由地点のウィーンに1泊の予定の為、優雅にカフェでのんびり~♪なんて時間は取れないし、第一お昼食べた後じゃお腹空いてないし・・。もう若くないので、ケーキだったら別腹!いくらでもOKよ!という胃袋ではないのだ。

ということで、お昼ご飯の1回をケーキに変更することにした。普段はあり得ないから、1回くらいまぁ~いいでしょ?


ウィーン②
ウィーン③ウィーン④
キャー

ウィーン⑤
キャーキャー

私達が入ったのは、王宮近くにあったデーメルというお店。2階の禁煙ルームでケーキ&アイスコーヒーを楽しんだ

あぁぁ・・・もちろん、幸せ~


さて。

お腹もいっぱいになったので、観光&街歩きをすることに。
ウィーン⑥

ウィーン⑧

ウィーン⑦

この日は、ホーフブルグ(王宮)やシュテファン大聖堂を見学し、その後ショッピング街を歩いた。
ウィーンの街は、全体的にキレイで華麗な感じ

ウィーン⑨
H&Mですら、高級店チックだった。


そうそう、
ウィーン
いっちゃんも、たくさん歩いたよ!


そして、夜ご飯
入ったレストランは、わがま○歩きに載っていた「オーフェンロホ」

ウィーン⑩
まずは、ビール

ウィーン⑪
いっちゃん用スープ。コレ、美味しかった!

ウィーン⑫
ウィーン風薄切りカツレツ

これまた、オイシイ!!

ウィーン⑬
鍋ごと出てきて、取り分けてくれたのが・・

ウィーン⑭
ターフェルシュピッツ

牛肉の塊を長時間煮込んで柔らかくし、スライスしたもの。
むちゃくちゃお肉が柔らかくって、すごく美味しかったぁ

ウィーンは料理が美味しいと聞いていたけど、本当に付け合わせも含めて全てが美味しくて大満足


もっと、食べれれば良かったのに。お腹がもう一つ欲しい・・。



プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1