クイーンズデイ♪ ロッテルダム観光

この週末、近隣国に住まう旦那さんの知人が1泊2日で遊びに来ていた。
2日間のみのアテンドということで、定番中の定番に出かけることに。

1104301.jpg
キンデルダイク

この日はクイーンズデイ!
キンデルダイクもクイーンズデイ仕様になっているかしら?なんて少し考えていたが、ここはいつも通り。
なにも変わっていなかった。。。


1104302.jpg
お天気良くて爽快!

1104303.jpg
知らない人からペーパートイを貰った、いっちゃん

世界各国の建造物をモチーフにしたペーパートイシリーズで、オランダからは風車!

いっちゃんの貰ったモノは、
1104304.jpg
モンゴリアンハウス・・・

風車が良かったな・・。



キンデルダイクの案内を終え、家に戻った。


時間がまだまだあるね?


ということで、クイーンズデイの街に繰り出すことになった。
客人、、、やるき満々?でオレンジの洋服を着て遊びに来ていたのだ。


街に行くと、街はいつも以上に賑わっていて、各々が楽しんでいるように思えた。

1104305.jpg
バルーンにご満悦のいっちゃん

初めて買ってあげた。お祭りだもんね!


旧港へ向かった
1104306.jpg
外席はどこも満席。

1104307.jpg
キューブハウスの陰でいつも日陰のこのバー、いつもはガラガラなのに・・。

こんなに賑わっている旧港を見たことない!
生バンドが演奏し、席に座れない人達も立ちながら一杯やっていた。

ということで、我らも立ち呑み。
1104308.jpg
クイーンズデイ、楽しんだよ!





スポンサーサイト

キャンディーの中身

いっちゃんの小学校・5月休みの2日前の話。
お迎えに行くと、他のクラスの子供達がみんな何やら製作物を手にしており、お母さんに渡していた。

宝物入れやら何やら・・。

クラスによって作ったものは違うけど、ピーンときた。
母の日のプレゼントなんだ・・と思った。
母の日はまだまだ先だけど、2週間強のお休みがあるので、お休み中に母の日も終わってしまうもんね。

でもいっちゃんのクラスだけ・・・手ぶら・・

4歳なりたてホヤホヤのひよこ軍団は何も製作しなかったらしい・・・。
まぁ~いいけど。


そして、お休みに入る直前1日前。
この日はみんなで朝ご飯を食べるという企画。迎えに行くと、バスケットの中に卵型のチョコやら何やらたくさん食べ物を入れて出てきた。
このバスケットの中には、本物の食べ物以外に偽物のジャンボキャンディー(工作品)も入っていた。


工作品・・
きちんと全部とっておいている親もいるのでしょうが、私はどんどん増えて行くものだし、一部の物(大作)以外はとっておいていない。


工作品持ってくる
   ↓
しばらくオモチャとして遊ばせる
   ↓
そのうち壊れる
   ↓
壊れたら捨てる

こんな感じ。



昨夜子供が寝た後見ると、ジャンボキャンディーが壊れていた。

あー、捨てましょー

拾い上げてふと見ると

ん??

なにか入ってる??


110428.jpg
ネックレスが出てきた。。。

ストローをビーズの代わりにつなげて作ったモノだった。






Schnitzel (シュニッツェル)

肉肉王国ドイツの名物肉料理っていえばいろいろあっても、やはり王者はSchnitzel (シュニッツェル)

ドイツのどのレストランに入っても必ずあるお食事メニュー。
へたしたら、小さいレストランに入るとお手軽価格のメニューはシュニッツェルのみ3種類とか、そんなこともあるくらい(笑)

シュニッツェル①
Schnitzel (シュニッツェル)

日本でいえば、薄いトンカツのような食べ物。
でも、日本のトンカツのように多量の油で揚げるのではなく炒め揚げしている感じなので、気持ちさっぱりしている!?
味も馴染があって口に合うし、厚さが薄いので子供も食べやすい。

日本のパン粉とは違って、すごく細かいパン粉なんだよね。
これも慣れると美味しく感じる。

シュニッツェル②
Schnitzel (シュニッツェル)コロッケ付き。

豚肉だけでなく鶏肉など他のお肉のシュニッツェルがあるし、ソースや付け合せもいろいろあるしで、結局レストランに入ると注文しちゃうことも多い。

ドイツに行かれる方は、どうぞ。


↑・・ドイツへ滞在するなら、避けては通れないはずなので(笑)。



フランケンワインを楽しむ in ローテンブルク

ローテンブルク滞在中にたくさん楽しんだ、フランケンワインたち

お昼ごはんで利用したレストラン「Glocke」では、5種類の試飲セットを楽しんだ後に横にあるワインショップでフランケンワインのお土産を購入!

夜ご飯で利用した、ワイン居酒屋のレストラン「Zur Höll (ツア・ヘル)」でも、たくさんのフランケンワインを楽しんだ。
↑・・あまりにワインの種類がありすぎて選ぶのに困った・・。

ローテンブルクワイン
フランケンワイン

わが家がボトルで飲んだのは、

・ブリュルツブルクの赤ワイン

・HANS WIRSCHING(白ワイン)
・・・フランケンで最大のワイン農園(日本でも売られているので、かなり有名な農園)で生産されているワイン。1630年代からIPHOFEN(イプホーフェン)というヴュルツブルクのすぐ南東にある町でつくられている白ワイン。

どちらも美味しかったぁー。

実はフランケンワインって、ワインの中ではそれほど好きではなかったんだけど、ローテンブルクではどれも美味しく感じた。その土地で飲むと違うんだよね~・・・。


=====

ローテンブルク滞在中に利用したフランケンワインを楽しめるレストラン、「Glocke」と「Zur Höll (ツア・ヘル)」のお食事の様子については、別の日記で詳しく紹介してるよ。

↓↓↓ レストランのお料理はこちらをどうぞ。
ローテンブルクで楽しんだレストラン♪


2011年イースター休暇(ロマンティック街道)

旦那さんが会社から貰ってきたもの

イースターチョコ
イースター用チョコレート

全員分はないらしく、昨年は貰えなかったんだよね。
今年は貰えた!嬉しい。



==========

週末ヨーロッパは祝日。土日と絡んで連休だった。
祝日の少ないオランダで、お正月(1月1日)以降2回目の祝日だ。といっても、1月1日は土曜日だったので、実質今年初の祝日。

ということで、
私達も車でちょろちょろちょろ~んとお出かけ


1104261.jpg
Rothenburg

1104262.jpg
Wurzburg

1104263.jpg
Wetzlar

1104264.jpg
Spa

行き先は、南ドイツ方面
日本人にも人気のロマンティック街道へ
・・・といっても、2泊3日の日程では訪問地は限られてしまうけど

旅行中のお天気&気候も大変よろしく、絶好のお出かけ日和たっだ


お出かけの日記を長々と書くのはどうなんでしょ??(ほぼ自分記録用なので・・)
まぁ、、、ここは私の日記を書く場所なので、別にどうしようといいのでしょうが・・・。

とりあえず、時間のある時に過去日付でひっそり?アップしていく予定デス。

万一興味がある方がいれば、日記が書き終わる頃・・・相当日数が経ってから、過去日付の日記(4月22日~25日)もしくはカテゴリー選択(ドイツ連邦共和国、ベルギー ワロン地方)でのぞいてみて下さいネ。


Spa(スパ)

朝、ヴェツラーのホテルをチェックアウトし出発

我が家は自動車で移動中の昼食休憩を、いつもどこかの街に立ち寄ってとることにしている。
そして昼食後は立ち寄った街で観光というか、しばし散策するのだ。
旦那さん、、パーキングエリアで数十分の食事休憩だと休んだ気にならないらしい。。。

この日は、イースターマンデー。
ドイツの街はどこでもお店がクローズ・・の予想が簡単についたので、少し遠回りして・・多少のお店が営業していると予想出来るベルギー・ワロン地方経由で帰路に就くことにした。


そしてランチも兼ねて立ち寄ることにしたのが、ドイツ国境に近いスパ(Spa)の町。
1104252.jpg
スパの中心に到着!

1104253.jpg

1104251.jpg
Spa(スパ)は、緑の森に囲まれた高級温泉リゾートだ。

気候の良い時期に訪れれば、まるで軽井沢に来たような?気分になる

温泉(スパ)はこの街が起源なのだとか。
オランダに住んでいる人にはお馴染みのミネラルウォーター・SPAもこの辺りで採れたものだね。



駐車場に車を止め、街を歩きはじめてすぐに目についたのが、メリーゴーランド。
いっちゃんが乗りたがったので乗せてあげることに。
1104254.jpg
ピンクの自転車にまたがり満足げないっちゃん


そして、この街でもミニトレインを発見!
1104255.jpg
ミニトレイン・・というか、トラックの荷台?

早速、乗ることに!

私達を含め、3組だけ乗りこんだところで発車
そして、、、スパの街から一気に出て行くミニトレイン。



ウロタエル乗客達

通常ミニトレインというのは、街の中を走り抜け街中を観光するものが定番。
今まで、街の外も走ってくれるミニトレインはもちろん乗車したことがあるが、全く街を走らずして即行街の外に出たのは初めてだった。

高級別荘地とおぼしき豪邸が立ち並ぶ、緑あふれる上り坂をずんずん登るミニトレイン。。。

家もなくなり、さらなる森の奥に一直線。


1104256.jpg
森の中をただひたすら走る・・

1104257.jpg
一般車両も全く通っていない山道をずんずん登る。。。


・・・。


一体おまえはどこへ行く・・?



そして・・ちょっと開けた場所に出て、トレインは停まった。
そこに源泉があるから飲んできていいよ!と運転手さんに言われた。

このミニトレイン、、、

森の奥にある源泉に行く為だけの乗り物だったのだ!


1104258.jpg
いざ源泉へ!

源泉の横にはレストランがあり観光客で賑わっていた。
よくこんな森の奥にあるレストランを見つけてくるもんだ。。。

1104259.jpg

11042510.jpg
源水は鉄の味がして、不味かった。

地球の○き方には、スパの源水は心臓病・リューマチ・呼吸器疾患に良いと書かれていた。
たしかに、不味い方が身体に効果がありそうだけど。

そうそう。
源泉の周囲には、
11042511.jpg
春の山菜・わらびが大量発生していた。


予想していなかった源泉行きのミニトレイン乗車だったけど、実はこの後でスパの街の中にある源泉に行くと、改修工事中で建物がクローズしていた。
街の中心部より森の奥の方が本物っぽいし?この源泉に行けておいて良かった。




さて。

街に戻ってきて、お昼ご飯
11042513.jpg
ホワイトアスパラガス&グリーンアスパラガスのペンネ

11042514.jpg
ラザニア

11042512.jpg
海老のフリットとサラダ

シーフードスパゲッティ
シーフードパスタ

今回最後の食事、美味しく頂いた



昼食後、気になるコイツの前に来て乗るか乗るまいか迷う
11042515.jpg
ケーブルカー

高台にある高級温泉施設に行く為だけの乗り物。
私達はこの施設に行く予定はないが、ケーブルカーだけ乗りたい・・。

上に行き、何もせず下れば、乗務員さんに白い目で見られるかも・・・
やっぱりちょっと恥ずかしいね・・。

ということで、ケーブルカーはやめて再びメリーゴーランドに乗ることに。
11042516.jpg
今度はピンクの車をチョイス



最後に、スパの中心部で祝日でも営業中だったカルフールにてお買い物。
夜ご飯の材料やらいろいろ購入。

11042517.jpg
スパの地ビール・Bobelineが売られていたので購入!

女性の口元近くにSPAの文字が組み込まれている。
ラベルのデザインが素敵



Wetzlar(ヴェツラー)

ヴュルツブルクの街を後にし、フランクフルトの北にある宿泊地ヴェツラーに向かった

ヴュルツブルクに宿泊してしまうと、翌日オランダに戻るのがちょっと距離があるね・・ということで、オランダにもう少し近いところに宿をとることにしたのだ。

ヴェツラーに到着したのは17時過ぎ。
夕食レストランの物色も兼ねて、街を少し散策することにした。

114241.jpg

114242.jpg

114243.jpg

小さい街なんだけど、旧市街地には木組みのお家が立ち並んでいてなかなか可愛い

旧市街地を歩いているうちに、川沿いに出た。

114244.jpg

114245.jpg

アーチ型の石橋を渡り、旧市街地を眺めた。

なんともいいつくせない初夏の風景だった


川沿いにはオープンカフェ。。。
時間あれば、自然美を堪能しながら一杯やりたかったなぁ~。


旧市街地に戻り、なんとなく良さそうなレストランのオープンエア席に座った。
114246.jpg
おじちゃんとおばちゃん、夫婦2人でやっている風なお店。

114247.jpg
ベイクドポテト

114248.jpg
焼きなすのオーブン焼きみたいなもの。

茄子の上に、カリフラワー&ブロッコリー&人参&チーズ等をのっけてオーブンで焼いた感じ。

オイシイ!!

114249.jpg
カツレツのオーブン焼き(ホワイトアスパラのせ)

シュニッツェル(仔牛肉のカツレツ)の上に、かなり硬め(おそらく茹でていない、グリルで熱を通しただけ)のホワイトアスパラガスとトマト&チーズをトッピングしてオーブン焼きにしたもの。

オランダ同様ドイツでもホワイトアスパラガスのシーズン!
ドイツ産ホワイトアスパラガスも今回どこかで一度は食べておこうと思っていた。
お店にはホワイトアスパラガスを使ったメニューが3つあった。カツレツのせはおばちゃん一押しのメニューだというので注文したんだけど、


超美味しい~


コリコリとした硬めのホワイトアスパラガスの食感とシュニッツェルがこんなに合うなんて!

しかも、硬めなのにとってもジューシー!

家でやってみよ!同じ味にならないとは思うけどネ。



この日も満腹~!ホテルに戻って早めに就寝したのだ。




ヴュルツブルクの地ビール「DISTELHAUSER」

ヴュルツブルクで楽しめる地ビール

ヴュルツブルク地ビール①
「DISTELHAUSER」

正確に言えばヴュルツブルク郊外というか、すぐ近くにあるTauberbischofsheim(タウバービショフスハイム‎)というロマンティック街道にある小さな町で作られている地ビールだ。

タウバー川沿いの小さな町で、1876年からキレイな水を原料にし、この地域の昔ながらな製法で18種類のビールが醸造されている。

ちなみに、ちょっと脱線・・・
このビールが醸造されている町の名前に「タウバー・・」てついているけど、ロマンティック街道の目玉・中世の宝石箱ことローテンブルクの正式名称は「Rothenburg ob der Tauber」
「タウバー川の上にあるローテンブルク」という意味。


distelhauser.jpg
原料の水がキレイだからか?すごく美味しかった



ヴュルツブルクに訪問した際は、是非!



Wurzburg(ヴュルツブルク)

この日はWurzburg(ヴュルツブルク)観光。
朝ローテンブルクのホテルをチェックアウト後、数十分車を走らせてヴュルツブルクへ到着

到着後すぐに向かったのは、マリエンベルク要塞。
高台にあるので、いっちゃんが歩くのはかなりシンドそう。。。ということで、そのまま一気に車で登った。
1104241.jpg

1104242.jpg

1104243.jpg

1104244.jpg
敷地がめちゃくちゃ広かった。

敷地内には有料の博物館などがあったが、あまり興味をひかれず・・
無料で入れるところをちょこちょこ覗いた後は、
1104245.jpg
要塞周りを取り囲む、散歩道&展望スペースを巡った。

1104246.jpg
とっても素敵な風景なのに・・逆光なのが悲しい

1104247.jpg

1104248.jpg
いっちゃんも景色を堪能

1104249.jpg
マイン川とその向こうに広がる街並み

11042410.jpg
どこから見てもどこを見ても、素晴らしい眺めだった



要塞を後にし、旧市街地へ

11042411.jpg
街を散策~。

11042412.jpg
アルテ・マイン橋

11042413.jpg
マリエンカペレとマルクト広場


散策の合間に、お買い物
110424.jpg
ボトルがめちゃ可愛くない?

ボックスボイテル(フランケンワインの丸い瓶)でゼクト。この瓶にゼクト詰めちゃうんだ!
お土産用に購入。

Wurzburg wine
お店ではロゼワインを一杯楽しんだ♪


さて。
お昼ご飯にしようとウロウロ。。。

Wurzburg.jpg
アルテ・マイン橋と大聖堂をつなぐ目抜き通り(Domstr.)のちょうど中間ぐらいにあった「STERNBACK」というお店に入った。

11042414.jpg
フラムクーヘン(仏名:タルトフランベ)

極薄ピザ。ホワイトソースでオイシイ!

11042416.jpg
マッシュポテトとベーコンのオーブン焼き

熱々ホクホクでおいちい!


11042415.jpg
ニュルンベルグソーセージ(キッズ用)

文句なしに美味しい。なぜかニュルンベルグソーセージは、キッズメニューにしか載っていなかった。


満足満足~



そして、お昼を終えて最後に向かった観光スポットが、
11042417.jpg
レジデンツ

11042418.jpg
内部はこんな感じ(ポストカード

超豪華な司教の宮殿ちょっと趣味ではなかったけど・・。
豪華すぎて落ち着かない。。。

11042419.jpg
レジデンツのお庭にて

お花がとってもキレイに咲いていた


ホント良い季節だ





ローテンブルクのレストラン♪

ローテンブルクのレストランなどで食べた物・飲んだ物

ローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)では観光もバッチシ楽しんだけど、とにかく食べた&飲んだ。
この日は夏か?と思えるほどの陽気で、ともかく喉も渇くし歩き疲れた。

お昼ご飯に入ったレストランは、プレーンラインのすぐ近くにある「Glocke
114231.jpg
まずはビール

暑い・・。

114232.jpg
そして、Weinprobeを注文。

4.9ユーロで5種類のフランケンワインが楽しめちゃう、マンモスうれPセットだ。

試飲セットのWeinprobeは4セットあり、
旦那さんは辛口(trocken)のセット、私は中辛口(feinherb)のセットを注文。かわいい籠に入って出てきた。

特に気に入ったワインは、お隣のワイン屋さんでお土産用に購入した。

そして、
114233.jpg
ソーセージと

114234.jpg
ロールキャベツ

ランチだけどがっつり食べた。



お腹はまったく空かないんだけど、街を歩けば・・
114235.jpg
ローテンブルク名物のお菓子・シュネーバル

たくさん売ってるんだ、コレが。

Rothenburg.jpg
ひも状の生地をぐるぐるまるめて揚げたお菓子。
オランダのオリボーレン同様?お店によって当たり外れが激しい。

今まで実は何度かお土産で貰ったことがあり。。。美味しいモノはいくつも食べれるが、1個食べるのがやっとのモノもあり。


とりあえず、
114236.jpg
いろんな味をいくつか購入!ホテルに戻ってから食べた。

ウマイ

もっと買えば良かった


さて。

日中歩きまわっていると、とにかく疲れる。石畳はすぐに疲れるのだ。
しかもこの日は暑いときている・・
オープンテラスの素敵なレストランがあったので、
114237.jpg
ビールで休憩タイム。

Rothenburg 1
いっちゃんはアイスで休憩。

114238.jpg
レストランの植えこみには、もう紫陽花が咲いていた




そして、夜ご飯
地球の○き方に載っていた「ツア・ヘル」で食べることにした。
地球の○き方には、中世風の居酒屋と書かれていたZur Höll (ツア・ヘル)。

114239.jpg
ビールとワイン

1142310.jpg
スペアリブにソーセージ

1142311.jpg
ベイクドポテト

このレストラン、、、ワインの種類は本当にとても充実していたけど、とにかく食事メニューが少なすぎた。
一瞬、失敗した・・って思っちゃった。


が!

ここのベイクドポテトが・・

めちゃくちゃ美味しかったぁ~


お酒がススム。



1142312.jpg
フランケンワインのゼクト(スパークリング)珍しい。


泡大好き


お腹いっぱいになって、レストランを出た。
Zur Höll (ツア・ヘル)はお酒好きにはオススメだけど、食べ物のメニューが少ないので、あまり飲まない人で食事をメインで楽しみたいという人には正直それほどオススメではないかも・・。



さて


日没は遅いので、まだ明るい・・・。


ということで、
1142313.jpg
マルクト広場近くのカフェで飲み直し・・。

いっちゃん、デザート(アイス)タイム。


思わず頼んでしまった、
1142314.jpg
スパゲッティアイス

メニューにスパゲッティアイスが載っているのを見て、前に南ドイツ名物・スパゲッティアイスって何かで見たことを思い出したのだ。

味・・普通。
(普通においしい)


それにしても、

この日はたくさん食べたな~(&飲んだな~)。



体重・・増えていそうな予感・・



Rothenburg(ローテンブルク)

1104231.jpg

1104232.jpg
やって来たのは、中世のおとぎの世界・ローテンブルク。

中世の面影がほぼ完璧に残された城塞都市だ。
25の塔と城壁がほぼ完全な形で残っている。

ローテンブルクに向かう途中、大都市フランクフルト辺りで渋滞に巻き込まれる事を予想していたが、渋滞に一度も遭遇することはなかった。
ガラスキのアウトバーンを突っ走り午前中に到着

休暇中ということで、街は大賑わい。
ともかく日本人観光客の多さにビックリ!日本人がうじゃうじゃ。
今までの旅先で、日本人観光客多い街・・おそらくベスト1だ。
知り合いファミリーにも遭遇した



1104233.jpg
まずは、マルクト広場へ

市庁舎の塔の上から景色を眺めよう!と市庁舎の下の入口から入場!

1104234.jpg
はぁ??どこだここは???

入口を間違えてしまい、おとぎの国には似つかわしくない牢獄系の博物館に入館してしまった

せっかく入場料を払ったので、とりあえず見学はしたけど


気を取り直して、塔の上へ
1104235.jpg

1104236.jpg
おぉ!いい景色

かわいらしいオレンジ屋根の街が広がっていた


塔からの景色を堪能し、下に降りた。
1104237.jpg
そしてすぐ近くにある、ケーテ・ヴォールファールトへ

クリスマスショップの聖地と呼ばれるているお店
めちゃくちゃ広い店内には3万点を超えるクリスマス商品が並べられ、もうそれは見てるだけで興奮しちゃう

クリスマスマーケットに来たみたい

ここはもうお店というか、アミューズメントパークみたいなところだ。


1104238.jpg
店内の様子(ポストカード)

店内は撮影禁止
わかる。ここ撮影禁止じゃなかったら、もー写真撮りまくりだもん。

実際、店員さんの目を盗んで写真を撮っている人がいたけど、小心者の私にはそれは出来ない・・。

オーナメントなどを数点購入。
そして、くるみ割り人形も!初めて購入した。


満足しながらお店を出た。

そして、城門の外にあるブルク公園に向かった。
1104239.jpg

11042316.jpg
いっちゃんも、暫し休憩。。。

11042310.jpg
ブルク公園からタウバー渓谷を眺める


のどか~



さて。
夜ご飯までまだまだ時間があるね・・。


ということで、
城壁内に戻り城壁の上に登って半周くらい回ってみることに!
11042311.jpg

11042312.jpg
街を眺めながら回廊を歩いた。


そして、夕食タイム。。。

夕食後に再びマルクト広場に戻ると、多くの人が仕掛け時計をみようと集まっていた

グットタイミング!
11042313.jpg
ネットの口コミではイマイチとのことだから、見なくていいかな~って思っていたんだけどネ。

11042314.jpg
窓が開いてオジサン2人が酒を飲む

そして、窓が閉まった。。。





それだけー


11042317.jpg
陽が落ちてきた・・


11042315.jpg
ホテルの前で



おとぎの国は夜になってもおとぎの国だった




謎のMijnmuseum

マーストリヒトのすぐ近くに位置する、Heerlen(ヘールレン)の街。
我が家はリンブルク州で宿泊することが多いんだけど、その時にちょくちょくこの街にも宿泊している。

小さいんだけどレストランもちょこちょこあるし、マーストリヒトのホテルはかなり高いけどこの辺りまで来ると安いので。

いつも不思議に思っている↓コレ・・

mijnmuseum 1
Mijnmuseumの屋外展示・・

広場みたいなところ(大き目の歩行者通路?)にとっぴょうしもなく展示されているんだけど、肝心なMijnmuseum自体は周りにはないし・・この古びた滑車一部だけ展示しているもんだから、いつも何だろう?って思う。

mijnmuseum 2
かつては石炭をのせて走っていた機関車

Mijnmuseumっていうのが、かるく調べたところかなり謎のミュージアムなんだけど(さほど興味ないので詳しく調べてないけど)、Heerlenは以前炭鉱で栄えた町らしい。

リンブルクにはかつて大きな炭鉱があり、海外からも出稼ぎに来るような感じだったらしい。
かつては数十万人が炭鉱関係で仕事を得ていたっていうから、すごかったんだと思うけど・・。


謎のミュージアムに興味ある方は↓
Mijnmuseumをどうぞ・・。

タパスバー

この日、マーストリヒト近郊のHeerlen(ヘールレン)の街に宿泊。。。

夜ご飯を食べようとたまたま入ったレストラン、、、タパスバーだった。

1104221.jpg
いろいろチョコチョコ食べれるのって嬉しい!

お味はダッチな感じ・・だったけど(笑)。


1104222.jpg
サングリアとミュンヘンの生ビール。

どうせなら、スペインの生ビールをおいていて欲しい。
このお店の生ビールは、オランダビールとなぜか?ミュンヘンビールだった

さすが、オランダレストラン・・


でも、

ミュンヘン生ビールはとっても美味しかったんで、良しとしよう






Vlinders groepの謎

いっちゃんが学校に通うようになって今日で3週間経った。
最初は毎朝「学校行きたくない・・・」とメソメソ泣いていたものの、1週間過ぎると楽しい事が分かったらしく、毎朝喜んで家を出るようになった。
といっても、ピューターの時も2、3カ月した頃に行きたくなくなったりしたので、まだまだどうなるか分からないけれど。

グループ1(4歳)とグループ2(5歳)は混合クラス。
学校は4歳になった子から随時通い始めるけど、6歳になったらすぐグループ3になるのではなく、グループ3になるのは年に一度の決まった月に一斉に進級する。
つまり通いたての混合クラスには4歳、5歳、6歳(グループ3に進級するまでの)の子供が存在する。

はずだった・・・

学校の見学の時にそう説明されていた・・・んだけど




クラス名簿なるものがメールで届いた。

そして、クラスメートの生年月日欄を見て、驚いた


クラスメート20人中19人が、2007年1月後半~4月前半生まれ。ここの3カ月間に生まれた子供のみ。

4歳~6歳までのミックスどころか、生年月日がたった3カ月違い以内の子供達だけを集めた特殊クラスだった


偶然な訳はない・・


どうなっているんだ???


グループ1&2の混合クラスは7クラスある。
違うクラスだが、同じ学校で唯一の日本人の方にこの事を話すと、その人もビックリしていた!
もちろん、その方のお子さんのクラスは4歳~6歳までの混合だし、他のクラスの話を聞いてもみんな混合だよ~とのこと。。。

実際、いっちゃんのピューターのクラスメートでほぼ同時期に小学校に入学している子が数人いるが、みんなバラバラのクラスだ。
送り迎えの際に見ていて思うが、間違いなく他のクラスには小さい子から大きめの子までいるのだ。



明らかに、いっちゃん所属のVlinders groep(ちょうちょう組)のみが異色クラス。。。


どうなっているんでしょう・・・



ちなみに、いっちゃんの学校はオランダのモデル校。
日本でもモデル校に指定されている学校だと、新しいことをしてみたり、いろいろ試験的な取り組みしてみたりするよね?

そういう感じなのかな・・・?

実験クラス。。。



謎だ・・。





==========

通い始めたばかりの学校、今日の午後から2週間超の5月休み。
5月休み・・って名前だけど、今週末ヨーロッパは祝日なのでそこに合わせて学校も休みを前倒ししたらしい。

オランダの祝日は少なく、4月~6月に集中
そして、この4月~6月は気候も良くなってきていることもあり、お出かけシーズンとなる。

特に今年の春、オランダは暖かくって、最高!


この陽気がいつまでも続いて欲しい。




春が旬な食べ物

春が旬のホワイトアスパラ。
実はけっこう前からオランダ産ホワイトアスパラガスがスーパーに並んでいた。春の訪れを感じさせる食べ物!ということで、早く食べなきゃ食べなきゃ~・・って思いつつなかなか買わず。。。

だって、

皮を剥くのが・・・面倒くさい・・・


でも、ようやく買った。
1104201.jpg
太くて立派!

旬のホワイトアスパラ・・・意外とお値段も高かったりする・・・
昨シーズンまでいろいろとソースも作ったりしていたけど、シンプルにマヨネーズだけが美味しいような気もする。。。気のせい?


ちなみに、昨シーズンに欲しくもない市販ソースの素を買って手に入れたオマケ商品
1104202.jpg
ホワイトアスパラガス専用ピーラー

オマケ欲しさにソースの素を購入したけど、このピーラーめちゃくちゃ使いにくくって一度こっきりしか使っていなかったりして
正直包丁の方が剥きやすい・・。


今日も包丁で皮を剥いた。。。


美味しかった




さて、

話が変わるけど、先週末のチューリップ畑での記念写真。
曇り空のせいで、チューリップの花弁がきちんと開いていなくって少し残念だった・・・
今日街で見かけたチューリップの植えこみで、とりあえず記念写真

1104203.jpg

背景に写る建物が邪魔ですが・・。


チューリップはキレイなんで、良しとしよう。


ゼイプのお花畑に行く

この日はヘアーカットの為にアムステルダムへ

カットを終え、せっかくここまで来たんだから・・・と北の方に少し足を延ばすことにした。
向かったのは、北海に面した世界最大のお花畑というゼイプ(Zijpe)地区。
オランダで一番広いチューリップ畑が見られるといわれている場所。

この日は正直・・お天気がイマイチ。

そして、ゼイプのお花畑も・・・。


とりあえず春の時期に開催されるイベント、フラワー・アクティビティ「Bloeiend Zijpe」を目指してやってきたんだけど、この辺りはまだまだお花が咲いていない畑が圧倒的に多く、緑の畑がたくさんあった。
緑の畑の中に、ポツポツ色が見える・・って感じ
早いとは思っていたけど、もうちょっとたくさん咲いているかな~って思っていたんだよね。
まぁ、この週末でないとおそらくゼイプに今年は来れそうもないので、仕方がない。。。

本来ゼイプ地区の見頃はリッセよりも後・・と言われているので、5月に入ったくらいなのかな??


それでもせっかく来たんだし、お花の咲いている畑はどこかにないのか?とお花畑を探して周辺をドライブした

1104161.jpg
広大なお花畑発見!

1104162.jpg
記念撮影

1104163.jpg
ヒヤシンス

1104164.jpg
こちらも、ヒヤシンス

1104165.jpg
水仙・・・

ゼイプ ヒヤシンス畑
ヒヤシンス畑がメインな感じ

咲いている畑は満開とは言い難いけれど、ヒヤシンスの良い香りがあたりを漂っていて何ともいえないイイ気分


肝心のチューリップは・・・
1104167.jpg
一応、、、チューリップ畑もいくつか発見

1104168.jpg
こんな感じ


花弁は開いてないけど、それでも十分キレイだと思えた


11041611.jpg
念願の見渡す限りのチューリップ畑との写真。

いっちゃんだけで撮れば良かった・・・


お花畑だけだと、オランダらしさがわからない!?

ゼイプ 風車
ゼイプ地区にはいくつも風車があるよ。

ゼイプ風車マップ
ゼイプ地区の風車たち

グッドタイミングであれば、チューリップ畑&風車のコンビ写真を撮ることができるのだ
この日はチューリップと風車が一緒にとれる場所は残念ながらなかったけど・・。




1104169.jpg
今度来る時は、お天気の良いベストタイミングで!



お花畑、ばいばーい。また来るよ~!




カモの赤ちゃん

春だね~

お花がたくさん咲いている。

110415.jpg
我が家の窓から

家の前の公園周りでも、白いお花が満開中


そして、春はいろいろな動物の出産シーズン。

朝の買い物の帰りに見た運河
1104151.jpg
カモが赤ちゃんを連れていた


1104152.jpg
メチャメチャかわゆい


しばらくは、買い物帰りの赤ちゃんチェックが日課になりそう




ビーフタルタル(Ossenworst)

この日のおつまみ

普段はあまり行かないスーパーLiDL(リドル)にて、購入した材料・・
生ソーセージ
Ossenworst(生食用ソーセージ)

Ossenworst自体は、近所のマイナースーパーにも売られているのだけど、近所のスーパーのものはサイズがジャンボすぎるのと、お味がちょっと(かなり?)心配
オランダ人の知り合いから、一番おいしいOssenworstはLiDLのモノだ!と聞いたので。。。
確かにリドルはドイツ系スーパーなので、ソーセージと言えばドイツ系が美味しい!ってことなのかな。

このソーセージを粗めにザクザク切って、玉ねぎ&ピクルスのみじん切りとマスタードと粗挽コショウを混ぜ合わせる。

ビーフタルタル
なんちゃってビーフタルタルが完成でござる。

バターを塗って焼いたバケットの上にタップリのせる。


ウマイ


ビールがススム


・・・・・。



でも、



Ossenworstは単独で食べた方がイケルかも。




ほらさ・・

お肉だけ食べるってなんか抵抗あるでしょ?野菜と一緒にとらなきゃ!みたいな感じするから(笑)。





週末の公園

この週末も良いお天気

旦那さんがゴルフの練習に出かけるというので、私達もゴルフ場近くの大きな公園でこの日は遊ぶことにした。
駐在員の間では通称「カペレ甲子園」と言われている。

1104091_20110411062439.jpg
天気めちゃくちゃいい~

1104092_20110411062453.jpg
アスレチックへGo!

1104093_20110411062504.jpg

1104094_20110411062516.jpg

1104095_20110411062525.jpg
こんなに天気の良い週末なのに、人は少なくって思う存分遊べた!

1104096.jpg
秘密基地・・・?


しばらく遊んだ後、公園内を移動

1104097.jpg
新たな遊具発見。

1104098.jpg
他の子(大きな子)がいると、物怖じして尻込みしちゃうんだけど、一人占めだと元気良く遊ぶ。




1104099.jpg
その後公園内を散歩。

11040910.jpg
お花を一生懸命摘んだりしていた。

私はその様子をベンチに座って眺めながら、ウトウト・・。
寝てはいません!が、気持ちが良かったのだ。

11040911.jpg
花束の出来あがり~


そして
11040912.jpg
オレンジを貪る羊たち・・・を観察。

羊ってオレンジ食べるのね・・。

11040913.jpg
この時期は子羊もいた!

写っている子羊4匹、お尻向けているけど

11040914.jpg
かわゆい


まった~りと時間を過ごし、練習を終えた旦那さんと合流。
公園の入口にあったPetit Restaurant Schollebosでかなり遅めのランチ。

11040915.jpg
カリカリチーズ!

このお店のパンネクック(Pannenkoek)、チーズをトッピングに選ぶとカリカリに焼いてだしてくれる。


おいしい



11040916.jpg
のんびりとした休日だったよ。



Natuurhistorisch Museum

この日・・数日前から気づいていたことだが・・・

明日でミュージアムカルトの期限が切れてしまう


大したことはない。

新しいのを買えばいいだけ・・なんだけど、今年はミュージアムカルトもロッテルダムパスも買わずにやっていく方針なので、最後に使っとかなきゃ!って思ってしまった。
自分のセコビッチさ加減がイヤになっちゃうけど、、、使うべし。

いっちゃんが学校から帰ってきてから出かけるとなると、遠くには行けない。
近場のミュージアムで・・・。


そして、やって来たのは
1104091.jpg
Natuurhistorisch Museum Rotterdam
(ロッテルダム自然史博物館)

見ての通りの小さい博物館

ライデンにある国立自然史博物館は、驚くスケールの素晴らしい博物館らしいが、さすがにライデンまでは学校帰りに行けないし・・
以前ココのお隣のミュージアムに来た際、いっちゃんが窓から覗ける大きな骨に興味を示して、ここ行く!と言ったが、小さそうだし・・面倒だとスルーしたところだ。


中に入ると思った以上に狭くて、あれれ??これだけ??な、感じ
館内にいたのは私達だけー
自分たちしか入館者がいないミュージアムは、今まででおそらくココが初めて。

館内の動物の剥製は、あまりにスペースがなくギュウギュウなので、個人的には怖かった(剥製が部屋にありすぎなので・・)。

いっちゃんは、これは何?と見たことない動物(アンモナイトとか)をいろいろ指しては聞いてきて興味津々だったけど。

1104093.jpg
ホルマリン漬けコーナー

ヘビとかトカゲとかワニとか・・。いっちゃんは爬虫類系苦手ではないようだ。
かなり興味津々に覗き窓から覗いていた。


1104092.jpg
まぁ、一通り見ても時間はそれほどかからなかった。


1104094.jpg

1104095.jpg

あまりに小さい博物館でミュージアムカフェすらもない。。。
なので、お隣のミュージアムのカフェにて休憩。



さて。

今までは、ミュージアムカルト(ミュージアム年間パス)でお得に楽しんできた。
でもこのカードを保有している為に、年間パスが使用できるところばっかり行き場所に選んでしまう・・という弊害?もあった。
今年は思い切ってパスを持たずに、今まで腰が重く?行けなかったパスの使えないところに行ってみよー


と、思っている次第デス。




ズボラ料理

本日・・旦那さま外食

こういう日は、夜ご飯をきちんと準備したくないものだ。。。

と、

いうことで、、、今週初めに思わず買ってしまったコイツを食す

1104071.jpg
北京ダックキット

近所のマイナースーパーPL○Sのお肉コーナーに並んでいた商品。

自宅で北京ダック食べれるなんて

と感激し、即購入してみたものの、


うーん・・・。でもコレ・・メインディッシュにはならないし・・・


と困っていたの


旦那さんが夜ご飯がいらないと分かると、これを食べるのは今日しかない!と。
子供と2人なら文句も言われないし?手抜きが出来る。


1104072.jpg
中身は、お肉&包み用の皮&タレのセット。

値段の安さから予想は一応していたのだが、ダックではなく鶏肉だった

鶏皮はちゃんと付いている。

オランダでは皮付き鶏肉はあまりないが、さすがに北京ダックの皮なしはありえないと思ってくれたよう。


1104073.jpg
入っていた容器を使ってオーブントースターに!

キットの鶏肉は調理済みだが、皮をパリパリに焼かねばなりませぬ。。。


1104074.jpg
出来あがり~


野菜は自分で用意。
野菜はカットするだけだし、他の材料はキットに入っているので楽ちん。


お肉が違うので、やはりお味も北京ダックとはいかないものの、まぁ雰囲気はあるし楽しめてなかなか良かったよ




朝焼け

春はあけぼの。

やうやう白くなりゆく、山ぎはすこしあかりて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる。


んー・・・、こういう夜明けじゃないね。。。



オランダでは、日本のようにほのぼのと優しい色合いで夜が明けてくるって印象ではなく、ププププワァァァーーーって感じで一気に明けるような印象がある。

1104051.jpg
明けはじめたよ・・

1104052.jpg
キタ!

1104053.jpg
燃えるようだ。。。


そして、一気に夜は明けるのだ。



久々にキレイな朝焼けを見た
日本だと、坂があったり山があったり・・建物が密集していたりで、なかなか朝焼けを見れないよね。
オランダは坂も山もないから、けっこうどこからも地平線近くの朝焼けが見れる気がする。。。


キレイな朝焼け見て、朝から得した気分



水仙ロードを行く!

オランダは水仙の時期!
わが家の近所の水仙もうすぐ終わりそう?
水仙が残っているうちに、水仙ロードを行くのだ!

オランダの春は、クロッカス→水仙(&桜)→チューリップ・・花のオンパレード
チューリップはさすがにあちこちどこでも咲く雑草系ではないけど、クロッカスや水仙は近所の道沿いで、雑草感覚で?ズラズラ~っと咲くんだよね。

水仙ロード①
いえい!

水仙ロード②
とりあえずお散歩

水仙ロード③
水仙ロードを満喫~

近所の運河沿いの水仙を堪能。

水仙ロード④

気候も良くって、楽しいお散歩タイムデシタ。


オランダ野外博物館

この日は、すこぶる良い天気気温も20度以上になった!

アーネム近郊にある、オランダ野外博物館に出かけた

伝統的なオランダの家屋や風車が立ち並び、テーマパーク感覚で園内を楽しめる。
子連れ家庭は、けっこうな割合でここに遊びにくるという、人気の博物館だ。
なかなかタイミングが合わず、今まで来れなかった。

1104021.jpg

1104022.jpg

1104023.jpg

1104024.jpg

園内はのどか~

コレ!という見所がある訳ではないけど、天気の良い日のお散歩♪はとても楽しめた。
家屋の中では、民族衣装を着たボランティアさん?がいろいろと実演をしたり、説明をしたり。。。オランダ語ですが・・・。
そして民家の再現だけでなく、チーズの製造施設があったり、ビール醸造所までもあった!


園内にカフェももちろんいくつかあって、まったりしちゃお~と席を探した。が、どのお店も外のお席は満席
みんな考えること一緒だね


そしてこの園内には、
1104025.jpg
ニワトリやら、

1104026.jpg
ヒツジやら、

1104027.jpg
ヤギやら、

動物もたくさんいた。

珍しくはないけど・・。


他には・・・、

カエルがたくさんいた。
おびただしい数だった。。。

春だからかな?

水の中をのぞくと、それはもうたくさんのカエルさんがいらして、水中をウォーキングしてたり、軽やかにすーいすーいと平泳ぎしていたり。

なかなか普段見ることがないから、いっちゃんも興味深かった様子。



他に、いっちゃんの興味をひいたもの・・・
1104028.jpg
自動販売機。

オランダによくある自動販売機。
コロッケとか揚げ物系の食べ物が売られている事が多い。


1104029.jpg
ここのは、オモチャ&お菓子。
旦那さんがせがまれて買ってあげた。


一通り園内を散策した後は、
11040210.jpg
お決まりの子供広場で遊んだり、


11040211.jpg
園内を走るレトロなトラムに乗車したり、



春らしく、のんびりとした休日を過ごしたのだった



プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1