シンタクラース会

この日は旦那さんの会社のシンタクラース会に参加した。

皆さん忙しいのか?例年より参加者は少なめ。
内容も少しレベルダウンし(・・・)、昨年&一昨年に前座を務めていた大道芸のピエロのおじさんは今回来なかった。

会の始まる前に、フェイスペイントをしてもらえるのだが、相変わらず嫌がるいっちゃん


1111261.jpg
ということで、シンタさん登場前にピート2人組による余興。

最前列、黄色い帽子がいっちゃん!
学校では毎日しつこくシンタさん関係の何かが行われているので、今年はいっちゃんも大分分かってきて、怖がることなく最前列に着席

ピート達は、シンタさんが来ないから自分がシンタさんになっちゃおう!みたいな感じの寸劇をしてた。

そして、バルーンで子供達にいろいろ作ってプレゼント。
いっちゃんも、赤い風船で出来たネズミ?を貰った。

会場を盛り上げるBGMが鳴り響き、ピート達がお菓子を投げつけながら入って来た!
1111262.jpg
ようやくシンタさんも登場


そして、恒例のお話しタイム!

一人一人呼ばれてお話し~

1111263.jpg
名前を呼ばれて、一人で堂々と前に出て行った!

昨年までは怖がって前に一人で行けなかったのに・・・成長したなぁ~


1111264.jpg
そして、お楽しみのプレゼント

良い子だけが貰えるプレゼント
悪い子は、スペインに連れて行かれるそうな。。。

小さい頃は、スペインに連れていかれることを怖いと感じる。
が!
大人になると、寒くて天気悪いオランダより・・天気も気候も良いスペインにむしろ連れて行って欲しい!と思うのだそうな(笑)。


1111265.jpg
最後はシンタさんを囲んで、皆でお歌を歌った



今年はいっちゃんも楽しめたようだった



スポンサーサイト

助産院検診⑤

今日は久しぶりの検診。

最近気になることを一つ確認したかった。。。

旅行から帰ってきた直後、やたらお腹が張る日が!

横になっていれば大丈夫なんだけど、動くと張る!みたいな・・・。

旅行自体は安定期に無理しなけば行ってもOKなものだし、実際スケジュールはかなり無理のないものにしていた。

が!

想定外のトラブルだったのが、帰りの飛行機の大幅遅延&ダイバード・・・
夜に家に帰って来る予定が、早朝になってしまう事態。。。正直、健康な人でも疲れ果ててしまう状況下、おそらく私はただでさえ重いお腹を抱え疲れやすい状況なので、かなりのダメージを受けたのかも。

そして、また時期も丁度7カ月に入ったところで、張りがでやすい時期になったことも重なったのだと思う。

とにかく、安静にしなきゃ・・・・

その後2日間ほど、出来るだけ横になる生活。
といっても、子供がいるし最低限の子供の世話(ご飯・お弁当、学校の送り迎え)はしなきゃいけない
それでも3日目、日中張らなくなり大分良くなってきた!

そして、その3日目が久々の検診であった。

とにかく張る状況が続くと、子宮口が少し開いてきたり子宮頸管が短くなるので、日本では内診して子宮口や子宮頸管を調べ場合によっては張り止めが出されるのが常識
でも、オランダでは妊娠中に内診を絶対しないのが常識・・・。

せめて、エコーなどで確認をしたかった・・・。

ところが、この日はいつもの助産師さんがバケーション中でお休みで、臨時の助産師さんによる検診であった。
状況を説明し、エコーーで見れる範囲で状況を確認して欲しい旨を伝えるが、臨時の助産師さんはエコー装置の使い方が分からず、この日はエコーなしと・・・


お腹を目視し、触診をし、「何も問題ないわ!お腹は良い状態よ!大丈夫」と言われた

きちんと確認して大丈夫なら安心だけど、そんな根拠のない大丈夫は正直全く安心できん

昔、日本でもエコー装置がない時代、、、
お産婆さんが赤ちゃんをとりあげていた時代は、見ただけでお腹の状況が分かったって聞いたことあるけど、こっちの助産婦さんってその領域に達しているのかな

かなり不安・・・・・


とりあえず、エコー専門施設に無理矢理予約を入れて確認することにした。。。



初めてのロッテルダム空港

バルセロナ旅行にて、初めてロッテルダム空港を利用した
車で15分くらいの距離。もちろん、我が家から一番近い空港だ。

旅行に行く際、ロッテルダム空港を使えれば一番楽なんだけど、小さい空港なので希望の行き先にフライトが無かったり、あっても便数が少ない(2日に一度とか・・)とか、時間が良くないとか・・・。
とにかく今まで利用したくても出来なかった空港なのだ。

今回、2泊3日という短い日程をフルに使いたい!と思い、朝早い便&夜遅い便をロッテルダム空港で見つけ予約した。
逆にいえば、空港が家から近いからこそ、その時間が選べたのだった。

そんな中、毎日のように霧が発生していたロッテルダム・・・。

ロッテルダムは霧が大変発生しやすい地形?とかで、ロッテルダム空港は霧による遅延・欠航が大変多いとちょうど小耳にはさんだ

確かにアムスに行った時、ロッテは霧すごかったのにアムスに着いたら霧が全然なくって、またロッテに帰ってきたら相変わらず霧だらけだった・・・なんて経験がある。


げげげ・・・


旅行前に心配になり飛行状況を朝チェックすると、早朝便(霧の多い時間帯)はやはり連日かなりの遅延便となっていて、


うわぁ~、なんで霧の発生する時期にロッテルダム空港発で早朝便予約入れちまったんだー

なんて後悔するが後の祭り

ひやひやしながら当日を迎えた。。。


出発日。この週では珍しく霧の発生はなくスムーズに定刻通りに離陸!
行きは手荷物のみにしたため2時間前に空港へ行く必要もなく、また15分で家から行けちゃうので、めちゃくちゃ楽ちん

いやー、なんて楽なんだ!今後は少し値段が高くても、または時間がイマイチでもロッテルダム空港使っちゃおう!
昨日までの心配や後悔はすっかり忘れ、そう思ちゃった。


11112011.jpg
上空からの景色


早朝でまだ暗いので、ビニールハウスの照明がとてもキレイに見えた


ロッテルダム空港利用して良かった





さて、帰国日。。。

帰りは荷物を預けるので2時間前にバルセロナ空港へ


そして、衝撃な事実!



なんと、3時間も遅延・・・



家から近い空港だから!夜遅い便を選んでいた・・それが3時間も遅延されたら、日付変わっちゃうよ
合計5時間も空港でどうやって過ごせっていうんだ


うぅトラン○ビア(航空)のバカヤロぉぉーーー



・・・なんて思っていた。。。


そしたら


もっと予期せぬ事態が・・・・



まさかの・・、ダイバード・・



ロッテダム空港は濃霧の為クローズとなってしまっていて、アムステルダム行きに変更・・・・。


3時間遅延の上、到着地がアムスに変更って・・・
ありえん・・・ありえん・・・ありえーーん!

トラン○ビアではなく、ロッテルダム空港がバカヤロウであった。。。

実際同じくトラン○ビア航空のバルセロナ→アムステルダム行きはほとんど遅延なしで飛んで行った・・。
うらめしい気分で、なんでロッテルダム空港を使ってしまったのだ・・と後悔。


11112012.jpg
配布された無料チケット・・・。

遅延のお詫びか?ダイバードのお詫びか?
国際電話がかけれる無料電話券が一人1枚ずつ、空港内のレストランや売店で利用できるお食事補助券が一人1枚ずつ(6.25ユーロ分)が配られた。。。

無料電話券は、遅延を知らせなくてはいけない家族もいないので使わず。
食事券は食べたばかりでお腹もすいていないが、もったいないので使用した。

最悪な事態だが、空港閉鎖によりほとんどのロッテルダム行きがフライトキャンセルとなっている中、一応オランダに戻って飛んでくれるって言っているのだから、ありがたいのかな・・。


長い時間やることもなく、恥を捨てて空港内の座席3席分一人で占領し身体を横にして休んだ。。。


そして、3時間遅延した飛行機がやっと離陸することに。
アムステルダムに向けて、テイクオフ!


な、、、はずなんだけど・・・


離陸直後のアナウンスを聞いてぶったまげた

当機は、オランダ方面に向けて出発しましたが~着陸空港はまだ決まっておりません~
アムステルダムか、アイントホーフェンか、マーストリヒトのどこかに着陸します~
飛行中~決まり次第お知らせします~


・・・・・はぁ??

到着地も決まってなくて離陸するなんて・・?


アムステルダムに行くだけでショックなのに、マーストリヒトとか・・って?はぁ
いくらなんでも遠すぎる!ロッテルダムに帰れるのはいったい何時よ・・・

それに、他の空港はオープンしているのに、クローズになっているロッテルダム空港・・って


頼む~アムスに行ってくれ~・・・と祈りながら数十分。再びアナウンスが・・・。


当機は~アムステルダム空港かブリュッセル空港に着陸予定です~
(しかし・・まだ決まっていない・・

ほっと一安心
マーストリヒトよりブリュッセルの方がマシだわ
(↑もちろんブリュッセルもかなり遠いっ!
 しかしもう、、、感覚がオカシクなっておりやす。。。)


そして、、、


当機は~ただいまアムステルダムの上空に来ております~
とりあえず、着陸を試みてみますが~霧の為着陸できるかどうかまだ分かりません~


・・・・・

着陸できなかったら、、、ブリュッセルに向かうのか・・・?



この日、ロッテルダム空港のように閉鎖になっていないものの、オランダの空港はどこも霧により遅延・フライトキャンセルが多発していたようだった。


そして、なんとか無事に着陸をした。。。


航空会社が用意した数台の観光バスに乗り込み、ロッテルダム空港へ皆で移動
ロッテルダム空港へ到着したのは、午前3時過ぎだった・・・。

車に乗り込み、空港を後に・・。
我が家は車だからいいけど、悲惨なのは公共交通機関ご利用の方々。。。
当然この時間はバスもなく、聞きつけたタクシーが4、5台来てはいたけど、4、5台じゃ全然足りないし、ましてやタクシー代は自腹・・。

空港の外の歩道をとぼとぼ歩いて帰る人を見て、なんとも可哀想な気持ちに・・

この真っ暗な寒い中・・歩いてどこまで行くの・・?



しかし

こんなまでして、なんとしてもオランダに戻ってきたかったオランダ人はいたのか・・?

THE日本人のうちの旦那さんは、会社を休めないから何としても戻りたい!だったけど、オランダ人だったら飛行機が飛ばなくなったんで帰れません。休みます~!って全然平気そうだし。




とにかく、

霧のシーズンに、もう二度とロッテルダム空港を利用する事はない


そう心に誓ったのだった。。。



バルセロナ④ 「セッテ・ポルタス(7Portes)」 でお食事

3日目。早くも最終日。

この日はゴシック地区を中心に観光
まず向かったのは、カテドラル。

1111201.jpg
外観は改修工事中・・ということで、残念な姿だったが、内部はかなり立派だった!

サグラダファミリアの内部より、こっちの方がいいな。とぶっちゃけ思った。

カテドラルを出て、
1111202.jpg
すぐ近くにある、王の広場へ

コロンブスが新大陸発見の報告をここで行ったということだけど、まぁ~フーン・・な広場。

ちなみにこの日、他に2か所の広場に行った。
1111203.jpg
サン・ジャウマ広場

1111204.jpg
レイアール広場

地球の○き方には、3か所とも見所度なんだけど、ほぇ?って感じ
広場って行っても5分で見学終了だし、所詮広場だし。わざわざ行くものではないのかも。


さて。
お昼前最後に向かったのは、ピカソ美術館。
1111205.jpg
中庭。内部は禁止。

ピカソは正直興味ないけど、せっかくなんで入場した。
アムスのゴッホ美術館のようにピカソの絵を年代別に展示しているので、作風が変わっていく様が良く分かって面白かった。
この人、本当にビックリするくらい作風が時代ごとに変わっていく・・・。同じ人間が描いている絵とは思えないくらい・・。


美術館を出てお昼ご飯にすることに

入ったのは、米料理が美味しいと評判の「セッテ・ポルタス(7 Portes)」
1111206.jpg
各種生ハムの盛り合わせ

1111207.jpg
カネロネス(カタルーニャ料理)

1111208.jpg
野菜のパエリア

1111209.jpg
イカスミのパエリア

どれもめちゃんこ美味しいぃ~

欲張って注文しすぎちゃった・・。もったいないけど、少し残した。


そして食事後、15時からカタルーニャ音楽堂のガイドツアーを申し込んでいたので移動した

11112010.jpg
カタルーニャ音楽堂。

狭い道なので、全体が写真撮れず・・
ガウディと同時期に活躍していたリュイス・ドメネク・イ・モンタネールの最高傑作といわれる建築物。
もち世界遺産指定。

11112013.jpg
内部は禁止。ポストカード

写真だと豪華絢爛さは伝わりにくい。。。
実際は、タイルや装飾、ステンドグラスが煌びやかでタメ息が出るほど素敵だった

11112014.jpg
有名な大ホールのステンドグラスのシャンデリア

装飾は華美すぎるけど、ステンドグラスから採りこまれた自然光は優しかった

ガウディよりドメネクの方が断然ステキ




予定していた観光を全て終え、空港に行く時間までランブラス通りでお土産屋さんを覗いて時間を潰した。。。

3日間と滞在日数は少なかったけど、以前来た時は外観のみの観光だった場所に入場観光したり、行きそびれた場所に行けたりと楽しめたのだった





バルセロナ③ 「コルドベス」でフラメンコ観賞

バルセロナ2日目、続き・・・。

カサ・ミラを出た時は15時頃。
この日、残りの予定は夜に予約した「コルドベス(Tablao CORDOBES )」でのフラメンコ観賞のみ。。。
夜まで時間がありすぎる

とりあえず、お茶でも飲んで休憩するか?と近くにあったバルレストランに入った。

11191.jpg
私らしくない、ミックスフルーツのミルクセーキを注文


このお店、
11192.jpg
入り口から奥まで、ズラズラズラ~っと何十本も生ハムがぶら下がっていて・・・。


あっ食べたい


我慢できず、イベリコ豚の生ハム盛り合わせを注文。
11193.jpg
生ハム、甘くて美味しい

ミルクセーキと合わせるのは、ちょっとだけど。
おいちくってあっという間に間食!


かなり満腹になりながらお店を出て、夜のフラメンコのお店の辺りまで移動
フラメンコのお店近くにあったサン・ジュセップ市場(ボケリア市場)で時間を潰すことにした。

11194.jpg
果物

11195.jpg
お菓子

11196.jpg
フルーツアイス&フルーツジュース

サン ジョセップ市場 (ボケリア市場)1
魚介類

11197.jpg
もちろん、生ハム

お店を覗くだけで楽しい

お腹が満腹すぎて、あまりつまみ食いできないのが残念
近所にこんな市場があったら、毎日通ってしまいそう。

なにやらちょこちょこと結局は買い物をしてしまった。

量り売りのお菓子は、高級菓子か?ってくらい異常に高くて
まぁ・・たぶんボラレたんだと思う
これは観光客だから仕方ないね。。。

生ハムもその場で削いでくれたものを食べたら激ウマでたくさん購入。



そして、予約時間となりフラメンコのお店・老舗の「コルドベス」へ

11198.jpg

11199.jpg

私達はタパス付きショーを選んだので、ショーの前に舞台の横の部屋でタパス(軽い食事)を食べた。

メニューは、おつまみ(オリーブ、チーズ、クラッカー)と揚げ物とポテトのタパスとミニパエリアだった。

味は普通・・・。

それほど美味しくなさそうだと最初から分かっていたけど、ショーの始まる前もしくは終わった後でご飯を食べる為にまた歩きまわるのは、疲れそうで嫌だった。子供もいるし妊婦だから、その場で食べた方が身体が楽だなぁ~って思ってしまったのだ。

そういう事情もなければ、お外のレストランやバルで美味しい物を食べた方が良し。だね。。。

ビュッフェディナー付きのショーもあってビュッフェの準備中も見たんだけど、ビュッフェはタパスより大分内容が良さそうだった(お値段が高いけど


そして、ショータイム

オフシーズンということで、かなりガラガラ。一番前の真ん中の席で鑑賞した。

111910.jpg

111911.jpg

111912.jpg
1時間はあっという間!

写真撮影は、最後の5分間だけOKだった。まぁ、そうやって時間を区切ってくれた方が、じっくり観れて良い。
いっちゃん、、、迫力にビビって固まるだろう・・と思っていたけど、そんなことはなく喜んで拍手していたし、終わった後も「踊り楽しかった!また見に行く!」と言っていたので、気に入ったようだった。


本当だったら旦那さんも飲み直ししたかったろうけど、タクシーでホテルにおとなしく戻り、1日を終えた。




バルセロナ② ガウディ巡りをする

バルセロナ2日目。

この日は朝9時にネットで事前予約を入れていたので、早くから行動開始

地下鉄でホテルから3駅。やって来たのは、
1111191.jpg
サグラダ・ファミリア聖堂

相変わらず工事中・・・。

中に入ると、
1111192.jpg
かなり出来あがっている!!

15年前に来た時なんか、内部はガラ~ンとしていてほとんど何もなかった記憶が・・。
なんでも、完成予定が2026年!だとか!(縮まっている!)

前に来た時のガイドさんの話だと、300年後?とか400年後?とか聞いた記憶があり、私の生きているうちに完成する事はないのだなぁ~と思ったし、実際内部が全く出来てない状態から、300年後に完成はムリだろ・・・と思ったんだけど。
工事の技術の発達とかにより、大幅に期間短縮となっているようだ。

1111193.jpg
塔の上へエレベーターで上がった。

???

工事の進展により、かなりのレベルダウン

塔の上は本当に上がるだけ。遠くを眺めることが出来るだけーになっていた。
以前はもっと歩きまわれたんだけど・・。

1111194.jpg
下り階段もきちんと完成しており、螺旋階段をただ降りるだけー・・・になっていた

これまた以前は、大丈夫?迷っていない??って思いながら、あっちこっち周りながら降りるようになっていて、まるで迷路に迷い込んだような面白い下り道だったのに・・・。

こりゃー・・塔の上、上がる必要ないな・・・


サグラダ・ファミリアを出て、すぐ前に停まっていたタクシーに乗りこみグエル公園に向かった
バルセロナはタクシーが安くてボラないと評判が良いので、歩き疲れ防止の為&移動時間短縮の為に今回の旅行中はタクシーをちょくちょく利用した。

1111195.jpg
グエル公園到着!

1111196.jpg
入口にあった二つのお家(小屋)を見て、お菓子のお家がある!と喜んだいっちゃん。

確かにガウディの作品って子供うけするかも。。。

1111197.jpg
しばし公園内を散策


そして公園前からタクシーに乗り、カサ・バトリョへ移動した


カサ・バトリョに入る前にお昼ご飯
入ったのは、すぐ近くにあったタパ・タパ(Tapa Tapa)でタパス(小皿料理)をあれこれ注文!

tapatapa.jpg
ランチョンマットのメニューが写真付きで分かりやすーい

1111198.jpg

1111199.jpg

11111910.jpg

11111911.jpg

11111912.jpg

いろいろ食べれて満足満足


そして、カサ・バトリョへ。
11111913.jpg

11111914.jpg

11111915.jpg

いっちゃんにもオーディオガイドを貸してくれたので、真剣に聞き入っていた。
オーディオガイドも入場料に含まれていたし、この建物のテーマは海ということだったが、なかなか内部はオモシロかった。


そして、すぐ近くにあるカサ・ミラへ~。
11111916.jpg
いっちゃんは、あのお菓子のお家には魔女がいる!と言って近寄りたがらなかった。。。

確かに不気味・・・。やはり好みではないガウディ建築。。。
この建物のテーマは山。

11111917.jpg
唯一の見所?の変わった屋上。

これを素敵に感じない私の感覚はおかしいのか?

11111918.jpg
内部のアパートは、まぁ・・普通のお家に感じた。

カサ・ミラはオーディオガイドが有料だったし、先に行ったカサ・バトリョと比べると内部もイマイチ・・。
特に私達は先に良い方を見てしまったので、余計イマイチに感じた。

入場するのは、カサ・バトリョだけで良かったな


とりあえず、ガウディ建築4連発を終えたのだった。




バルセロナ① モンセラットでハイキング

週末に2泊3日でプチトリップ

向かったのは、スペインのバルセロナ。人気の観光都市。
旦那さんも、やはりどうしても一度は行きたい!ということで行くことになった。
出産前の最後の飛行機利用旅行だ。

私は、遡ること15年前・・大学○年生の時に一度訪れたことがあり。。。
実は、、、その時のバルセロナの印象はイマイチ

バルセロナと言えば、ガウディ。


ガウディは才能あふれる天才だとは思うけど、彼の作風がどうも私の好みではナイのだ・・。
顔に似合わず、スッキリ美しいデザインが私は好きなの。

おそらく、これが以前バルセロナがイマイチと思った原因。

でも15年も経てば、何かビビっとくるかも?とうっすら期待して・・。


==========

ということで、バルセロナ1日目。


早朝便にてバルセロナへ

ロッテルダムから空路で2時間、近い!
9時過ぎにバルセロナに到着し、早速レンタカーを借りた。この日は1日のみレンタカーを借り、日帰りでカタルーニャの聖地と言われる、モンセラット修道院へ向かう。
とその前に、、、
空港のすぐ近くに世界遺産登録の教会があることが分かり、まずそこに立ち寄ることにした。


1111181.jpg

1111182.jpg
コロニア・グエル教会

ガウディの建築物ね。

1111183.jpg
地下礼拝堂

意外と控えめで、なかなかいい感じだった。
建築家の中では、この教会こそがガウディの最高傑作と言われているのだとか。

1111184.jpg
ステンドグラスが、シンプルな内壁によく映えてとても美しかった

1111185.jpg
そして、ステンドグラス(窓)の開け方もオサレ。


111118.jpg
外から見ると、ガウディっぽいけど。

未完の建築物であるこの教会。
地下部分のみ建築され、中断されたまま。。。

1111186.jpg
赤い線の部分が、本来の教会の完成原案だった。

本当だったら、どんな風になったんだろう?


そんな事を考えながら、教会を後にした。

1111187.jpg
オランダとは違って、山も見える風景。

1111188.jpg
変な岩山も見えてきた!

目指す、モンセラットはその岩山をさらに奥深く入ったところだ。
山道は、かなり霧というか雲がおりてきていて大丈夫?な感じ

1111189.jpg
駐車場に車を停め、さらに上にあるモンセラット修道院を目指して坂を上った。

もぉ~これは写真なんて撮れないなぁ~なんて思っていたんだけど、

11111810.jpg
修道院の辺りまで上ると、ぎりぎり雲の上となった。

11111811.jpg
下を覗くと、雲だらけー。

11111812.jpg
修道院の礼拝堂はけっこう立派

そして、名物の黒いマリア像を見る為に行列が出来ていて、私達もとりあえず並んだ。

11111813.jpg
ガラス張りのマリア像

手にボールのような物を持っていて、その部分のみ触れるようになっていた。
皆、そのボールにキスしたりナデナデしたりしているので、とりあえずなでておいた。


修道院を出た後、ケーブルカーでサン・ジュアン展望台に向かった

11111814.jpg

11111815.jpg
のこぎり山と言われる奇怪な岩山と修道院が見渡せた。

修道院が日陰になっちゃっているケド

展望台からは、いくつものハイキングコースがあり。
11111816.jpg
一番短いコースは、サン・ジュアン祈祷庵まで徒歩15分と表示されていて、15分なら私でも歩ける!とハイキングすることに

11111817.jpg
ダイナミックな景観を楽しみながらのハイキング

11111818.jpg
サン・ジュアン祈祷庵に到着!

ゆっくり歩いたせいか?30分ほどかかってしまった

しばらく休憩した後、来た道を戻り展望台から下へ。
モンセラットを後にした


空港へ向かい、レンタカーを返却。タクシーでバルセロナ市内のホテルへ移動
ホテル到着後、私は休憩タイム
旦那さんは、ショッピングエリアに出かけた。


そして、夜ご飯
ホテルの近くにあったチャペラ(Txapela)というバルでビンチョス

11111819.jpg

11111820.jpg

11111821.jpg

11111822.jpg
ちょこちょこと色んな種類を食べれて楽しい

けれど、夜ご飯としては軽すぎかな?1品くらいはがっつり系を食べたいかも。


そしてこの日は、翌日に備えて早めに就寝したのだった





オランダ(ロッテルダム?)で人気のSABON

お腹だいぶ出てきた・・・。
妊娠線予防クリーム買わなきゃ・・・。

なんて思いつつも、買いに行かない女、ワタシ。。。

探しに行くのも面倒だし、なんか妊娠線できてもいーかも・・・なんて思ってしまうヤバい感覚

そんな中、ふと使おうと思いついたのが、
111117.jpg
↑コレ

SABONの「Shower Oil Bottle Patchouli Lavender Vanilla」

ちょっと前に人から貰ったやつ。
香りが、パチュリ・ラベンダー・バニラとかいっちゃって、???って感じ。なんでも、調べるとSABONで一番人気の香りだとか?

我が家のいっちゃんのお風呂担当は平日は私なので、いっちゃんが生まれてから即行バスタイムを終わらせているし、ゆっくり楽しむ余裕はなかった。
なんで、シャワーオイルなんて・・どうしよう??って思っていたんだけど、よく考えるとオイルってしっとりしそうだし妊娠線予防に使えそう。

早速ボディーソープの代わりに使ってみた


オイル配合ってべたつきそうなイメージだったんだけど、そんなことない!
普通にボディーソープのように泡だって洗い上がりはシットリ~

それに、シャワータイムに充満する匂いが!そりゃーもぉ~いい感じ

ロマンティックなバスタイムに変身



とりあえず、予防クリームがないのでコレでしのぐぞ
(↑・・って?クリーム買いなさいよ




念願のたこ焼き大会

1111124.jpg
念願だった、たこ焼き大会を開催

ただただ、ひたすらたこ焼きを焼いて焼いて食べまくる!ってだけなんだけど。

こないだ(って?もう1年近く前)一時帰国した際、本気でたこ焼きマシーン君を買って帰ろうとヨドバシカメラに買いに行ったけど、小さくても重量が重いし・・と迷いに迷って結局買わなかった。

オランダに戻ってきてから、やっぱり買えば良かったぁぁ~と大後悔


でもひょんなことから、2ヵ月ほど前にたこ焼きマシーン君が我が家にやって来た

手に入れるだけで安心し、結局まぁ作るの面倒くさい・・っていうのもあり、ようやくたこ焼き大会を開催することになったのだ。


いやー、、、
しばらくは、たこ焼き見たくない・・って一瞬思ってしまうほど、たらふくたこ焼きを食べたのだった。




久しぶりのパンネクック

土曜日、朝起きてビックリなんと、お昼
夫婦そろって、かなりの朝寝坊

1年前ぐらいまでは、いっちゃんに週末も朝早くから起こされ、朝寝坊なんて夢のまた夢~だったんだけど、もう今や一人で起き出し冷蔵庫やら戸棚をごそごそあさって、自分の好きな物を勝手に食べるようになってしまった・・

寧ろ私が起きない方が、いろいろ漁れる?という感じで、こっちが寝ているとこれ幸い!って感じっぽくて起こさないようにソローリと部屋を出ていくんだよね

こっちも寝坊している負い目があるから、怒れないし・・。



寝過ぎで何もする気がおきん・・・(←最悪)。


ご飯も作る気がしなくなり、ランチをしに近所に出かけることに


久しぶりに、カリカリチーズが美味しいパンネクックを食べに「Petit Restaurant Schollebos」へ向かった

1111121.jpg

私はベーコン&チーズを注文!旦那さんはスペシャルを注文!

1111122.jpg
スペシャルは、オムレツタイプで中にはたくさん具が入っていた。

がっつり食事系!なかなかイケた。

私のチーズカリカリもやはり美味しかった


この日は朝ご飯も食べてないので、お腹ペコペコ。
ということで、デザート系も注文!
1111123.jpg
バニラアイス&生クリーム


普通に美味しい!

お腹いっぱーい




たまには、だらだらした週末も良いもんだ。



カフェDUDOKでアフタヌーンティー♪

日曜日の午前中は知り合いのお宅に少しお邪魔して、その後そのまま中心部で買い物することに。

ランチにしようと久しぶりにDUDOKに入った。
DUDOKはAppeltaart(アップルパイ) が有名で、日本のテレビ番組でも何回かオランダで一番おいしいアップルパイが食べれるお店で紹介されている。


この日はランチなのでもちろんアップルパイは食べないが、ウエイターさんが運んでいる三段トレーを見て、思わず注文してしまった・・
1111061.jpg
アフタヌーンティー(ハイティー)1人19.5ユーロなり。


ほんとは数量限定のようで?予約優先なので?
注文できるかどうかの確認にだいぶ時間がかかったが、無事注文できた。



★一の段
1111062.jpg
ケーキ&ミニタルト&チョコ

★二の段
1111063.jpg
三種のミニサンドウィッチ

★三の段
1111064.jpg
スコーン&マフィン&プチシュークリーム

スコーン用の生クリームとジャムももちろん付いている


1111065.jpg
お茶は・・・

私の選んだジャスミンは布製ティーバックなのでまだ良しとして、旦那さんの選んだイングリッシュはリプトンティーバック

オランダだもんね・・



一つ一つのお皿を見ると大したことないんだけど、三段トレーとなると妙に魅力的に思えてしまうアフタヌーンティー
いろいろなモノがチョコチョコ食べれるのが嬉しい。
スコーンやマフィンに生クリームやジャムをたっぷり付けて食べると、気分もそれなりだし



お腹一杯に~






Royal Delft でデルフト焼の絵付け

この日は、デルフト焼きで有名な「ロイヤルデルフト」が年に一度のオープンディとお友達に教えてもらって、行くことにした

1111051.jpg
そのうち来よう!と思いつつ、来たことがなかったロイヤルデルフト。


到着後、この日は格安で出来ると聞いたワークショップに参加することに


11110522.jpg
どれに絵付けしようかな・・・?


散々迷った挙句、選んだのは・・・
1111052.jpg
ベル

簡単に絵付け出来るように、いくつかの絵柄を下書きしてもらえる型があったんだけど、私の選んだベルは形が曲線なのと、ベルの平面部分より型が大きい(下書きがはみ出しちゃう)という理由で型が使えず全て自分で下書きから手書きしなくてはいけないことに・・

タイルとか平皿にすれば良かった・・・


1111053.jpg
いっちゃんは靴でチャレンジ

もちろん自分で好きな絵を書かせたので、落書きに近い
ハート模様やうさぎちゃんを描き込んでいた。。。
まぁ、4歳の時に作った作品の記念ということで・・。
ロイヤルデルフトで4歳の記念作品作るって・・めちゃ贅沢じゃない?




ワークショップを終えた後は、
1111054.jpg
素敵な中庭に出てみたり、

1111055.jpg
ミュージアムを見学


最後はショップでなにやらちょこちょこ買い物をして、ロイヤルデルフトを後にした。


また来月・・出来あがった作品を受け取りに行くけど、どんな風に焼きあがるか楽しみ







ちなみに、この日の昼食

1111056.jpg
今年初のエルテンスープ


また今年の冬も、栄養たっぷりのエルテンスープにお世話になるつもり




=====

ロイヤルデルフトのオープンディで作成したデルフト焼作品はこちら♪


食べそこなう前に・・・

最近よく見かけるようになった、この季節のスタンドといえば・・・

1111031.jpg

オリボレン

昨年は、そのうち買おう。と思いつつ、買わないでいたら、あっという間に年末となり一時帰国~。
結局一度も食べることなくオリボレンの季節が終わってしまったのだ

まぁ、今年はそんなことがないように、とりあえず見かけた時に食べておくことに。


1111032.jpg
・・・。

写真うつりが悪いのではなく、実際こんな感じな見た目
見た目はイマイチでも?うん!やっぱり、好きな味


ふんわりしたドーナツより、もっちりしたオリボーレンの方が私の好みだな



助産院検診④

この日は4回目の助産師検診。。。

助産師さん、忙しいらしくって待合室は満席。私も1時間以上待たされて検診となった。
いっちゃんの時は大学病院だったから、3時間ぐらい待たされたりした時もあったな・・・なんて昔の事を思い出した。


血圧と体重計って、エコー見て終了

エコーなんて5秒くらいしか見ないで、はい、大丈夫!とか言われた
こんな一瞬で何が大丈夫なんだ?(ピクリとも動いたところを見ていないぞ)って感じだが、忙しいらしくあっという間に部屋から出された。


私みたく言葉に不便がある子は、特に相手するの面倒なんだろうなぁ・・・・・


そんなこと考えながらトボトボと家に帰った。




プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1