さわちゃんグッズ(お買い物袋)

さわちゃんの本当の名前・・・。
日本の名前であると同時にオランダでも一般的な名前だったりする。
(ローマ字スペルが。もちろん同じスペルでも発音は日本とオランダでは少し違うけど)

一方、
いっちゃんの名前は日本では普通の発音だけど、オランダでは名前としての発音が変わっているらしく!?必ず聞き返されるし、何度言っても覚えてもらえなかったりする

いっちゃんは、「○○(クラスメート)はいつも私の名前を間違えて呼ぶの」とか言っていたりするし・・・。
いやいや、、、○○ちゃんは上手にいっちゃんの名前の発音ができないだけだよ・・・と心の中でつぶやくワタシ。。。


さわちゃんはオランダでも一般的な名前をつけたので、そういう心配なし。
オランダ人何人かに赤ちゃんの名前を聞かれたので答えると、「おぉ!ダッチの名前を付けたのか!」と感激されちゃうくらいだし




さてさて。

日本でもよく観光地のお土産屋さんとかで「お名前グッズ」が売られているよね。
(↑「さちこ」とか「じゅんこ」とか一般的な名前のハンコとかバッジとか・・)
オランダでも日本ほど多くはないものの、たまーに見かけるお名前グッズ。
もちろん売られているのはこちらの名前だけですが・・・。



じゃん!

さわちゃんの名前のスペルはオランダの名前でも一般的ということで!
外に出かけていた旦那さんが早速見つけてゲットしてきた携帯用お買い物袋。さわちゃんの名前がプリントされている。


もちろん、いっちゃんの名前は売られてない。
というか、いっちゃんの名前は日本でも売られていないかも・・・


さわちゃんのお名前入りグッズだけが増えていく予感




スポンサーサイト

冬のボートからの景色・・

オランダの観光地で人気のヒートホールン
もちろん、オンシーズンに訪れるほうがいいに決まっているけど、それでも人気の観光地となればフツウはオフシーズンでもなんとかなるっていうか、観光は出来るもんだ。

日本から出産の手伝いにわざわざ来てくれた両親をどこにも連れて行かないのはいくらなんでもどうだろう?

っということで、人気観光地・ヒートホールンへ向かうことになったんだけど・・・

giethoorn 2
ヒートホールン定番・ボート巡り

前に来た時は、ボートレンタルし個人でボート巡りをしたけど、この日はいわゆる遊覧ボート(運河めぐりのボート)に乗船。。

giethoorn 1
寒々しい冬の景色・・

giethoorn 3
水仙が一応咲いちゃいるけど・・さむい・・

giethoorn 4
行き交うボートも少ないし・・

giethoorn 5
さむざむしすぎる!!

気候の良い時には、開放的でとっても良かった湖なのに・・

giethoorn 7
なんとも残念な運河めぐりな印象。。。

オフシーズンにわざわざヒートホールン行くなら、普通に美術館めぐりの方が楽しめるね。。。

===

以前楽しんだ気候の良い時期のボート巡りの日記はこちら
(日記を見比べれば一目瞭然、夏に行くべし↑)


ヒートホールンは、気候のよい時期に行く観光地。。。


ついに!補助輪がとれた!

ようやく・・・
1203251.jpg
自転車、補助輪ナシに!


この日にゲットした新しい自転車で、早速補助輪なしで乗ることに成功


1203252.jpg
乗れるようになると楽しくって!?

家の前の公園周りをぐるぐると何十周も回る。

この日ゲットした自転車は4台目の自転車


1台目・・オモチャの10インチの自転車
 ↓
2台目・・お友達に借りた日本の幼児用自転車
     (12インチぐらい?)
 ↓
3台目・・近所で購入した16インチの自転車
 ↓
4台目・・この日新たにゲットした!16インチの自転車


ちなみに、、、バランス練習用のペダルなしの自転車も含めれば5台目だったりして


とにかく補助輪が取れなくって・・・

自転車って一度乗れるようになると、ちょっとサイズが違かろうが不都合な部分があろうが大抵乗りこなせてしまうものだけど、この乗れるようになるまでは、少しサイズが違う、とか少し不都合な部分がある・・だけで乗れなかったりするものだと思った。

3台目と4台目は同じ16インチだけど、ペダルの位置やグリップの位置が全然違うので同じインチと思えないほど違う。
今回の自転車はそういう意味でマッチした自転車だったので、ほんとにすぐ乗れるように


バランスの練習用・ペダルなし自転車がかなり効果的だったこともあると思うけど!



これでようやく一安心



祝!5歳

いっちゃん、5歳になったよ


誕生日の日、私は出産してからまだ1週間・・・。
体調は良いけど、寝室で赤ちゃんと生活中。。。産後しばらくは階段を使わない方がよい(骨盤がやられる)。と聞いているので、寝室のある3階のみで生活していたが、いっちゃんのお誕生日であるこの日に旦那さんは飲み会所用で不在ときたもんだ。
これで私が寝室に籠ったままでダイニングに行かなければ、パパとママのどちらも欠席の誕生日ディナーになってしまう


いやー・・・

さすがにチョットかわいそう・・・


ということで、、、

産後初めて階段を下り、ダイニングへ~。



5歳①

ケーキはHEMAで買ってきてもらったHEMAでゴメン、いっちゃん。。。

やフルーツがトッピングされているケーキ。

まぁ・・味はとにかく、ろうそくフーをすることが大事!




ろうそくフーする瞬間を
5歳②
・・撮り損ねてしまい、フーした直後


真っ暗・・・


とにかく、無事に5歳を祝えてよかった




便秘にラクトース(乳糖)のスゴイ効果!

妊娠・出産後の便秘対策

素晴らしかったラクトース(乳糖)の効果について言いふらしたい!!

妊娠すると、、、もしくは出産すると、、、多くの人が悩まされるっていう便秘。

私は普段、まーーったくの便秘知らず~なんだけど、いっちゃんの時の産後にまさかの便秘に悩まされた
会陰切開後の痛みがあるし縫合しているから、痛くて&怖くて(傷口が開いてしまわないか?)力を入れられなかった・・・。

今回もまた会陰切開となったので、あぁぁぁ・・・・・・また便秘になってしまう・・・・と思った。
そして予想通りに・・・

普段から便秘気味の人は、おそらく慣れていて不快な気分は少な目(?)だと思うけど、私なんて1日出ないだけでこの上なく不快でたまらないのだ。

下剤とかは嫌だし~

クラームゾルフ(産褥ヘルパー)さんにその事を話すと、勧められたのがラクトース(乳糖)。

ラクトース(乳糖)とはグルコースとガラクトースからなる二糖類で、哺乳動物の乳やレンギョウというの植物の花粉に含まれている成分。自然のものだから安心安全!
整腸作用があって穏やかな便秘解消が見込める。
まぁ、、、穏やかな作用なので、逆に普段から頑固な便秘の人には効果は薄いのかも?だけど。



さっそく購入!
乳糖
ラクトース(乳糖)

即効性はないので、飲み始めて数日後から効果がある。って聞いていたけど、普段は便秘ナシで腸の働きがおそらく良い私の場合、翌日には既に効果あり!
下剤のようなピーゴロゴロじゃないのに、水分の抜けたコロコロちゃんが力を入れずにどんどん出てきたのにスゴイ感動!



ラクトース(乳糖)って、日本でも売っているのかな?



初めまして!

P1000069.jpg
初めまして!

久しぶりのブログ更新。。。

3月8日に無事出産しました。元気な女の子です!
生まれた日にちなんで、ブログ上のニックネームは「さわちゃん」です。ヨロシクね!


さてさて。

オランダでの初めての出産。
当然経産婦なので分娩時間は今回のほうが短かく、陣痛もこんな痛くなかったっけ?(出産30分前までぺちゃくちゃ旦那さんとおしゃべりしてた・・)って感じだったんだけど、分娩行為自体は今回のほうが大変だった・・・

まぁ、、、人によって感じ方は違うのかもしれないけど。
日本式とオランダ式、、、私は日本式のほうが好きだね~。



3月中は赤ちゃんのお世話に大忙し
・・なはずなので、ブログの更新はしばらくありません。。。あしからず。




ピンクのマウシェス(出産祝いの食べ物)

出産後、病院で食べたマウシェス(お祝いの食べ物)
オランダの病院食?と共にご紹介~!

私は日帰り出産ではなく、出産後病院に1泊して帰宅。要は1泊2日出産だった。

出産後、初めて提供された食事

ちなみに出産時間は18時頃だったので、提供されたのは夕食となる。。。
病院の食事
じゃーん!病院食


フルーツだけって・・・

そりゃー、出産後疲れて食欲ないって人もいると思うけど・・・。
逆に体力使ってお腹すいちゃった!食欲あり!っていう、私のようなタイプもいるはずなのに・・・。


ピンクの食べ物が、オランダで出産すると必ず食べるお祝いの食べ物・マウシェス。
お友達や近所の人の出産のお祝いに行くと必ず出てくるので、オランダに住んでいるとチョコチョコ食べる機会のある食べ物だ。

丸ーいラスクのようなものにバターを塗って、アニス&砂糖のミックス粒のようなものを振りかける。
アニスの色は、男の子だと水色で女の子だとピンクとなる!


既に学校へ通いだしている子供がいる場合(ウチの場合、いっちゃん)、出産後クラスメート&先生の人数分のマウシェスをすぐに準備して持って行って振る舞わなきゃならん!

ちなみにこの時お祝いしてもらうのは、いっちゃんの方!
赤ちゃんが生まれて、めでたくお姉ちゃん(お兄ちゃん)になったお祝いということらしい。。。

このマウシェスは、普通にスーパーとかに売っているので、ラスクとマウシェスとバターを買ってくれば簡単に準備ができる。
クラームゾルフ(産褥ヘルパー)さんに準備をお願いしてイイらしいんだけど、日本人的な感覚でなんだか悪くって頼みにくい~!
と思った私は、お菓子屋さんでピンクのマウシェスがトッピングされたチョコレートを出産しそうな直前に!?買いに行き、事前に配る準備をしておいた。

マウシェスのトッピングされたチョコレートも、大体チョコレートが売っているお菓子屋さんやベーカリーで必ず取り扱っている。



味は、、、正直美味しくないけど、マウシェスは母乳の出を良くするって聞いているので、出産後に出されたモノは頂いたよ


出産当日②

出産当日①の続き・・・


私の寝ていたベットはただのベット・・・。
日本の分娩台のように足をかける台もなければ握るグリップもなかった。
(↑私の出産した病院の場合。他の病院だと日本のような分娩台があったりする)

そして助産婦の指示に仰天

自分で自分の足を持って広げて自分の手で自分の足を押さえてイキムように!
・・・って!!??無理なんですけど

だってこっちは陣痛に合わせてイキムのが精いっぱいでしょ!?
それにプラス自分で自分の足を持って自分で自分の足を押さえて・・って!?ありえーん

大体、踏ん張る足場もなければ、力を入れるために握りたいグリップもない
どうやってイキムというのだ


助産婦は出てきた赤ちゃんを受け止めなきゃいけないので、押さえることができない。
あなたが自分でやるしかないのよ!と叫ぶ。


ムリムリムリムリ~


結局、、、
片足は看護婦さん、もう片足は旦那さんが押さえてくれることになった。
んだけど、足場もグリップもないんじゃ力が入れられない


イキムの大変だった・・・


何とかイキンで出産した。
終わってみると、助産婦に子宮口をチェックしてもらってから1時間後には出産を終えているという、スピード出産であった。



出産したのが18時ごろなので日帰りではないはず・・・

と思ったが、しばらくしたら家に帰って~みたいな・・・
それは無理すぎると頼み込んで1泊はさせてもらうことに・・・。


病室は4人部屋だった。

これも病院によって全然違うけど、個室でホテルみたいに快適で旦那さんも一緒に泊まれる!とかもあれば、私の病院のように、大部屋で家族が泊まるの不可・・なところもあり。

大部屋なのはいいんだけど、4人中2人が母子同室で赤ちゃん連れ、残りの2人が赤ちゃんナシはいかがなものか

赤ちゃんが泣くと、赤ちゃんナシの2人にめちゃくちゃ気を遣うし、1泊したけど全然休めなかった・・


そして翌朝。

ヨロヨロしながら退院した。。。



出産当日①

出産予定日を迎えた・・・


といっても、前日の検診で子宮口がしっかり閉じていてまだまだよ!みたいなことを言われていたので、ドキドキすることもなく、今日はどこに散歩行こうかなぁ~とぼんやり考えたりしていた。

いつもは午前中に散歩へ行くのだが、この日は昨日の夜更かしのせいで朝からとっても眠い。。。
ということで、二度寝

起きたらランチタイム

昼食を済ませ散歩に行くか~と思っていると、お腹が張ると同時に腰回りも少し重い。


ん??


もうここ数日お腹が1日何回かは張っていたので張りだけなら別に気にしないんだけど、腰回りの重い感じが気になった。
痛いわけじゃないし、、、陣痛じゃないよね・・??
と思いながら、張りと張りの間隔を計ると15分間隔。日本であれば経産婦の場合は15分間隔になったら病院へGoと言われているけど。。。

んー・・・。痛くないし・・陣痛じゃないかな・・・?

なんて考えながらとりあえず散歩は中止し、家で様子を見ることに。
その後も定期的な張りは続き10分間隔となった。

さすがに10分間隔だし万一陣痛だったら困るので、勤務中の旦那さんへ電話。帰ってきてもらうことにした。
帰り途中で助産婦に電話もかけてもらった。

私も入院鞄を持ち帰宅した旦那さんとともに病院へ

昨日のケンタッキー・・・効いたか・・・?


オランダで病院出産を選択した場合も、通常は陣痛が始まるとまず助産婦に連絡し助産婦が家に来る。
そして助産婦が子宮口の開き具合をチェックし病院に行く指示を出す。
私の場合は前回(いっちゃんの時)スピード出産だったことを伝えてあったので、一度家でチェックしてから~なんてしていると間に合わず自宅出産になってしまう可能性があるということで、最初から陣痛が始まったらすぐに病院に行くように助産婦から指示されていた。

病院についたときは7分間隔くらいであったが、助産婦は電話で「今、忙しいからしばらく待っていて!」と旦那に伝えたとの事。
ベットのある部屋に通され、看護婦から何か飲む?と聞かれたので紅茶をもらって飲みながら助産婦を待った。
子宮口の開き具合のチェックをしていないので、もし違かったらどうしよう・・・とやはりドキドキしていた。

30分ほど経過したところで助産婦が部屋に入ってきた。


その時点で5分間隔。。。痛みも少し出てきていた。
子宮口を早速チェックしてもらうと、5cm開いている状態であった。22時ぐらいを目標に出産しましょ~!みたく言われたが、その時点の時刻は17時を少し過ぎたところだったので、あと・・5時間近くこのままベットで待つのか・・・と憂鬱になった。

5分間隔から30分くらいさらに経過したところで、もう1、2分間隔くらい?に張りと痛みの波がやってくるようになった。痛みも強くなってきていて、旦那さんとおしゃべりしていたがなんだかしゃべるのが億劫になってきた「・・・これがあと4時間半くらい続くのはキツイな・・」と考え始めた時、再び助産婦が子宮口の開き具合をチェック。


OK!全開よ


はい?まじっすか!?



5時間後ぐらい~な心づもりだったが、30分で出産を始めることとなった。





助産院検診⑩

出産予定日前日の検診。。。


この日は旦那さんも一緒に検診へ

とうとう明日が出産予定日。
いっちゃんの時は予定日より1週間早く39週で出産。経産婦は初産婦より早く産むことが多いっていうから、自分たちは勝手に予定日の2、3週間早く生まれると思っていた。。。

それが・・・

ほらさぁ~、

日本から手伝いに来てくれている親の滞在期間(帰国日)が決まっているし、このままズルズル後ろに出産がのびると、まだ手伝いが必要な時期に日本に戻られてしまう・・・という事態になりかねない
それに、旦那さんもいつでもかけつけられるように仕事のアポを先延ばしにしているのに、このままいつまでもアポを入れられないんじゃ困ってしまう

はやく・・

はやく出てきてくれ


検診では、かなり下がっていていつ出産になってもおかしくない。と言われたが、助産院では内診はしないから実際に子宮口が開いてきているかどうかが分からない。。。

そして、この日の午後に再び病院へ行き胎児の状態をチェックするように言われた・・・


また病院ですか・・・


そして病院へ


いつもの装置をつけ、子宮の張り具合と胎児の心拍チェックを30分間行う。

結果、異状なし。


数日後に旦那さんが出張でいない日がある事を伝えると、内診で子宮口を診てくれた。

しっかり閉じていて、全く開いていない1週間ぐらいは生まれないから、数日後の出張は心配しなくて大丈夫~!・・・みたいな・・・


ショック・・・。


実は今日こそ生まれるんじゃないか!?って期待していたの。

翌日の出産予定日は満月。。。
調べると、統計上満月の前日に出産数が増加する・・とか、大潮の日に出産が増える・・とか、低気圧の日はお産が増加!・・とかネット情報がたくさんあり。
あとは、焼肉食べると生まれる・・って都市伝説?みたいなものも。

今日は満月の前日だし大潮だし。。。しかもここ最近では一番天気が悪く雨がずーーっと降っていた(低気圧だった)。しかも前日の夜ご飯は焼肉だった。。。

こんなに出産しやすい条件が重なっている!今日しかない!

・・・って思っていたの。


お肉・・・食べ足りなかったのかしら・・・



病院からの帰り道、ケンタッキーに寄り道。。焼肉じゃないけどお肉をがっつり食べてげんを担ごう!と思って。
一人では食べれないかも?な量を購入し帰宅した。




週末のウォーキング in クラリンゲン

日課となっているウォーキング。
週末は近所の大きな公園(クラリンゲン)

1203041.jpg

ひたすら歩く。。。


いっちゃんは自転車(バランス)の練習。。。


この日も多くの人が公園内をお散歩。


予定日まであと数日・・なのに、歩いても歩いてもお腹が張らない
毎日のウォーキング&自宅での踏み台昇降運動が、もう嫌で嫌で~!
どうにかしてほしい・・・。


公園内の動物コーナーに寄り道~
1203042.jpg
やぎのベビーちゃんがたっくさん!

めちゃんこかわゆい

1203043.jpg
ぶれているけど~カワイイ~

ベビーヤギちゃんに餌をあげたくて餌を購入
でも、寄ってくるのは大人のヤギばかり


よく考えたら、ベビーちゃんはオッパイで餌はまだ食べないかな?



雛祭り

今年は3月バタバタ忙しいし、お雛様を出すか出さないか・・・迷ったけど、、、
1203031.jpg
結局飾った。。。


雛人形は、1年に1度しか飾る機会ないもんね!


夜ご飯はお決まりのちらし寿司(すし太郎)


デザートに、桃の節句らしい?雰囲気(色?)のアイスクリームケーキを近所のスーパーで購入して雛祭り気分に

1203032.jpg
もちろん、飾りは自分でつけた。
いっちゃんの初節句の時に買ったケーキの上にのっていた飾り。。。

↑こういうガラクタ(飾り)捨てられずとっておいてしまうタイプなんだけど、意外と使えたりする。



今年も無事にひな祭りのお祝いが出来て良かった



プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きはじめたところ。。。

現在、ティニエツ編を書いてマス~☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1