ご挨拶

今日でオランダへ来て満4年。。。


4年前の今日、

当時1歳10カ月のいっちゃんを連れてオランダへやってきました


ご存知の方も多いと思いますが、


もうすぐ我が家は日本へ本帰国します



==========




最初は日本のお友達への近況報告として始めたブログ


途中で、我が家のオランダ生活の記録(忘備録)となってきて


そして


なんだかある日からアクセス数も増え、


お知り合いでない方もたくさん遊びに来てくれるようになり、



まぁ、、、


何か検索して調べている方には


こんな気ままなブログでも役立つとこがあれば・・・




なーんて




ほそぼそと・・ひっそりブログを書き続けてました





今までブログを書き続けられたのは






ズバリ・・・・・暇だったからです(笑)







このブログはオランダ生活の日記なのだから、


オランダ生活を終える時には終了させるつもり




帰国後にも及び


生活日記を最後まできちんと書き終えるべきか?




どのタイミングで終えるかって難しい・・




でも、さすがに最後の追い込み!?




引越し準備やら、買い出しやら・・・



いろいろあるし



渡蘭した日である今日という日が、区切りがいいのかな?



ふとそう思ったので



本日でブログの更新はやめようと思います





日本のお友達の皆さん



オランダのお友達の皆さん



そして、何かのご縁で遊びに来てくれていた皆さん




今までどうもありがとうございました





続きを読む

スポンサーサイト

チーズのお勉強

3回目のチーズの講習会(チーズレッスン)に参加


13012801.jpg
チーズをクルクル削って食べたり

日本だとなかなか丸ごとチーズを購入できないし、チーズを回しながら薄く削る道具も見かけないよね。

13012802.jpg
もちろん、他のチーズも!!

13012803.jpg
チーズとろとろ~

熱を加えてないのに、チーズフォンデュ!?

そして、
13012804.jpg
デザート

マーブルのチョコレートも!!くるくる削って


最後の最後まで、


オランダでこういう楽しい会に参加できて幸せ~



Pannekoekenboot

この日の夜ご飯

13012707.jpg
Pannekoekenboot

パンネクッケンボートに乗船

ユーロマストの下が乗り場。

オランダ名物パンネクックを食べながら(食べ放題)、マース川を遊覧する観光船だ。
ロッテルダム以外でも、アムステルダムなどでも運行している。

ネーミングといい、いかにもオランダらしい観光船。。。


でも観光船じゃないのかな?ボートレストラン?
乗船しているのはオランダ人ばかり。


今回乗船したのは、18時出港のHour cruises。
所要時間1時間。


13012708.jpg
17時45分ボーディング・・

この時期はまだ日没が早いので、丁度薄暗くなり始めた頃・・。


船内は・・・
13012709.jpg

13012710.jpg
理解不能なマーメイドの装飾


オフシーズンなこともあり、乗客はかなり少なめ。

実は数年前も乗ろうと思い乗り場に来たことがあったが、予約がいっぱいで乗船できなかった・・。
この日はHPで予約してきたが、今回予約して乗船していたのは5組ほど。。。
他の乗客は予約なしで乗り込んでいた。

確実に乗船したいなら、まぁ~要予約。。。


13012714.jpg
あっという間に暗くなり、夜景を眺めながらのクルーズが始まった


13012718.jpg
外の景色を眺めていると・・

13012711.jpg
すごい勢いでパンネクックが焼き上がり、食べ放題開始!

正直・・

ただのプレーンのパンネクックに砂糖とシロップかけて食べるだけー・・

を想像し内容は期待していなかったが、プレーン以外に、アップル入りとベーコン入りと全3種類もあり!

しかも!
13012712.jpg

13012713.jpg
かなり豊富なトッピングが用意されていた

想像以上にマトモ。


食べ放題なのでモリモリ食べれるが、3枚目・・4枚目・・に突入しているオランダ人もいる中、日本人の私たちは2枚目を食べている途中でかなりお腹いっぱい

トッピングをかなりてんこ盛っていたので、2枚だけでも十分だった。
クルーズ料金も含まれていると考えれば、2枚食べれば元はとれていると思う。


13012719.jpg
ちなみに船下はボールプール


景色を長く眺めることのできない飽きっぽい子供は、ボールプールで存分に遊ぶことができる。



肝心の夜景

13012715.jpg

13012716.jpg

13012717.jpg

船内の灯りが反射し、全然撮れなかったけど・・。

かなり良かった

ロッテルダムの夜景はなかなか素晴らしいと思う



とっても楽しめたよ



山里

この日のランチ
アムステルダムのホテルオークラ内「山里」

頂いたお食事券があったので、ずうずうしく利用。。。

ま、いわゆるタダ飯ってやつ。
(・・お下品な表現でスンマセン)

注文したのは、「四季の昼膳」一人50ユーロなり。
ランチで50ユーロなんて・・!
自分のお金では到底払えない。。。
(普通なら25ユーロのランチ2回にしちゃう


13012701.jpg
前菜

合鴨ロース煮、鮭ハラス南蛮漬け、牡蠣フライ、ヒラメえんがわ煮凍り、ホウレンソウ胡麻和え

13012703.jpg
造り

マルタ産マグロ、ハマチ

13012704.jpg
メイン

牛フィレ照り焼き(&サラダ)

13012705.jpg
4貫にぎり寿司

はんぺんしんじょう

13012706.jpg
デザート

バニラアイス(with小倉)
抹茶のロールケーキ
果物


どれもこれも美味しすぎてどうしよう!?って感じ。

50ユーロのランチは自腹ではださん!とか言っていたけど、
このお味と内容だったら、自腹で再び食べたいと思ってしまうランチであった


ちなみに、いっちゃんは寿司の盛り合わせを注文!

ロッテの日本食レストラン「サッ○ロ」の黄金寿司と同じぐらいの値段であったが、こちらは黄金寿司に軍配!

黄金寿司は最高においしかとデス。。。



それにしても、最高のランチだった・・・。




余は満足じゃ



初めてのアムス

ナールデンの町を後にし、アムステルダムへ

この日は事情により、アムステルダムへ宿泊。。。
よくよく考えると、さわちゃんを連れてアムステルダムへ来たのは今回が初めて

13012613.jpg
マヘレの跳ね橋 

13012614.jpg
レンブラント広場 

13012615.jpg
ムント塔 

さわちゃんお昼寝中だったけど、とりあえず記念写真を!

13012616.jpg
シンゲルの花市でお土産をガサガサ買い込む旦那さん


夕方から、旦那さんは用事があり別行動。。。


風が強くて寒すぎる・・・。


私は結局子供を連れてホテルへ避難。。。




==========


翌日。


13012617.jpg
運河クルーズすることに!

1時間のハイライトクルーズ

2年前にも1度運河クルーズしたことあり。
その時の印象は、だいぶ良かった印象だ。

13012618.jpg

13012619.jpg

やはりイロイロ見れて楽しい。

13012622.jpg
運河によってはかなり凍りついていて、流氷を眺めている気分!?

そしてこの日は完全に凍りつき進めない運河もあり、本来通らないルートを進んだようだった。

いずれにせよ、
発展から取り残されたよく保存された古い街並み

13012620.jpg

13012621.jpg

13012623.jpg

13012624.jpg

延々に続く切妻の美しい家々はかなり壮観

散策しちゃうと、余計なごちゃごちゃが目につき美しいと思うことがないけど、運河クルーズではまとまった切妻の家々を眺めるだけなので、とても良い街並みに感じる


やはりアムステルダムの運河クルーズは、今までの○×クルーズの中でも個人的にかなり上位!



楽しかった



星形の城塞都市??

この日、事情によりアムステルダムに宿泊することになっていた。

アムステルダム行くなら、どこか寄ってく??
と近場でまだ訪れたことのない場所・・・。

ただただこんな理由で向かったナールデン(Naarden)。

上から見ると五稜郭のようになっている星形の城塞都市だ。

この星形の城塞都市はオランダにはけっこうあるのだが、個人的には他に訪れてみたい星形城塞都市があったのでナールデンは訪れる気がなかったんだけど、その町にはもう行けない見込み。。。
まぁ・・ナールデンで妥協したというのもあり?
一応、オランダで最も良く保存されている要塞だっていうし。


13012601.jpg
実はこの日は吹雪・・・


町並みもカワイイってことなんだけど、散策するような天気であらず・・・ 


13012602.jpg

13012603.jpg
運河も完全に凍り付いて


城塞周りのお堀も・・
13012604.jpg

13012605.jpg
ここはゲレンデか??

13012606.jpg
お堀の凍った水の上には雪が積もって、一面の雪野原

当然上空から見ていないので、星形かどうかなんて全く分からず・・


13012607.jpg
上から見ると、こんなんハズ・・・。

内装が大変素晴らしいという市庁舎があるっていうけど、そんなものは探す気にもならん。
寒すぎるんで、撤退決定


ランチするために入ったカフェレストラン「Bordjes」

13012608.jpg
黄色い看板がめちゃ可愛くって入店

13012609.jpg

13012610.jpg

13012611.jpg
店内もめちゃくちゃ良い感じの内装だった


13012612.jpg
ハンバーガーの味は普通だったけど。。。


雰囲気が良かったのでヨシ。
吹雪の中、何しに来たんだ?って感じだったけど、オランダらしいお店でランチできたのは救い。


お天気のせいでこの日は観光客は皆無・・。
レストランのお客さんも私達だけだった。


シーズンには、13時に時刻を告げるべく砲台で弾が打たれるデモンストレーションもあったり、
夏は、ボランティアの案内でお堀をめぐるクルーズもあると聞くけど・・・


とにかくこの町は、気候の良い日に来なきゃダメ・・!



夏に行くべし。。。




ジェネバ(オランダのジン)

オランダのお酒・ジェネバJenever (geneva、オランダのジン)。
こっちの人は、イエネーファって発音してるような?

オランダに住んでいる日本人の中でも焼酎の代わりとして!?飲んでいる人もいるけど、もともと私は焼酎がさほど好みでない・・ということもあり、買うことも飲むこともなかったお酒。。。

ジェネバには「Oude (old) 」と「Jonge (young)」の2種類ある。

「古い」と「若い」は古酒と新酒って意味ではなくって、昔ながらの製法(モルトとか砂糖の分量)でつくられているものが「Oude (old)」、第一次大戦ごろからの新しいスタイルでつくられているものが「Jonge (young)」と呼んで区別しているみたい。

「Jonge (young)」の方が軽い感じで?飲みやすいらしい。



さて。
お餞別で頂いた
genever.jpg
デルフト焼陶器入り、 Jenever(ジェネバ)
Jonge (young)です!


超嬉しぃ~


大切に飾りマス!


オランダらしさ満点♪
デルフト陶器入りっていうのも、オランダのお酒っていうのも!



シルバニアファミリー

買ってしまった・・・

しるばにあ①
コレ・・・

しるばにあ②
キャラバン(&牽引車)

オランダっぽくない!?


そして、
しるばにあ③

しるばにあ④
2人乗り自転車(&荷台)

オランダっぽくない!?


運河スケート♪

最高気温もマイナスの日々が1週間ほど続いたので、近所の運河が凍った

13012001.jpg
オランダ名物・運河スケート

運河が天然のスケートリンクに!
滑れるかどうかの目安は、オランダ人がスケートをしている運河かどうか(笑)。

運河によって氷の厚さが異なるから、他の人がまだ滑っていない運河で滑り始めるのはキケン。
オランダ人は滑れる目安?があって、一応きちんと滑っているらしい?


肝心のスケート、、、
まだまだスイスイ滑れないけど、昨年に比べて大分良い状態!
手を貸さなくても自分一人歩けるようになっていた。

実は昨年、インラインスケート靴を購入して少し練習していた。
それが大きいのかも!?

13012002.jpg

こっちの子は完全に滑れるようになるまで、プラスティックのイスとか何かを持ち補助具として利用する。
いっちゃんはソリを補助具とし押しながら進んだ。。。



午前中、運河スケートを楽しみその日の午後。。。


吹雪き・・



午前中にスケート楽しんでおいて良かったぁ~。



13012003.jpg
家の前でベシャっと自爆して潰れていた車。


雪が積もったら、スノータイヤ履こうよ!?



我が家の車にぶつけられないで良かった。(マジで)



===

至る所で滑れるようになる運河スケートだけど、オランダの運河スケートの一番スゴイ!?場所と思われる「世界遺産のキンデルダイクの運河」でのスケートは、可能ならぜひ滑らずとも見学して欲しいオランダ冬ならではの風景。

昨年は運河の凍るキンデルダイクへ遊びに行ったよ。↓

世界遺産でソリ遊び&スケート♪運河が凍ったキンデルダイク

マリン味!?

ブリュッセルの高級スーパーRobにて・・・

ぽてちまりん
ポテトチップのマリン味!?

パッケージの牡蠣の絵・・。

牡蠣味!?のポテトチップって食べたことない!

ん・・?でもまてよ・・・。
Marinって書いてあるからただの塩味!?


食べてみた





ただの塩味ではなかった・・・!



潮の香り漂う・・・っていうか・・・。


美味しい!!





Del Rey チョコレート

アントワープへお出かけした時、老舗ショコラティエ・Del Rey(デルレイ)に立ち寄りお土産を購入♪

いつもはチョコレートバー(板チョコ)や、安価だけど味がしっかりしていて美味しいマシュマロなんぞをよく買うんだけど、人気のダイヤモンド型チョコレートを初めて購入してみたよ

130119.jpg


おいし~


日本へのお土産にもいいね。



久しぶりのワッフル♪

この日は、買い出しへ~


ランチ!?として、
13011901.jpg
「Desire De Lille」 でワッフル

サクっと軽くて、とてもおいしい


食後、デルレイでいろいろと購入!

13011903.jpg

13011902.jpg
旦那さんといっちゃんは、ホットチョコレートを楽しんだ

私はちょこっと味見させてもらった。
甘さ控えめ・・というか、ほとんど甘さなしの大人味


13011904.jpg
チョコレートやマロングラッセ以外にも、もちろんお土産のケーキも購入


こちらも大人の味美味しかった



??カ月検診

本日は検診日。。。

13011504.jpg

実は先月初めに検診予定だったが、すーっかり忘れてしまいすっぽかし。

その後に文書にて再度検診の案内が届いたが、再度指定された日に予定があり、またまた検診日を延ばしてもらうことに・・・

ということで、この日に久しぶりの検診をやっと受けた。


身長は問題なく伸びていたが、体重がほとんど増えておらず・・・


現在3回食となってはいるが、1回あたりにそれほど食べないので大きくなってないのかな??

正直、、、いっちゃんも同じ感じだったので全く気にしてないけど・・・。



予防接種も2本ぶすぶすっと刺されてこの日は終了~



そり遊び♪

13011501.jpg
雪が積もった


お出かけの予定があり、いっちゃんの学校終了後に出かけていたが、帰って来た後に意地で!?そり遊びをすることに♪
この冬、雪が積もるの最後かもしれないから!

13011502.jpg
ちょっと薄暗くなってきちゃったけど・・


家の近所をそりを引いてあげるだけだったけど、いっちゃんも喜んだ。


13011503.jpg
一応、無理やりさわちゃんも記念撮影


もちろん、さわちゃんは残念ながらまだソリ遊びは無理。。。
でも、オランダでソリに乗る姿を撮る最後の機会かもと思って!



そして翌日、、、
sori1.jpg
学校ではお迎えのソリがたくさん!


いっちゃんのクラスメートは半分以上がソリ通学♪
オランダの現地校では、雪が積もったらソリで通学が当たり前。
ソリではない子がかわいそうなくらい少数派。。。

オランダでは雪が積もると遊ぶ時だけでなく、通学や買い物にもソリが登場するのだ


sori2.jpg
この日は、ソリで遠回りして帰宅。。。

Pierrefonds(ピエルフォン)

13011315.jpg
湖のほとりから城を眺める


パリからの帰り道、1カ所寄り道。。。

以前から気になっていたピエルフォンに立ち寄った。
なにかでピエルフォン城の写真を見た時に、これこそがお城だ!!と思って印象に残っていた。

13011316.jpg

13011317.jpg
町も湖もとってもいい感じ

お城は関係なく、街歩きだけで私的には満足できちゃう素敵な町だった

13011318.jpg

13011319.jpg
お城の中へ~

13011320.jpg
中庭

13011321.jpg
屋根の飾りの可愛いこと!

13011322.jpg
バルコニーの柱頭にミニチュアのお城!かわいい

13011323.jpg
いやー・・・

やばいくらい私好み

ファンタジー系の物語に出てきちゃいそうな・・・

そんなお城


内部も然り。。。
13011324.jpg

13011325.jpg

13011326.jpg

ハリーポッターとかにでてきちゃいそう。

旦那さんは、ドラクエのお城だ!としきりに言ってたけど。


13011327.jpg

13011328.jpg

13011329.jpg

とにかく面白い!
細部にちょっとした遊びが散りばめられている。階段も二重階段になっていたり、歩いて楽しめるお城。

正統派のお城ではなく邪道なんだとは思うけど、外観も内部もこれぞ思い描いていたお城って感じで、かなり楽しく見学できた

こういったタイプのお城は初めてだった。


13011330.jpg
遠く上空から見たお城はこんな感じ。

物語に出てきちゃいそうなお城でしょ!?


旦那さんも喜んでいたし、立ち寄って良かった。


=====


ピエルフォンの町、、、
日曜日なのに、お肉屋さんとか八百屋さんとか普通に営業をしていた。

13011331.jpg
お、おいしそー・・・

営業していたパティスリーで思わず買ってしまった・・
13011332.jpg
ケーキ


帰ってきてから自宅で食べた。

もちろん、美味しかったぁ~



エッフェル塔に登るの巻

朝、向かったのは
13011301.jpg
エッフェル塔

お天気が良くなかったけど、そもそも今回はエッフェル塔に登るためにパリに来たんだからね。

最初、
旦那さんがエッフェル塔に登っておきたい
と言い出した時は、はぁ??って思ってしまった。

あれは遠くからお姿を眺めるものであって、登るものではないのでは?

と思っていたんだけど、まー言われてみると一度は登ってみてもいいのかもって思って。

この日のお天気はイマイチだったが、お天気にかかわらず登ることにしていた。
エッフェル塔には展望台が3つあり、その高さに応じて料金も異なる。ネットで入場券の予約ができるが、一番高い展望台(第三展望台)は1カ月先まで予約券が売り切れとなっていたので、朝から並ぶことにした。

この日はオフシーズンで天気もイマイチということで、待ち時間はほぼナシであった。

13011303.jpg
一番高い第三展望台。

予想通り視界が悪く、遠くの方は全く見えなかった。
まぁ~それでも登ったということで、記念写真を撮った。

13011304.jpg
その後第二展望台に下りてきて、しばらく留まった。

一番高い展望台からはかなり小さく見えたものが、第二展望台からだと適度な大きさで眺めることができた。
第二展望台からでも十分パリの街は見渡せるし、逆に第二展望台の方が景色がいいと思った。


第一展望台はスルーして、そのまま下界へ


13011302.jpg
下から見たエッフェル塔の複雑な骨組



エッフェル塔のすぐ近くに遊覧船乗り場があり、いくつかの船がとまっていた。
適当に選んだ船に乗船し、セーヌ川クルーズすることに

13011305.jpg

13011306.jpg
ガラスキ

私たちの乗ったクルーズ船はガラスキだったので、好きなポジションで写真を撮りまくれた
以前私が乗った時は、夜だったし食事付きだったので(要するに、セーヌ川ディナークルーズだった)、あまり景色を楽しめなかった記憶が・・・。
セーヌ川クルーズは日中の方が断然よかった。

13011307.jpg
初めてのセーヌ川クルーズに大興奮のさわちゃん

珍しかったからか、ずーっと窓にへばりついて景色を眺めていた。

13011308.jpg
エッフェル塔とも記念写真が撮れたよ


13011309.jpg
セーヌ川クルーズハイライト!?自由の女神

NYの自由の女神は独立100周年を記念してフランスが贈呈したものだが、その自由の女神の贈呈の返礼として、フランス革命100周年にアメリカ人が贈ったものがパリの自由の女神だ。
NYもパリも同じ人が自由の女神を設計している。


もちろん、、、、NYに比べてショボイですが


13011310.jpg
自由の女神を拝んだところでクルーズ船は旋回。。。乗り場へ戻った


その後、
昼食をとったりお土産を購入したり。。。
シャンゼリゼ通りも日曜日なのにすべてのお店が営業していた

セール中だからかな??

ちなみにこの日、何かのイベントが行われるらしく街中通行止めだらけ。

13011311.jpg
凱旋門から放射線状に延びる道の半分以上が通行止め

ここ、ただでさえゴチャゴチャしているのに、
ラウンドバードから出ようにも通行止めで出れなくなった車たちで更にグチャグチャ



エッフェル塔に登る!

という目的を無事果たし満足し、帰路に就いたのだった


凱旋門に登るの巻

13011221.jpg
凱旋門で家族の記念写真を

記念写真後は、シャンゼリゼ通りをプラプラ~。
パリの街は冬のソルドが始まっており、買い物を楽しむ人がいっぱい。

我が家はセール品は子供服を少し買ったくらい。
あとは、セールとは関係のないお菓子や紅茶、雑貨などを買い物した。


シャンゼリゼ通りにマカロンで有名なお店の支店があったので、
初めて行列に並んで買ってしまった・・・
13011222.jpg
ラデュレのマカロン

ホテルへ帰ってから食べた。

13011223.jpg
うっきゃー

美味しいマカロンって、こんなに違うんだ!?

ってくらい、美味しかった。
味が濃厚で、さっくりしていてネチネチしないの。初めて味わうマカロンだった。

13011224.jpg
おもわず、、、エクレアまで買ってしまった。

エクレア見て反射的に食べたい!って思ってしまったので。
値段をよく見ず購入したが、あとで確認したらなんと1個5ユーロ

エクレア2個(サイズも普通)で10ユーロ・・
いや~ん・・・って思ったんだけど、

こちらも激ウマ。

こんなに美味しいエクレアを初めて食べた
特にカフェ味(モカエクレア)が美味しかった。
旦那さんも、全然違うなぁ~とその美味しさに感心していた。



この日、シャンゼリゼ通りで買い物を楽しみ夜ご飯を食べた後、凱旋門に登ることにした。
私は登ったことがなかったから。

13011225.jpg
登ると少し博物館スペースがあって、さらに階段を上ると屋上へ出ることができた。

13011226.jpg
ライトアップの美しいエッフェル塔

13011227.jpg
夜のシャンゼリゼ通り

クリスマス時期だったら、イルミネーションとかもっとキレイだったんだろうなぁ~。

凱旋門を中心に何本も放射線状に大通りが延びていて、その光のラインそして遠くの夜景・・素晴らしい光景であった
旦那さんは以前登ったことがあったが昼間だったということで、夜の美しい景色に感激していた。

夜に凱旋門へ登るの、オススメ!


キレイだね~


と、しばし夜景の美しさに酔いしれていると・・・。

13011228.jpg
なんとエッフェル塔のダイヤモンドフラッシュが始まった

夜暗くなってから、毎定時5分間だけダイヤモンドのようにキラキラと煌めく光の演出
春夏だと日没が遅いので、なかなかこのダイヤモンドフラッシュを見れる機会が少ないと思う。
冬は早く暗くなるから、まだ目にしやすいかな?


私たちが夜ご飯を終え凱旋門に登ったのが、たまたま20時50分くらいだったので21時からのダイヤモンドフラッシュを凱旋門の上から観賞することとなった


キ、キレイ~



そして


実は私達、、、

この日、4回も!ダイヤモンドフラッシュを観賞したのだった。
(21時、22時、23時、24時)

宿泊したホテルは、4人で泊まれるファミリールームで129ユーロとお安いお部屋だったんだけど、チェックイン時にお部屋をグレードアップしてくれるって言われてね。

お部屋に入ると別に広くもないし、どこが良いお部屋??って感じだったんだけど、窓の外を見るとエッフェル塔や凱旋門などが眺められて。眺望抜群のお部屋であった

ホテルに戻ってからも、お部屋の電気を消してお酒を飲みながら、エッフェル塔や凱旋門などパリの夜景を堪能した


エッフェル塔って消灯するのかな??
と見ていたが、私たちの就寝時(24時半)まではしっかりライトアップされていた。

朝目覚めるとまだ日の出前で真っ暗だったが、エッフェル塔のライトは消えていた。何時か分からないが消灯するようだ。

凱旋門はずーっと朝までライトアップされたままであった。



続きを読む

子供農場へ行く

この日、いっちゃんは学校のお友達と近くのチビッコ農場(kinderboerderij)へ遊びに行った。

子ども農場①
ちっちゃいネズミちゃん触ったり・・

子ども農場③
うさぎちゃん観察したり・・

子ども農場②
楽しい時間を過ごしたよ!


いっちゃんが学校のお友達と遊べるのも、あとわずかだなぁ~・・・・。  


Chartres(シャルトル)

13011201.jpg
ボース平野の静かな街・シャルトル


シャルトルのシンボル・シャルトル大聖堂

2つの尖塔の建築様式が異なり、2つの尖塔は違った形となっている。。。

大聖堂周辺の旧市街地一帯は高台のようになっており、車を走らせているとかなり遠くから小さくその姿を捉えることができた。
モンサンミッシェルやケルンの大聖堂でもそうだったように・・・小さく見えてきた時に、2つの尖塔の形が違う特徴的なシルエットからすぐにシャルトル大聖堂だと分かった。



13011202.jpg
左の尖塔がゴシック様式、右がロマネスク様式

13011209.jpg
近くで見ると想像以上に大きかった。

13011210.jpg
右横の入り口

13011211.jpg
彫刻がすごかった!



13011203.jpg

13011204.jpg

13011205.jpg

13011206.jpg

内部はシャルトル・ブルーと言われる青の世界

ということだけど、意外と1枚1枚は青くないものも多い。
13011207.jpg
どのステンドグラスもとても細かい。

近くで見るとそれほど青い印象がないステンドグラスも、離れてまとまっててみると全体が青っぽく見えるというか、角度によって?青っぽい感じとなるから不思議。

13011208.jpg
2015年まで大規模改修工事中。。。とネット情報で知り、あまり見れないかも?と思っていたが、ほとんど工事中の場所はなかった印象。見れなかったのはホントに一部。


想像以上に素晴らしい大聖堂であった


大聖堂を出て、旧市街地を散策。。。

13011212.jpg
フランスの木組みのお家 かわいい

13011213.jpg
お菓子屋さん

13011214.jpg
お肉屋さん

13011215.jpg
八百屋さん

なんでしょうね?この国は?
普通のお店ですらオシャレでムチャクチャ素敵

お店を覘きながら少し買い物をした。



この日のランチ
大聖堂近くのブラッスリーにて、19.5ユーロのセットメニューを注文!

13011216.jpg
サービスで私達にはカシスのソーダ割り、いっちゃんには特製ジュースを出してくれた。

13011217.jpg
テリーヌ

13011218.jpg
鴨のロースト

13011219.jpg
レモン&フランボワーズのソルベ


どれも美味し~い幸せ~



オランダ産スパークリングワイン

おらんだあわ
オランダ産スパークリング


スパークリングでオランダ産って珍しい


と購入。


お値段それほど安くはなかったんだけど・・・。


ま、、


スペイン産とかで、もっと安くて美味しいもの飲めるな・・って感じ(笑)。



名前入りのお土産マグカップ

オランダの民族衣装で記念写真を撮った、フォーレンダムの街。

フォーレンダムは人気の観光地ということもあり、お土産屋さんがかなり充実している
さわちゃん用の素敵なお土産をゲットした

ザーンセスカンスもお土産屋さんが充実しているけど、ザーンセスカンスで売られているお土産は、空港や様々なお土産屋さんでも手に入る工場大量生産品・・な印象。。。
まぁ~それでも売られている種類が多いし、いろいろな方に配るお土産をまとめて買える!って点では、ザーンセスカンスでお土産を買うっていうのもオススメなんだけど。

フォーレンダムは、もちろん↑こんな工場生産品のお土産グッズだけではなく、ちょっとこだわりのハンドメイド一品物のお土産などを扱ったお店もチョコチョコあって、自分用のちょっと高価な?こだわり品も手に入ったりする。

わが家がフォーレンダムで購入したお土産の一つ、ネーム入りマグカップ。
チープな品なんだけどここでしか手に入らないフォーレンダムグッズ
尚且つ、なんと名前入りグッズ

名前入りマグ①
緑の矢印のところに、さわちゃんの名前が入ってる!

名前入りマグ②
オランダの民族衣装を着た女の子や、

フォーレンダムの可愛らしい街並みが描かれている


名前入りマグ③
「Volendam」の地名もシッカリ入っているよ!

その町ならではのお土産はたくさんあるし、
ネーム入りグッズも珍しくない。

でも、その町ならではのお土産で更にネーム入りグッズとなると見かけないよね?
私は初めて見た。


割れちゃうと怖いから、しばらくは観賞用だな(笑)



記念撮影

この日、旦那さんがどうしても買いたいものがある!というので、ザーンセスカンスへ

13010611.jpg
ついでなので、ばっちり記念撮影


ザーンセスカンスの入り口には、カメラマンがいて入場時に激写!?される。
その時撮られた写真は、しばらくすると現像されカレンダーとセットで買えるようになっている。

大抵歩きがてら不意打ちで撮られるので、イマイチな写真だったりするのだが・・・。

最初から買う意思を見せて写真をお願いすると、きちんと風車も背景に入るポイントで撮影してもらえる

カレンダーと生写真(そして、おまけのキーホルダー付き)で10ユーロ。
正直安いと思う。個人的にはオススメ!


まだ1月だから今年のカレンダーかな?って思ったけど、来年のカレンダーだった
オランダ生活の思い出に是非!




おまけ

チーズ屋さんでお買い物したら、
チーズ型バック
超可愛い

こーんなカワイイチーズ型バックに入れてもらえた

何度も買い物したことあるけど、このバックに入れてもらったのは初めて。
ラッキーだったのかな?



続きを読む

記念撮影な1日

お決まりのオランダ民族衣装で記念写真を撮るために、フォーレンダムへ

13010601.jpg
可愛いお土産屋さん通り


今回は2カ所で撮影

13010602.jpg
まずはココ! FOTOGRAAF ZWARTHORD

日本人の皆さんがよく撮影する有名店。
通りの一番奥にある写真館。

あまりに皆が撮影するので、我が家もここで撮影しとくか!という感じ。

13010603.jpg
もう一つは、ココ。 Volendam kostuum

最初のお店はデーターが買えないので、データーが買えるお店でも撮影!
2年前に撮影しデーターも買えたお店は潰れていた。。。


13010604.jpg

このお店、フォトスタジオ兼Kiss Fish屋さん・・・

13010605.jpg
お魚さんが汚れ?を食べてくれるとかいうヤツ。。。


肝心の写真は、、、

13010609.jpg
最初のお店↑

13010610.jpg
次のお店↑


とにかく衣装がちゃんとしていたのは、最初のお店。
そして赤ちゃんもきちんと写るように、あやしながら撮影してくれた。

データーは買えないけど、子連れの人が記念写真するなら最初のお店が断然おすすめ!


データーも買えた次のお店は、いかんせん子供の衣装がヒドイ
いっちゃんの衣装は、貧しい漁村の娘風・・。
そして赤ちゃん用ときたら、びんぼっちゃま風(byおぼっちゃまくん)

表面だけ豪華で裏は何もなしのひどい衣装

撮影時赤ちゃんをあやしてくれなかったので、さわちゃんの写りがイマイチ。。。
データー買えても、これじゃあね・・・。


ちなみに、最初のお店。
データーを買えなかったけど、、、
オフシーズンで?次に待っていたお客さんがいなかったので、
13010620.jpg

13010621.jpg

13010622.jpg
自分のカメラで思いっきり写真を撮ることが出来た


データーを買えた2店舗は、セット内での個人カメラ禁止だった



この日のランチ

13010606.jpg
ドーバーカレイ

13010607.jpg
ウナギ

↑ま、どこで食べても一緒のような気もするけど、フォーレンダムはウナギがおいしい!と聞いたことがあるので注文。


お味は美味しかった




13010608.jpg

Veere(フェーレ)

ずーっと前から気になっていた街・フェーレ。
ゼーランド州にある小さな町。微妙に遠くて今まで訪れる機会がなかった。
地球の○き方に、小さく「ブリュージュのような街」と書かれていたのが前から気になっていた。。。

そんな訳はない・・・。

と、今までわざわざ訪れることはなかったが、イーセケへ行った帰りにイーセケからだと近いのでチラリ寄ってみることに


13010520.jpg

13010521.jpg
街のシンボル的な建物の頭部が玉ねぎみたいで!

なんかちょっとオランダっぽくないようなデザイン。

13010522.jpg

13010523.jpg

13010524.jpg
砲台と!

正直、、、ブリュージュには似ているかわからなかったけど、町全体が可愛らしくてオランダらしからぬ!?オシャレな雑貨屋さんがちらほらあった

お店の感じは、たしかに少しベルギーっぽいかも。。。


13010525.jpg
車を止めた通り


フェーレはオランダ王室ゆかりの地でもあるらしい。
オラニエ街道(オランダ王室ゆかりの地をたどるルート)上の街でもある。


しかし

↑この街道・・誰が旅をするんだろう・・・?



フェーレの港も雰囲気がすごく良かったし、夏は遊覧船が出ているみたいだった。
シーズンに来るとすごく良さそう




続きを読む

ゼーランドのご馳走の町へ

土曜日は、「ご馳走の町」ことイーセケへ
もちろんお目当てはゼーランド名産品・今が旬のムール貝

この日、ランチで入店したのは「Nolet’s Vistro


まずは生牡蠣、
13010501.jpg
3 Platte oesters 4/0 natuur en 3 wilde oesters natuur

とにかく、値段も張るけどめちゃくちゃ美味しいPlatte oesters
日本だとなかなか食べる機会もないのが残念!

13010502.jpg
Rauwe mosselen

久々に食べた生ムール貝
コッリコリ!でやっぱり美味しかったぁ

もちろんこの日も醤油持参。。。

13010503.jpg
6 Wilde oesters gegratineerd

めちゃくちゃ美味しい個人的には、生ガキよりグラタンの方が好き

13010504.jpg
Mosselen van de chef

文句なし。ふっくらプリプリ


13010505.jpg
あたち、パンだけしか食べてないけど。。。



お腹パンパン。満足満足



レストランを出て、翌日用のムール貝を購入するために産直のお店へ

レストランの並んでいる通りにも、もちろん販売しているところがチョコチョコあるが、そこから少しそれた道沿い大手メーカーの並びにあるお店へ向かった。

13010507.jpg

13010508.jpg

よく目にするメーカーが並ぶ。。。


今回購入したのはこのお店↓
13010509.jpg
Zeelands Roem の直売店。

もちろんお目当てはスーパーでは購入できないムール貝

どの食材でもそうだけど、ムール貝もピンキリ。
安いものから高いものまで(グレードの低いものから良いものまで)いろいろ有り。

13010510.jpg
↑1キロ当たりの価格。。。


この日はGOUDMELKを2キロ購入。17.4ユーロなり。
産地直売でこの価格。

スーパーで売られているものは、輸送コスト上乗せにも関わらず同じく2キロパックで6~7ユーロほど。
安いのに美味しい時ももちろんあるけど、上ランクのムール貝はスーパーでは手に入れることが出来ないのだ。。。



イーセケのレストランで食べるのが美味しいのは、もちろん産地で新鮮!なのが一番の理由だけど、グレードの高いものがレストランでは提供されているってこともあるのかも?




==========

おまけ

~ゼーランド名産品~

ムール貝の美味しい時期はRのつく月(9月~3月)。。。
まぁーそうはいっても、ほぼ1年中食べれるゼーランド産ムール貝。


これと違って、期間限定・ゼーランド名産品はロブスター

オランダのロブスター漁の解禁期間は4月1日前後~7月15日。
オランダ産のロブスターは↑この期間にしか口にすることが出来ないのだ。

でも、この期間でも流通量は少なく、基本出回っているのは輸入物。。。

オランダ産のロブスター(Oosterscheldekreeft)の取り扱いレストランでは、この時期のみ期間限定のロブスターコースが登場する。
どのレストランもお値段一律で3~4プレートで59.5ユーロとお値段は張るけど、なかなか口にする機会の少ないゼーランド名産品。

おそらく輸入には回っていないので、オランダでしか食べれないと思う。

我が家も以前、一度だけこのロブスターコースを頂いた
秋口、今度ロブスター漁が解禁になったらまた食べに行こうか?って話をしていて。

残念ながら行けなくなってしまったけど・・・。


機会があれば、ゼーランド産ロブスターを是非!



☆オランダ産ロブスター取扱いレストラン一覧
(4月1日前後~7月15日期間限定)


※我が家がオランダロブスターを堪能した時の日記は、こちらをどうぞ↓
☆ ブルイニッセで美味しいオランダロブスターを食す!



新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!




==========


新年、恒例の素人花火打ち上げ大会

13010101.jpg
(黄色い矢印部分も遠くで打ちあがっている花火)

花火の写真は上手に撮れないのね・・
写真ではしょぼい感じだけど、実際は四方八方あちこちで花火が打ちあがって空一面が花火だらけ


今年も大迫力な花火タイムだった



プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きはじめたところ。。。

現在、ティニエツ編を書いてマス~☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1