ST.PETER LINEのレストランで食事 ②バー&レストラン編

ヘルシンキーサンクトペテルブルク間を結ぶフェリー・St Peter Line(セントピーターライン)。

フェリー内の食事①ビュッフェ編に続きまして~②その他のバー&レストランについて書いていくよ~☆

ちなみに、わが家がビュッフェレストラン以外で利用したのは・・

☆「Funny Rabbit」・・レストランバー
☆「Bake & Coffee」・・カフェ
☆「Napoli Mia」・・イタリアンレストラン

の3軒デス。

船内のレストランでは1軒だけ高級そうなお店があり。
他のお店は、西ヨーロッパのレストラン価格と比べると全体的にリーズナブルな印象。
もちろん北欧のレストラン料金と比較すれば、確実に安い!って印象。。。

ちなみに、
往路フェリー「Princess Maria」と復路フェリー「Princess Anastasia」 の船内にあったレストランやバーはほとんど一緒。
ほんの一部を除き、どちらも同じレストランが入っていた。



===

まずは、我が家が飲み直し(2軒目)で利用した「Funny Rabbit」というバーについて。
2回(往路&復路で各1回ずつ)利用した。
お食事メニューもあるので、夜ご飯を普通に食べることもできるよ。

St Peter Lin(e funny rabbit bar
窓側で景色を楽しみながら食事できるテーブル席と、内側のバーの席があり。

St Peter Line (funny rabbit bar)1
仕切りの内壁。コチラで顔を出して記念撮影も出来ちゃう
(旦那さん&娘たち2人で思わず記念写真を撮ったよ・・笑)

St Peter Line (funny rabbit bar)2
コチラ、Funny Rabbitの内側のバーのお席。

St Peter Line (funny rabbit bar)3
往路、ビュッフェレストランで夕食を楽しんだ後に飲み直し♪

調子に乗ってカクテルなんぞを飲んでみた。


そして、復路も食事後に飲み直し(子供達はデザートタイム)♪
St Peter Line (funny rabbit bar)4
生ビール 500mlで4.5ユーロなり。
(300mlだと3.5ユーロ)

ちなみに・・
我が家がフェリーを予約した時に「ビール2杯で料金1杯分」のボーナスクーポンが発行されていた。
で、そのクーポンを利用したのでビール2杯で4.5ユーロだった。

St Peter Line (funny rabbit bar)5
さわちゃんデザート用のFruit Plate 6ユーロ

ちなみに、いっちゃん用に注文したアイスクリームは3ボールで6ユーロ


===

次は、往路 Maria号で休憩に入ったカフェ「Bake & Coffee」

St Peter Line レストラン1
フードコートっぽい内部。

St Peter Line レストラン2
カフェのレジカウンター


St Peter Line レストラン3
サンドイッチやスープ、果物やヨーグルト、ケーキ等、、、

夜ご飯でも、がっつり食べずにパンだけでいいわ~・・。なーんて方は、サンドイッチと飲み物で10ユーロ以下と、大変お安くお食事を済ませることが可能。
お値段も特に高くもなく、普通デシタ。

St Peter Line レストラン4
サラダバーが9ユーロ。
好きなお野菜てんこ盛り1plateが9ユーロだったら、まぁまぁ。

St Peter Line レストラン5
ビールを飲みながら、仕方なく(?)休憩タイム。。。

実は、「Princess Maria」号ではこのカフェテリア内にキッズルームがあった。
子供たちが遊びたがったので、1時間ほどキッズルームで遊ばせてあげることにしたの。

キッズルームの壁がガラス張りの為カフェテリアから子供が遊ぶ姿を眺めながら飲食ができるようになっていたので、子供たちが遊んでいるのを横目で見ながら、ビール休憩。。。


St Peter Line レストラン6
ボールプールの奥には、普通にお絵かきしたりテーブルに座って遊べる部屋があるよ。

キッズルーム利用料金は6歳以下は無料とかだった(たぶん・・)。
いっちゃんは8歳なので有料、10ユーロとかだったかな?

料金は終日料金なので、一度払えば何度でもその日に利用することができるよ。
また子供を預けたまま、大人だけで食事に出かけたりもできる。


===

さて、最後のレストラン

復路のディナーで利用したイタリアン「Napoli Mia」。
Maria号とAnastasia号のどちらにもこのレストランはあった(なぜか公式HPには載ってないけど)。

St Peter Line レストラン7
なぜ、イタリアンレストラン??

って?
ロシア料理があまり口に合わず、サンクトペテルブルク滞在中ほとんどボルシチとパンしか口にしてなかった子供達。。。

子供たちが大好きなメニューを食べさせてあげないと、可哀そうなんで・・。

St Peter Line レストラン8
窓の外の景色を眺めながらの夕食

St Peter Line レストラン9
ハム&チーズのピザ 12ユーロ

で、でかい

とりあえず、子供たち用に1枚頼んで半分ずつ食べさせてからパスタも頼むか?様子を見よう・・なーんて思っていたけど、子供達2人で大きなピザ1枚食べ切れず
子供たちは久しぶりの口慣れた好きな味に喜んだ。

大人は???
St Peter Line レストラン10
卓上に置かれたフェアメニューより注文

子供のためにイタリアンレストランへ入ったものの、できれば大人2人は最後までロシア料理を堪能したっかったナ・・・と実は思っていたの。
大人はロシア料理美味しくて気に入ったから。

で、通常のイタリアンメニュー以外に、卓上にフェアメニューっぽい案内が置かれているのを発見。
ロシア料理メニューだったの

ということで、最後までロシア料理を
St Peter Line レストラン11
ボルシチ 8ユーロ

St Peter Line レストラン12
ロシア風サラダ 6ユーロ

St Peter Line レストラン13
Russian Plate 9ユーロ

ロシアンプレートって、何ぞや??と注文
注文した時にウェイトレスさんが、いいチョイスよ♪って嬉しそうに微笑んでいたんだけど・・。

ウォッカ&お酒に合うオツマミプレートだった

豚の脂(ラード)がめちゃくちゃ美味しかった
そして、ウォッカ。小さなショットグラス1杯だけど、二人で頑張って飲んだ感じ(笑)


あぁ・・最後までロシア料理を堪能できて良かった


他にも卓上ロシアメニューには、ペリメニ(ロシア風水餃子)やハーリング(鰊)も載っていた。
ただ、この卓上メニューは常設されているものではない可能性が高いので、必ずこのイタリアンでロシア料理が食べられるということではないよ、あしからず。。。

ちなみに、飲み直しで利用した「Funny Rabbit」の卓上メニューは、なぜか?ウズベキスタン料理特集であった・・



===

St Peter Line(セントピーターライン)の船内でのお食事、こんな感じで楽しんだよ

他には船内に日本食(すし)レストランもあって、こんなところで誰が食べるかっ!と行きは思っていたけど、帰りにはだいぶお米が恋しくなっていたこともあり、マジで寿司屋にしちゃう??って真剣に迷ってしまった(笑)


というわけで、
「ST.PETER LINEのレストランで食事 ②バー&レストラン編」、おしまい

船内のビュッフェレストランについては前回の日記で書いているので、興味がある方はそちらをどうぞ。
 → 「ST.PETER LINEのレストランで食事①ビュッフェ編」


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きはじめたところ。。。

現在、ティニエツ編を書いてマス~☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1