治安が良い!物価が安い!ヨーロッパの国・ラトビア&リトアニアへ

久しぶりにヨーロッパへ~。
向かったのは、物価が安く治安が良い!東ヨーロッパの国・ラトビア&リトアニア
(この日記は、旅行の総まとめ・ダイジェスト版デス!)


さて。

残念なことに、、、。
テロの脅威をしょっちゅう感じるようになってしまった物騒な世の中ではありますが、、、
海外旅行へ行ったさー・・・。

で、

今回の旅行先を決めるにあたり最も重視したのが、
「治安が良いこと」。

また、できれば「物価が安い」国であれば尚よし。


治安が良いとは、もちろん日本と同等は求めていないよ。それを言ったら海外はどこも行けないから。。。

昨年&今年とテロが各地で頻発している状況下、まだまだ先行きが見えてない。。。
治安が良いとは、一応テロの危険が低い国でって意味。





ちなみに、、、

物価と治安って相関関係があるよね?

たいてい・・物価が安い国は治安が悪い

物価が高い国は、比較的治安が良い

↑このパターンが多し

各国を取り巻く情勢は短期間に変わる可能性はもちろんあるけど、とりあえずは今の状況を考えて・・・。

イギリス外務省が発表している「テロの脅威マップ」を少し参考に、行き先を考えた。。

ちなみに、マップが見やすいように纏められているな~って感じたサイトがコチラ↓
☆ ガールズちゃんねる 外務省が発表した「テロの脅威マップ」危険度が高いほど濃い色で表示


なんかイメージとして、ヨーロッパ全体がテロの危険が高い!アジアの方が危険じゃない!って最初は思っていて今年はアジア行きを検討していたけど、マップを見てみると、西側ヨーロッパはもちろん全滅だけど、東ヨーロッパはアジアやオセアニアに比べてテロの危険度が日本並みに低い国々がたくさんあった

ヨーロッパでも東側はいかんせん物価も安いですし!!

ということで!?
東ヨーロッパのどこかの国へ行くことにまず決定した


最初の条件、「治安が良い」&「物価が安い」に加え、
まだ訪れたことのない国で、移動しやすく子連れで観光しやすいかなど、他の条件も加えて最終的に決定したのが、、、



バルト三国の「ラトビア」&「リトアニア」



今回訪問国の・・・
latvia 1
ラトヴィアそして・・・

llithuania 1
リトアニア


テロの危険度が低いってことだけでなく、普通の治安においても今のところはヨーロッパの中でもかなり良いとされている国で、物価も西ヨーロッパに比べればもちろん、日本と比べてもだいぶ安い印象!!

実は、今回の旅行の1か月前に英国のEU脱退決定による円高状態。それもあってもちろんかなり安く旅行できたんだけど、あくまで私の比較は円高だからではなくユーロ計算でも!物価が安いって感じたということ。

一応、ユーロ圏で生活していたことがあるので、西ヨーロッパだと大体これくらい~というユーロ感覚はもちろん残っているので。

旧東側のヨーロッパの諸国には、今までも少しは訪れたことがあって、西ヨーロッパよりもちろん物価が安いとは思ってはいたんだけど・・。

レストランやホテル等・・観光者でも物価が安いと実際感じた国であった

旧東側ヨーロッパの国々は、モノの値段が安いんだけど、観光スポット入場料は全然安くない!!逆に高い!!ってことも多く(例えば、人気観光地のチェコとかハンガリー・・)、観光客はそこまで物価の安さを満喫できなかったりするもんだけど、ラトヴィアとリトアニアは観光スポットもそれほど高くない印象


ラトビアでもリトアニアでも、ホテルは超中心地の立地の良いホテルで、家族4人で泊まれるファミリールームが1泊数十ユーロ・・って、安すぎっ!

我が家はそれでもホテルに宿泊だったけど、アパートメントホテルとかホステルでも大丈夫な人は更に安く、超中心部でもビックリするくらい!安く済むよ。




===

今回のラトビア&リトアニア旅行では3カ所ほど観光


1か所目
☆ラトビア首都・リガ

latvia 2
通称「バルトの貴婦人」

かつては、バルト海沿岸で最大のハンザ同盟都市として栄えた街。

というか、今でもラトビア首都リガは人口70万人!の大都市であり、地理的にもバルト三国の中心とバルト三国の中でも突出した大都市だ。

latvia 3

ハンザ同盟の街だったということで、旧市街地内はドイツの街並みっぽいなぁ~・・と感じる部分もあり。


でも、、、
latvia 4

新市街地の300棟ものアールヌーボー建築物がたくさん立ち並ぶ姿は、やはりラトビア独特でかつての華やかな街並みを彷彿させられる


latvia 5

かつては、「バルトのパリ」とも呼ばれていた美しい街。

latvia 6

旧ソビエト時代は、リガの美しい街並みをロンドンなど西ヨーロッパ諸国の都市の代替として見立てて、ソ連映画やドラマ撮影が度々行われていたのだとか


ただ、、、

バルト三国の首都にすべて訪問した後の結果の印象だけど、、、
リガの街には人の往来が多く活気を感じる反面、3カ国の中で旧共産主義国の残影を未だに色濃く最も感じた街でもあった。


世界遺産に登録されている旧市街地内でこそキレイにしているけど、旧市街地を外れると老朽化が激しい建築が目立ち、未だに西側ヨーロッパにはだいぶ後れを取っているなぁ・・・・と感じざるを得なかった。。。


ラトビア トラム
こんなおんぼろなトラムも、バリバリ現役だし・・

ラトビア トロリーバス
旧共産圏あるある・トロリーバス・・

ラトビア トロリー
トロリー燃料車まで走っていて、目がテン・・。


でも私、こういう旧共産主義のにおいは嫌じゃないけどね(笑)

キレイな街並みと色濃く残る共産主義の名残が混在し、不思議な感じだった。



~~~~~
2か所目
☆ リトアニア首都・ヴィリニュス

lithuania 3
通称「天使の街」

街中に素敵な教会がたくさんあったよ


lithuania 2

ヴィリニュスの旧市街地全体が世界遺産に登録されている

ちなみにバルト三国は、三国とも首都の旧市街地が世界遺産登録となっているし、
この、丸ごと旧市街地が世界遺産に登録されているってよくあることで、ヨーロッパでは別に珍しくはないんだけど・・

lithuania 5

このヴィリニュスは、世界遺産登録されている旧市街地の規模(広さ)において、なんとヨーロッパ最大級の広さ


バルト三国の首都はすべて訪問したけど、
個人的に一番気に入ったのがリトアニア・ビリニュス

こんなに緑が豊かな首都があるだなんて

リトアニアって、実はオランダ駐在時代に周りに旅行した人って聞いたことがなくって・・。
あ、日本の友達にも全然リトアニア旅行をしたことがある人を知らない。

正直、マイナーなヨーロッパの国って思っていたんだけど・・

でも今回リトアニア滞在中、日本人の団体ツアーはもちろん数組、そして個人旅行者も何組も見かけた

やっぱりヨーロッパへ行きたいけど、テロの危険があるところはちょっと・・・と、テロの危険度を考慮して訪問国を選ぶ人が増えているのかな???
思っていた以上にリトアニアへ訪れていた日本人観光客に遭遇し、意外だった。

~~~~~
3か所目・・
☆ 30以上の湖と海に囲まれた、湖畔の街・トラカイ(リトアニア)

lithuania 4

中世において、東ヨーロッパで最大の領土を誇る強国だった「リトアニア大公国」
トラカイはそのリトアニア大公国のかつての首都であった街

国土の3分の1が緑で覆われ、大小4000もの湖を有する「森と湖の国・リトアニア」

トラカイは現在リトアニア唯一の自然公園に指定されていて、リトアニアののどかな自然もたっぷり満喫できる街だ


~~~~~

あっ、ちょっと話がそれるけど・・

日本人って、とにかく西ヨーロッパが大好きだよね・・・。
不思議なくらい皆が行きたがるのは、旧西側ヨーロッパ諸国ばかり。。。

でも、

古き良き時代のヨーロッパ中世の街並みをしっかり感じられるのは、旧東側のヨーロッパ諸国だと思う。


ラトビアもリトアニアも、文化的には西ヨーロッパ寄りの雰囲気を持ち合わせ、


でも北欧のような、自然も本当に豊か!で素朴さも持ち合わせ、


またチラホラと、旧共産主義のソビエト支配下時代の名残が垣間見える・・・。


そんな魅力たっぷりの国だったよ~



ヨーロッパの有名ブランド物のショッピングがお目当てな方は、残念ながら楽しめないかもだけど・・・


豪華絢爛さもないけれど・・・


物価が安いし、治安も良いし、
小国ながらも、しっかりと中世の文化と歴史を感じるヨーロッパの景色



そんな素敵な♪ラトビアとリトアニアへ、是非





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1