バルト三国の観光の違い?どこの国がおすすめ?

バルト三国でどこがいいか??

って、3か国の違いが(特色が)よく分からなくてどの国に行くのが楽しめるんだろう??って迷う人ってけっこういるんじゃないかな?って思って・・。
あっ、自分がそうだったしね(笑)。

なーんとなくのイメージで、私はリトアニアが良さそう・・って以前から思っていたんだけど。。。


実際に3か国の首都(タリン、リガ、ビリニュス)を訪れてみての超個人的感想。。。
バルト三国のおすすめの国について、首都のみの印象を比較してみる。






一番おすすめと二番目におすすめは僅差なので、、、
三番目にオススメの首都からまず・・・。


3位 ラトビア首都・リガ
(ご、ごめんなさい超個人的印象デス)

バルト三国・リガ1

あくまで、観光地として訪れるなら!という目線で・・。
リガは他の2首都の魅力には及ばないというのが、私の印象デス。
けっこう離れての3位。。


バルト三国・リガ2

もちろんバルト随一の大都市であり、人口や経済的には他の2首都を大きく引き離しているのかもしれないけど、とにかく観光の目玉である旧市街地がなんといっても狭い・・・。
観光するのに1日で十分といった広さ。

小さいうえに、旧市街地内の各観光スポットである教会などがそこまで見どころ満載ではなく(ご、ごめんなさい)すぐ見終わってしまうので、観光するのに所要時間があまりかからないの。


また、首都リガ滞在中に足を延ばして他の観光地へ~・・って考えた時に、すぐ周辺に気軽に行ける観光地が正直ナイ。。
(それなりにどこも距離が離れている。。)


こんな理由で、3位デス。


リガはバルト三国の中心にあるので、エストニア旅行のついでに南下して足を延ばす~orリトアニア旅行のついでに北上して足を延ばす~感じでちょうどよい街
どこかと合わせてついでに行くならいいかな?そんな印象。。。

もちろん今回は初めてのラトビア訪問ということで、新鮮だったのでとても楽しめたんだけど、またリピートしてもう一度来たい街か?と言われると、、、うーん、、って感じなのよ。

リガにもう一度来るなら、まだ行ったことのない街へ行ってみたいかな~って感じで・・


ちなみに、エストニア首都タリンとリトアニア首都ビリニュスは機会があればもう一度再訪したい
そう思ってマス

良かったけど一度でいいかな~と思うのと、是非もう一度訪れたいと思うのは大きな違いじゃないかと思って。。





では、オススメ第2位

エストニア首都・タリン

oleviste kirik 4

正直、、1位のリトアニア首都ビリニュスとは僅差デス。。
あくまでも超個人的印象。


おそらく、一般の日本人だとタリンの方が観光を楽しめる街で一番気に入る街だと思う

タリンは旧市街地内も近郊も夏であれば見どころが多いし、良い意味ですごく観光地化されている街

旧市街地はヨーロッパ中世の雰囲気を残しつつ・・旅行気分を盛り上げてくれるレストラン&カフェも多いし、お土産屋さんなどショッピングも充実しているし、観光スポットも多い!となれば、気に入らない人はいないと思う。

でも、、、

物価が安くない!


残念~・・・


旧東側のヨーロッパ諸国は物価が安いものだけど、正直タリン旧市街地について言えば、西ヨーロッパの物価と同じ


感覚的には、、、
西ヨーロッパでいうと~イギリスやオランダの物価に比べれば安いけど、スペインやポルトガルに比べりゃ高いって感じ。
ドイツくらいかな???
(って、かなり抽象的な表現でスマン

私もあまり東ヨーロッパの国々は旅行してないんだけど、それでも10か国くらい?旧東側と言われるヨーロッパの国に行ったことあるけど、個人的に今まで訪れたことのある旧東側のヨーロッパの国の中ではタリンが一番物価が高いと感じた街だったりする。

エストニア・タリンへ訪問される方は、ヘルシンキ(フィンランド)旅行中に足を延ばす人も多いと思うけど、もちろん北欧の物価に比べると全然安いので、ヘルシンキと合わせて訪問する方には物価が安く感じると思うけどね。

タリンは、物価も観光地としての成熟度も雰囲気も、、正直西ヨーロッパ。
東側ヨーロッパっぽさは少ない。






で、最後にオススメ1位

リトアニア首都ビリニュス

バルト三国・ビリニュス1

夏だったので観光客も多く賑わっていたし、目抜き通りなどは観光地として十分なんだけど、ビリニュスは首都とは思えないぐらい田舎(笑)!のどかさも持ち合わせた首都なの。

そして、タリンとは逆に良い意味で観光地化がまだ完了していない街

街並みや教会内部などは完全に西ヨーロッパの雰囲気を持ち合わせている場所も多いけど、市場へ行ったり裏路地は入ると「ここって東南アジア??」的な発展途上な国の様相も多々ある・・。

でも何よりも!ビリニュスが素晴らしい!!と感じたのは、

バルト三国・ビリニュス2

各展望スポットから眺めた街の全景

これに尽きる!

(あっ、写真はもちろん街の一部デス。広い街なんで、写真でいっぺんに写せません!)


展望スポット~上から眺めたビリニュスの街は緑が本当に多く、その緑の合間にオレンジ色の屋根が続いている・・その統一感のある街並みはかなり良くって、展望台から眺めた街並みについて言えば、今まで訪れたことのある街の中でも相当上位に入る素晴らしい景色であった

ちょっと寂れた感じも個人的には好み


そして、ラトビアからリトアニアへ移動中にバスの中から眺めた自然が素晴らしかったこと

高速道路(もしくは国道?)移動中、左右に緑の草地や木々が広がる姿はヨーロッパのどの国でも見れる景色だけど・・

リトアニアの沿道では、草に交じって小さい野生の花々がたくさん咲く景色が広がっていたの

リトアニア 沿道
移動中で動きながらの写真が全然撮れなかったぁ~・・ブレブレ~

沿道両側に続く草地にはピンク、黄色、白、紫・・いろんな色の小さな花々が咲いていた
もちろん雑草の花々なんだろうけど、小さく色とりどりに咲く可憐な花たち

もちろん咲き乱れるとかいうすごい量の花ではなく、ちょこちょこと草地に花が咲いているってことなんだけど、そのちょこちょこの花でも!こんなに色とりどりでずーっと道沿いに続くとなれば、特別なものになるわけ。

見渡す限りのチューリップ畑も!見渡す限りの菜の花畑も!もちろんお花畑は素晴らしいけれど、それとは種類が違う。
自然の花々がフツーに咲いている風景

我が家はヨーロッパのいろいろな国でレンタカーを利用して旅行をしたことがあるけど、こんなに沿道の草地に色とりどりの雑草の花々が咲いている国を、今まで見たことがない。

30度近い夏日が連日だったこともあるのかな~?
季節柄が大いに関係しているとは思うけど、この景色もリトアニアの印象をめちゃくちゃアップさせたよ!



あとは、大事なことだけど・・


とにかく物価が安い!!



そして

ビリニュス滞在日数が長い場合でも、ビリニュスからは日帰りでも行ける魅力的な観光地(トラカイ、カウナスなど)があるし、ビリニュスはリトアニアの国境近くに位置している街なので、ベラルーシへ足を延ばす方はこのビリニュスでビザを取って行く人が多いみたい。


リトアニア・・滞在日数が短くて全然見きれてないし、ほんとまた行きたいな
もちろん、次回も夏で!



===

さて。

バルト三国を訪れるのは、春や夏などのオンシーズンが絶対おすすめ

どの国だって気候の良い時期に行くのが良いに決まっているけど、西ヨーロッパの大国などは美術館巡りなど極寒の冬でも室内メインで観光できるスポットがある。

それに比べ小国のバルト三国は基本街歩きが観光のメインとなるので、極寒の冬に街歩きは存分に楽しめないと思うし、夏しか営業していないスポットも多くあるので、真冬はどうだろう??って思う。

冬にヨーロッパへ行きたい方は、やはり美術館や宮殿など室内観光も存分に楽しめる大国を選ぶ方が楽しめると思う。


ということで、


超個人的、バルト三国の印象や観光の違いのハナシ・・
おしまい




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きはじめたところ。。。

現在、ティニエツ編を書いてマス~☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1