Mostar(モスタル)

ポチテリを後にし、ツアーバスはモスタルに向かった

11561.jpg
スタリ・モスト (ネトレヴァ川に架かる石橋)

モスタル到着後、駐車場で添乗員ガイドからモスタル現地ガイドにバトンタッチ。
滞在時間は3時間。最初の1時間はガイドの案内で観光、残りの2時間がフリータイムだった。

モスタルは、古くから交易で栄え、15世紀後半にはオスマン帝国の支配下となりますます発展した街だ。

ボスニア紛争時には、ここも激戦地だったとのこと。
街には、壁に銃痕が残された建物や、破壊されたままの建物もあったりした。。。
数百年、皆に愛され街のシンボルだったスタリ・モストも紛争時に破壊されたが、今は再び昔の姿に復元されている。


11562.jpg
旧市街地に入ると、道の両側にお土産屋さんがずらずら~。

11563.jpg
TABACICA MOSQUE

16世紀のモスクに入場。とても小さいモスクだった。

11564.jpg
質素な感じ

11565.jpg
古めかしいのが良い感じ

このモスク内で、かなり長時間の説明を受けることとなった。あんまり聞いていなかったけど(笑)。


モスクを出て、スタリ・モストに向かった
11566.jpg
スタリ・モストはなかなか歩きにくい。。。


スタリ・モストからネトレヴァ川を眺める。
11567.jpg
エメラルドグリーンというかターコイズブルーというか・・

とにかくキレイな色

11568.jpg
美しい渓谷の風景


そしてガイドツアーが終わり、フリータイム!

早速、お昼ご飯を食べることに
115613.jpg
もちろん、川沿いにあるレストランで

川を眺めながらのランチは最高!
ボスニア・ヘルツェゴヴィナは肉料理が美味しいとのことなので、お肉を食べることにした。

11569.jpg
まずは、ローカルビールとローカルワイン♪

115610.jpg
Raznijic ラジェニチ(串刺し肉のグリル)

おいしい。見たまんまのお味。

115611.jpg
Pljeskavica プリェスカヴィッツァ(スパイシーなボスニアのハンバーグ)

115612.jpg
ラマダン(断食)用のパンであるソムンに挟んで食べる。

ウマイ!

いろいろなスパイスが練り込まれたハンバーグは美味しい!
ソムンはパンとナンの中間みたいな感じかな?オイシイ。

115614.jpg
昼食したレストランから


昼食後はオールド・バザールでお店を覗きながら楽しんだ
115616.jpg
布製品やら、ハンドメイドの伝統工芸やら~

115617.jpg
銀製や銅製の小物類など。

よく考えればいらないかも?だけど、見ているとちょこちょこ買ってしまう


そうそう、

ミニスタリ・モスト
115615.jpg
Kriva Cuprija

ミニサイズでかわいい橋もあったっけ。



こんな感じでモスタル観光を終え、指定時間に待ち合わせのバス駐車場へ戻った。
ツアーバスに乗り込みドブロヴニクへ~。現地日帰りツアーは終了。



==========


私、、、

今まで、ボスニア・ヘルツェゴヴィナに観光で訪れたいと思った事は一度もなかった。

ドブロヴニクからの1dayトリップで人気だというので、まぁ~参加してみた感じ。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争時にテレビで見た映像が、今でも強烈に脳裏に焼き付いている。


この国のイメージ=戦争。


他のイメージとしては、、、
危険そう・・、荒廃していそう・・、自然も全然無さそう(殺伐とした風景)・・こんな感じ。

一度マイナスのイメージをもつと、そのイメージを払拭するのは難しい。。。


行ってみて驚いた。


海はもちろん、川の水もとってもキレイ。
岩盤であれど植物が育ち、山には深緑が広がり、豊かな自然を持った国だった。


行くことがなければ、そんなことを知らずに、間違ったイメージをずっと持ち続けていた・・・そんな気がする。


行って良かった。





=====

現地で申し込んで参加したモスタルの現地ツアーについて。

ドブロブニク発の現地ツアーはとっても豊富!
お金がかかると思って、個人でバスを使ってモスタルやコトルに行く方も多いけど、事前のネット申し込みの現地ツアーは高いけど、ドブロブニク現地で申し込めばお値段も高くないし、時間のロスの多さを考えるとツアー参加が断然おすすめ

実は我が家は事前にネットで現地ツアーを調べて高いなぁ~・・と思い参加予定がなかったけど、現地申込みだとネット価格の半額ぐらいだったし、モスタルツアーもモンテネグロツアーもどちらも子供4歳の参加費なんと無料だったので、参加することにした訳。

モスタルも個人で行けば1日潰れるけど、ツアーだったらモスタルだけでなく別の街ポチテリも立ち寄ってもらえる。
コトルは、位置的に個人では1日で往復するのはかなり厳しいけど、ツアーであればコトルだけでなくブドヴァにも行きその日のうちに帰ってこれる。
(ツアーでは復路にカーフェリーに乗りショートカットするので、1日日帰りが可能となっている)

ちなみにあくまで推測だけど、ドブロブニク現地発のツアーを申し込むのは前日夕方とかでも全然可能な感じ。
実際我が家はそうだったから。。。
普通、そんな翌朝発のツアーを前日の夕方に申し込みに来られたら、座席の空き具合とか確認してから受付しそうなものなのに、そんなことなにもなく受付。
どうやら受けるだけ受けて、申し込みの人数によってバスの大きさを変えたり台数を調節したりしているぽかった。

もし、

もしもし!

ドブロブニクから現地ツアー参加したいけどネットで調べて値段が高すぎるわ―・・って思って諦めた方、
現地で申し込めば全然費用が違うので、現地でホテルのフロントや代理店で確認してみて

ちなみに、ドブロブニクのある程度大きなホテルだとどこもホテルのフロントで現地ツアーが申込めて、朝ホテルまで迎えに来てくれるから超楽ちん

ツアーバスは各ホテルで申し込んだ人をまず各ホテルに立ち寄りピックアップし、最後に代理店で申し込んだ人達を旧市街地のバス乗り場でまとめてピックアップする感じだった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記、書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。


*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書いていく予定デス。。。

現在、ワルシャワ編を書いてマス~☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1