Strasbourg(ストラスブール)

前泊のケルンから目的地・ストラスブールまで移動
渋滞に巻き込まれることもなく、午前中にストラスブールに到着

「道の街」ことストラスブール。
古くから交通の要所となり栄えた。

ストラスブールを含むアルザス地方、もともと住んでいたアルザス人はドイツ系民族。
争いによりフランスになったりドイツになったり・・・。現在はフランスとなっているが、民族的にはそもそもドイツ系だったということもあり、ドイツとフランスの文化がイイ感じで入り混じった地域だ。

ホテルに荷物を預けた後、ストラスブール観光スタート!

まずは・・・
1106111.jpg
メリーゴーランド

いきなりだけど、騒いでウルサイから~
一応、1回乗せれば満足するしね。

メリーゴーランドを乗り終え、
1106112.jpg
早速、大聖堂へ!

独特の赤茶色外壁・・そして古びた感じがイイ感じ。
1176年から250年もの月日をかけ完成させた大聖堂だ。

入場料を払い中へ入った。観光客が皆が同じ場所に集まっている。。。
なんだなんだ~?と近寄っていくと、
1106113.jpg
天文時計が・・

仕掛け時計となっていて、動くようだ。人の人生を表現したものだとか。
その時の時刻は、11時58分。
後で分かったことだが、この大聖堂は普通は無料で入れるが、この仕掛け時計(からくり時計)が動く時間帯は有料になっていて、この時間の入場者のみが時計のからくり人形の動くところや、フィルム上演を観ることが出来た。

12時ジャストに仕掛けがちょこっと動く。フィルム上演も始まり、上演中の12時15分にまたちょこっと動き、フィルムも終わった12時30分にちょこちょこちょこっと時計の仕掛けが動いた。

まぁ、、、仕掛けは個人的には大したことないな・・って感じ
私達はたまたま来たタイミングで丁度観る感じだからよかったけど、この程度の仕掛けに、わざわざ早い時間に来て場所取りしていた人達は可哀想。。。

大聖堂の見学を終え外に出た。

1106114.jpg
お土産屋さんを覗きながら、ランチするお店を物色・・・

1106115.jpg
マルシェ・オー・コション・ド・レ広場の近くにあったお店でお昼ご飯

1106116.jpg
タルト・フランベ(アルザス風)

ドイツで言うと、フラムクーヘン。
極薄ピザ。ザワークラフト(キャベツの漬物)がトッピングされているのがアルザス風らしい。

1106117.jpg
ベックオフ

ストラスブール(アルザス)の名物料理。
白ワインでマリネされたお肉とジャガイモと玉ねぎを陶器の器にいれて焼いたもの。
素朴なお味で私好みだった

昔はこのベックオフ、町のパン屋さんが各家庭から鍋を預かって、パンを焼いた後の余熱を利用してじっくりと煮込んでいたのだとか!


満腹になったので外を少し歩くことに

1106118.jpg

1106119.jpg

11061110.jpg

プティット・フランスと呼ばれる、アルザス地方の木組みのお家が立ち並ぶ地区を散策

白壁に黒い木組みの家、とっても雰囲気がいい。

11061111.jpg
この時期は可愛らしいお花が至る所に飾られて、すごく素敵だった


Strasbourg(ストラスブール)1
ストラスブールの街並みを存分に散策で堪能


そして、買い物も終えてお決まりの乗り物に乗ることに・・
11061112.jpg
イル川の遊覧船

11061113.jpg
ストラスブールの旧市街地はイル川の本流と支流に取り囲まれているため、遊覧船で1周しながら景色を堪能

Strasbourg(ストラスブール)
水上からも景色を楽しんだよ。

遊覧船を楽しんだ後は、いつもの
11061114.jpg
ミニトレイン

大聖堂の前が乗り場だったこともあり、かなり混みこみのミニトレイン。1時間後のチケットしか買えなかった・・。
ミニトレインですぐに乗れなかったのは初めてだった。
コースは遊覧船のコースとダブっていた部分が多くて、新鮮味がなくて少し残念。。。

イル川遊覧船とミニトレインはどちらか選んで一つにすべし。



そして、夜ご飯

入ったレストランは「CHEZ Yvonne」

11061115.jpg
エスカルゴ君

おいちい。コレ、どこで食べても同じ味ね。
エスカルゴより、パンにガーリックバターを付けて食べるのが楽しみだったりする。

11061116.jpg
フォアグラのクレームブリュレ

メニュー見て、美味しそう!って思ったんだけど、イマイチだった。

11061117.jpg
えびとアスパラのグリル&リゾット

おいしー

11061118.jpg
シュークルート

かなりお上品な量。もっとデーン!と出てくると思っていたんで、アレ?って感じ。
美味しかったんだけどね。

11061119.jpg
ソーセージにつける西洋ワサビ。

ソーセージにはマスタードが一番合うと思うけど、西洋ワサビをつけて食べるのがアルザス風だ。
ソーセージの脂っこさがサッパリする感じで意外にイケル


さて、デザート。
わざわざ注文して食べたいと思う甘党ではないので、いつも注文するのは旦那さん&いっちゃんのみだが、この日は気になるデザートを見つけ注文した

11061120.jpg
ゲヴュルツトラミネールのシャーベット

きゃー!おいちい


満足




夕食を終えて、再び大聖堂へ~。

11061121.jpg
大聖堂の塔に登った。

地球の○き方には19時15分クローズと記載されていたが、なぜか?この日は21時45分がクローズ時間となっていた。
さすがに夕食後に塔に登る人はいないようで、私達だけだった。
時間は遅いが、この時期のヨーロッパの日没は22時頃なのでまだ明るかった。

11061122.jpg
近代的な建物も入り混じったゴチャゴチャした街並みを想像していたが、上から眺めると思ったより統一感があってなかなか良い景色。




こうして、長い1日は終わった。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1