高性能エコー検査

この日は、胎児の高性能エコーを受ける為にロッテルダムで一番大きい病院に向かった

羊水過多の母体側に原因はないようだ・・・ということになったので、胎児側に原因があるかチェックするのだ。

胎児側の原因として考えられるのが、

・奇形 (消化器系奇形、心臓奇形など)
・染色体異常 (ダウン症とか)

ネット情報によると、羊水過多の場合、奇形の原因が消化器系にあることが一番多いとか。。。
しかも、奇形には生まれてすぐ手術を受けなくてはならないことが多く、尚且つ消化器系奇形が発見されると50%ぐらいの高確率で染色体異常も合併していると書かれていた・・・。
心臓の奇形は大きいものは通常のエコーで分かるが、消化器系の奇形はかなり高性能のエコーを使わないと発見できないようだ。


奇形があるだけで落ち込むのに、その場合は染色体異常も併せ持っている可能性が高いなんて・・・。


ダブルパンチ


どうしようもできないけど、、、どうしよう、、、。



エコー検査はかなり各臓器を拡大して綿密にチェック・・・。
かなり長い時間をかけて検査を受けた。



そして、、、



何も奇形は発見できない。全てノーマルだと言われた


この時の羊水量を量ると、羊水量もこの2週間で正常の範囲内に減っていると

羊水というものは分からないが、増減するものらしい。。。
そして増減するものだから日本の場合は、毎回羊水が多い場合のみ羊水過多と判断されるようだ。

オランダでは、おそらくエコー自体の回数が少なく羊水量を定期的にチェックできないので、たまたま何かあった時に(私の場合は出血による入院・・)検査して羊水量が範囲外(多い・少ない)だと、何か他に問題があるかも?と検査をするようだ。


染色体異常については、羊水検査を受けていないので分からないが、とりあえず奇形&染色体異常のダブルパンチは免れたようだと分かってほっとした



そして、もう一つ気になっていた低置胎盤についても再度確認してもらうと、胎盤の位置が通常分娩できる高さまで上がっているということも分かった


二つの心配事がこの日に解消したのだった




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記、書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。


*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書いていく予定デス。。。

現在、ワルシャワ編を書いてマス~☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1