エストニア名物を食す@おすすめのレストラン

タリン旧市街地に滞在中、レストランで食事の機会は3回あり。

3回ともエストニアの名物料理(一部ロシア料理)を堪能できて、満足満足

入ったレストランは3件ともそれぞれ雰囲気が個性的でオススメなんで、自分の忘備録を兼ねて3件のレストラン(エストニア郷土料理)をまとめとくよ~。

ちなみに入ったレストランとは、、、

①「Rataskaevu 16 」
・・・トリップアドバイザーで1位だったレストラン♪

②「Peppersack」
・・・各ガイドブックに載っている有名店。中世の雰囲気の店内でお食事できる。

③「Kuldse Notsu Korts」
・・・豚肉料理で評判のレストラン♪エストニアの名物料理といえば、豚肉料理なんだとか。


以上の3件デス。


==

まずは、1日目の夜ご飯を頂いたレストラン
①「Rataskaevu 16 」

振り返ってみても、ここはほんとすごくオススメ!

トリップアドバイザーで1位だったし、リーズナブルだっていうので行くことに
早めに向かえば予約なしで大丈夫かな?と17時半ごろ向かったが、予約席以外は既に満席。。。

翌日のランチで出直すプランもあったけど、18時半なら席が空きそうだといわれたのでその場で予約を入れて18時半に出直した。

さて。
さっそく美味しかった食べ物たちを紹介~

Rataskaevu16 1
最初に出てきたパン。これが既に美味しい

Rataskaevu16 2
エルク肉入りスープ 4.80ユーロ 

エルクとは、ヘラジカのこと。
当然ながら日本では食べる機会もないってことで、チャレンジ

臭みもなく普通にオイシイスープだったよ

Rataskaevu16 3
鴨のローストサラダ 5.90ユーロ

これも、おいちい
添えられたオレンジジュレがすごくいい感じ。

Rataskaevu16 4
エルク肉のロースト 14.90ユーロ

これまた美味しい

ブラックカラントのソースも、付け合せのビーツも、郷土料理感があってよかった。

Rataskaevu16 5
ラム肉 13.80ユーロ

う、うまーい!

お店の人にオススメどれ?って聞いたらラムがめちゃくちゃオススメって言われたから注文したんだけど、ほんとに美味しかった。
びっくりするほど柔らかいラム肉!
こんなに柔らかく調理されたラム肉かたまりを今まで食べたことがない。

なんでも、仕込みにすごく時間がかかっているって言ってた。


ちなみに子供たちのお料理も素晴らしかったぁ~!
Rataskaevu16 7
Small pasta 3.5ユーロ

エストニアチーズとクリームのパスタ。3.5ユーロでこの内容!

Rataskaevu16 8
Small chicken fillet 3.5ユーロ

マッシュポテトも付いているので、十分な量!

噂通り、リーズナブルで美味しくって!
とってもオススメなレストランだ


「Rataskaevu 16 」
Rataskaevu 16 ,Kesklinna Linnaosa, Tallinn, Estonia

大きな地図で見る



=====

次は朝食を頂いたレストラン
②「Peppersack」

ペッパーサックは15世紀の建物を利用した中世風レストラン。
夜は剣をつかったショーが見られるのだとか!

Peppersack 1
ペッパーサックとは胡椒袋のこと。
実際にお店の外にはコショウ袋がぶら下がっていた

我が家は夜ご飯の機会が1回しかなかったし、ショーの時間は20時以降とのことで、子供連れだと厳しい時間なので残念ながら夜は利用できなかったレストラン。。。

実はこのレストラン、真横にカフェも併設している。
カフェも(レストランも?)朝の9時から営業しているので、朝食で入ってみた。

Peppersack 2
右の尖がり屋根がレストラン、左のクリーム色の建物を入るとカフェが♪

Peppersack 3
カフェのショーケースには、ケーキやパンが売られている。1個2~3ユーロほど。

ちなみに、カフェは入ってすぐのスペースのみで奥はレストランスペースとなっていた。
横のレストランとは内部でつながっている。

カフェ席は少ない。。。
この時期はレストランと共通で(?)オープンテラスの席で朝食をとれるようだったけど、奥のレストランスペースでも朝食がいただけるということで、せっかくなので中世風店内で朝食を食べることにした。

Peppersack 4
中世風の内装

Peppersack 5
朝なので、お客さんがいない

Peppersack 6
雰囲気満点♪

Peppersack 7
我が家はレストランの朝食メニューを注文♪

入口のカフェで購入したパンとコーヒーをレストランスペースで食べている人もいた。

Peppersack 8
パン。これだけでお腹いっぱいになってしまいそう・・。

Peppersack 9
いっちゃんが注文した、Pancake with jam 3.40ユーロ

さわちゃん(2歳)は皆の分から取り分けるつもりで何も注文しなかったけど、パンケーキについてきたジャムが相当たっぷりだったので、パンにジャムをつけて食べさせた。

Peppersack 10
私の注文・オムレツ(ハム&チーズ) 4.80ユーロ

大人でも二人で十分な量!

Peppersack 11
旦那さん注文・ロシアの朝食プレート。 11.50ユーロ

値段が・・
朝っぱらからなんでそんな値段の朝食を注文するのよって感じだったが、どうしてもロシアの朝食が食べたいって言うんで・・。

エストニアはロシア(ソ連)に支配されていた時代がある。
そんなことから、ロシア料理もエストニアの名物的な感じで、ロシア料理を食べれるお店が旧市街地にはちらほらあった。

ロシア朝食プレートのボリュームは、安い朝食の私&いっちゃんと変わらず・・。というより、私のオムレツより少なかった。

なんでこんなに高いんだろう???
Peppersack 12
何かの卵・・。これが高いのかな??

味はいくら!
食感はつぶつぶのプチプチでいくらとは異なる。

メニューには、ホワイトフィッシュ キャビアって書いてあった。
ホワイトフィッシュってなんだろう??と家に帰ってから調べた。サケ科の淡水魚だとか。味がいくらだったことに納得

結構量があったので、
Peppersack 13
パンに塗って贅沢に食べたおいしい


ちょっと贅沢な朝食タイムをゆっくりとりたい方、店内も雰囲気があるのでオススメ

Peppersack
月曜から日曜まで営業しているよ!
月曜~土曜は朝8時からオープンしているので、朝早くから行動したい方にもおすすめ。
(日曜は9時オープン)


大きな地図で見る


=====

最後は、ランチを楽しんだレストラン
③「Kuldse Notsu Korts」

豚肉料理で有名な、エストニア料理が食べれるレストラン♪

Koldse Notsu Korts 1
かわいい豚ちゃんの看板

Koldse Notsu Korts 2
プランターも豚ちゃん

Koldse Notsu Korts 3
メニューにももちろん豚ちゃん

注文の品は、、、
Koldse Notsu Korts 5
エストニアのソーセージ普通においしい。

Koldse Notsu Korts 6
豚の煮こごり ぷるんとしてオイシイ。6ユーロ

Koldse Notsu Korts 7
エストニア名物「血のソーセージ」 13ユーロ

豚の血と麦を混ぜてソーセージにした伝統料理。
レバーに似ているってことなんだけど・・・。

・・・。味はレバーに似てない・・。
正直、かなりキツかった

お値段もけっこうしたし、量もかなり多い(大きい)ので、大人数で少しずつ食べるとかでないとキツイかな?という印象。
私と旦那さんは分けながら食べても1本食べれなかった。

ま、なかなか頂けないエストニア料理を食したという経験は得られたけど


「Kuldse Notsu Korts」
中心部のラエコヤ広場からすぐ!アクセス抜群!


大きな地図で見る


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。


*2016年夏休み・ラトビア&リトアニア旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付(2016年7月22日~29日付)で更新中。。。
・・↑書き終えました!

興味のある方は、各カテゴリーからご覧ください。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター  1